Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM
美人姉妹さくら&あんずちゃん 里親さん決定しました!
0
    美人姉妹、さくら&あんずちゃんの里親さん、決定しました!
    Facebookでは「かわいい〜♡♡」と評判になり、みなさんにシェアなどでご協力いただきました。数名の方にお問い合わせをいただき、先日、無事に里親さんのもとへお届けしてきました。

    さくらちゃんは現在、花鈴(かりん)ちゃんとなり、先住猫のルパン兄ちゃんと仲良くお昼寝できるようになりました。
    あんずちゃんは、あずきちゃんとなり、初日から里親さんのお姉さんと一緒にたっぷり遊んでもらったようです。

    どちらの里親さんも、猫のことを思い、猫の幸せを考えて、一緒に暮らしてくださる方でした。そんな里親さんの出会えたこの子たちは本当にラッキーです。



    ですが、こんな風に幸せに暮らせる猫は、まだまだほんの一部です。
    依然として、年間16万頭の犬猫が殺処分され、その多くは野良猫とその猫が産んだ子です。交通事故にあったり、病気になったり、そもそも栄養不足で育たなかったり、カラスにつつかれたりと、外で暮らす猫には本当にリスクが多いのが現状です。

    猫を飼おうと思われたら、どうかお近くの動物愛護センター、保護施設などから譲り受けることを検討してみてください。今この時も、日本全国の施設には、処分を控えた犬や猫たちが、あなたの助けを待っています。

    またSPICAでも、たくさんの猫の里親さんを募集中です。
    どの子も1匹1匹、保護主さんが丁寧に面倒を見てくれていますので、安心して迎えていただけると思います。こちらも合わせて、よろしくお願いいたします。詳しくは里親募集のホームページをご覧ください。


             ハナちゃん 


              アムールちゃん


                  うに くん
     
    posted by: npo-spica | 里親募集 | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    支援物資のお礼
    0
      いつもSPICAを応援いただき、ありがとうございます!
      これまでたくさんの支援物資を送っていただいたので、お礼を兼ねてご紹介します!

      まずはホームページで支援をお願いしているもの。
      SPICAでは猫、特に子猫に関するものが必要なことが多いです。


      いただいたフードは、預かりさんの元へ少しずつお渡しし、保護猫たちの健康管理をしていただいています。最近、子猫の保護が増えて来たので、子猫用フード&ミルクはとても助かります!




      最近は、いろんなトイレがあるようで・・・。未使用でもったいない!という立派なものもご寄付いただいております。これらも、預かりさんのお宅で活躍しております。


      思った以上に役に立つのが、冬場のフリース類やタオル。寒がりな猫たちには、あちこちに暖かい場所を用意してやらないといけません。


      そして、今回、子猫の保護10匹超えの時にとても助かった、ネコ用ケージ。この3段は、1段ずつでも使える優れものでした。
      このほかにも、ここでご紹介できないくらい、たくさんの支援物資をいただいております。みなさまのおかげで、なんとかピーク時を乗り越えることができました!本当にありがとうございます!!

      また、犬やハムスターに関する物資も送っていただくことがあります。
      これらは、支援者の方の同意の元、広島県内の動物愛護センターなど、適切な場所へ責任をもってお届けしています。





      もしおうちで使われないものがありましたら、ご支援いただけると助かります。
      詳しくはこちらをご覧ください
      http://npo-spica.org/satooya/aid/
      ※送っていただく前に、メールか電話でお問い合わせください。
      posted by: npo-spica | 里親募集 | 18:21 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
      キク&マル君 里親さん決定しました!
      0

        キク&マル君、里親さん決定しました!

         

        幸せにも2匹一緒に迎えていただいたキク&マル、みなさま応援ありがとうございました!やはり「キク&マル」というコンビ感を押し出したのが良かったのでしょうか(笑)寄生虫治療の関係で、まずはマル君を先週、キク君を今日、迎えていただきました。

         

        たった1週間の間に、マル君はすっかりおうちの猫になっていて、保護した時には、逃げて逃げて大騒動だったことが信じられないくらいです。今ではかわいらしい首輪もつけてもらい、里親さんに抱かれてゴロゴロと寝るようになりました。先住猫ちゃんとの相性もばっちりで、すぐにキク君も慣れてくれると思います。

         

         

        この子たちは、「保健所に…」という一歩手前で保護主さんがとどまってくださり、猫の扱いはこわごわでしたが、今日まで一生懸命お世話をしてくださいました。

         

        そして今、SPICAには「子猫がいるんだけど…」という問い合わせが続いています。

        残念ながら、私たちには保護する施設がありません。ですが、まずは保護していただければ、里親探しサポートとして様々な協力をさせていただきます。

        ホームページへの掲載、ポスター制作、里親希望者さんとの面接、保護中の相談、引き渡しまで、保護主さんと協力して、猫の命を守ります。
         

        「保護してほしい」という依頼には、お応えできません。

        外にいる子猫なんて、見なかったことにすれば、そのうちにいなくなります。どうなったか、と考えなければすぐに忘れてしまうでしょう。動物愛護センターにつれていけば、当面、ご近所は静かになるかもしれません。でも野良猫はどこからともなくやってきます。

        人間が、猫を守ること、動物と共生することを覚悟しなければ、この現状は何度も繰り返されるのです。

         

        猫を保護された時には、どうか一歩踏み出して、知恵を絞ってみてください。

        「うちでは飼えない」もちろん、ご家庭によって、さまざまな事情があると思います。ですが、ご自身で家に入れられない時には、お友達やご親戚、ご近所などと協力して、なんとか乗り越える道を探してみてください。そしてご相談いただければ、一緒に解決策を考えたいと思います。キク&マルのような、幸せな猫を1匹でも守ってやれたらと思います。

         

        そして、1匹になってしまったハナちゃん、ちょっと面白い模様ですが、里親さん募集中です!
        http://npo-spica.org/satooya/detail/hana.html


         

         

        posted by: npo-spica | 里親募集 | 16:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        レオマ君&しろチビさん 里親さん決定!
        0
          レオマ君は三原の大自然の中にある、大きなおうちへ。
          しろチビさん改めマフラーちゃんは、市内の大きなマンションへ。

          2匹とも本当に良いご縁をいただきました。
          2匹に共通するのは、保護主さんが本当によく面倒を見てくださったこと。レオマ君は母猫と一緒に保護してもらえたおかげで、情緒も安定した良い子に育ちました。しろチビさんは、箱に入れて捨てられたのを、動物病院の先生が命を救ってくださいました。少し後遺症が残りましたが、とても元気な女の子に成長しました。

           
          保護中のしろチビさん改めマフラーちゃん

          そしてもう一つの共通点は、新しいおうちをすぐに気に入ったこと。
          何の関係もない2匹ですが、お届けした時の様子がまったく同じだったので、笑ってしまいました。
          最初は新しい環境に慣れるかなぁ…などと心配していましたが、到着後数分で、キャリーから出てきて、そこら辺をくんくん…。テレビやソファーの裏を出たり入ったり。その日の晩には、すっかりなじみの家族の一員のような顔…(笑)


          新しいおうちには登れるところがたくさん…フフフ

          すぐにやんちゃぶりを発揮し、里親さんの手を焼かせることになると思います…。

          里親募集を始めて3年がたち、里親募集サポートとして、保護主さんと里親さんをつなぐ役目も果たせるようになりました。SPICAはまだまだ小さな団体ですが、応援してくださる方がたくさんいます。その多くが、この猫たちが運んできてくれた縁と言っても過言ではありません。


          保護したてのレオマ君

          いつも私が思うのは、自分たちは猫を助けているつもりでも、猫に助けてもらっていることの方が多いかもしれないということです。そして、人間と動物は、お互いに寄り添って生きていくしかないし、そうすることでお互いがより豊かな暮らしをおくることができると思うのです。

          殺処分ゼロ
          なかなか先の見えない目標ではありますが、こうして一つの命を救ってくださる方との出会いを大切に、これからも頑張っていきます!

          新しく、里親募集の仲間入りをした子がいます。この子たちにも良いご縁がありますように!
          詳しくはこちら
          posted by: npo-spica | 里親募集 | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          猫も里帰り〜世界一かわいい猫〜
          0
            以前、SPICAから迎えていただいたリンクス君が3泊4日で里帰り中ですき
            初日は環境の変化のせいか、ご飯を拒否Docomo_kao18
            翌日は、ドライフードを拒否して、みごと缶詰をゲットheart
            でも夜ごはんの時には、我慢できなかったのか、ドライフードをボリボリ食べてました(笑)



            里帰りはこれで2回目。
            もちろん、弟のブル君↓も一緒ですニコッ
            この子がまた濃いキャラでかわいい!!



            賢くて心配症のリンクスとやんちゃで気にしないタイプのブル♪
            体型は良く似てますが、性格は違うんです笑
            2匹を観察していると、リンクス君がお兄ちゃんで、ブル君の世話を良く焼いていて、本当におもしろいキラキラ



            リンクスは、生後1カ月に満たない時に、呉の動物愛護センターから引き出した3匹兄弟のうちの1匹でした。しばらくして元気がなくなり、深夜、緊急動物病院に連れて行きました。待ち時間の間、車の中で、リンクスを胸に乗せて「大丈夫、元気になるよ」と話しかけたのを今でもよく覚えていますゆう★



            しかし、子猫は容態が悪化するのも早いということも分かっていました。「名無しで死ぬのはかわいそうだ」と急いでメンバーがつけてくれた名前が「リンクス=オオヤマネコ」。大きく育ってほしいという願いを込めてハート
            そのまま入院し、心配な夜を過ごしましたが、リンクス君、見事復活しましたピース



            これが兄弟3匹で最後の写真。左から「るるちゃん」「風太郎君」「リンクス君」
            みんな今でも元気で、大切に大切に育てていただいています星



            猫が運んでくれるご縁に頼りながら、SPICAも少しずつ前進してきました。
            リンクス君の飼い主さんは、いつも「リンクスは世界一かわいい」と言ってくれます。愛護センターで、夜間動物病院で、2回死にかけましたが、今は世界一の猫になりました。そして今この時も、たくさんの犬や猫が新しいおうちを必要としています。
            ペットと暮らしたいなと思われたら、どうかペットショップではなく、お近くの動物愛護センターか里親募集の猫たちをご検討ください。

            SPICA里親募集のページはこちら
            posted by: npo-spica | 里親募集 | 15:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            ソックス君&未来君 里親さん決定しました!
            0
              ソックス君あらため天河君
              この子は本当にたくさんの人に愛されお世話になりました。



              まずは雨のなか、後先考えず(笑)夢中で保護してくれた保護主さん。
              おなかが弱くなっていたソックス君を、治療だけでなく、入院中に遊んだり里親さん探しを手伝ってくださった獣医さん。
              ちょっとの間、一時預かりをしてくれた女子高生&ママ。
              みなさん、本当にありがとうございました!
              もちろん、退院後の保護生活をサポートした山下姉妹も、この子が大好きでした。



              そして、ソックス君は、天河(てんが)君というカッコいい名前になって、超がつくほどの猫好きお姉さんの元へ旅立ちました。緊張するかと思いきや、いきなりソファーでごろ〜んとしたり、先住猫ちゃんのタワーに登ってくつろいだり、禁断のおもちゃ(宝物)にも手を出したりと、子猫だから許される傍若無人さ。
              少しずつ、先住猫ちゃんとの距離も縮まってきたようです。
              これまでも、これからも、ず〜っと愛される猫に間違いなし。
              里親さん、甘噛みが決して甘くない天河君ですが、よろしくお願いします!

              そしてもう1匹。
              未来君あらため・・・新しい名前は現在考え中とのこと♪



              6月半ば、ある美容室の前に、箱に入れられて、捨てられていました。箱の中にはミルクまで置いてもらい、きっと誰かが「ここなら飼ってもらえる」と思ったのでしょう。
              動物の遺棄は犯罪です。
              捨てた人が見つかるとは思いませんでしたが、まずは警察へ。最初は「え〜猫〜!?」みたいな感じでしたが、「いやいや、猫だって捨てたら犯罪ですから(怒)」と言うと、どこから来たのか、1時間もかかって現場へ来てくれました。



              やたらと人懐っこいこの猫が真菌の持ち主であることに、しばらく気がつかず、急いで隔離部屋を用意する羽目になりました。4週間の投薬治療にも全面的に協力し(笑)、すっかり元気になった未来君。とにかく人間が大好きで、人の後をついて回り、必ず添い寝してくれる良い子ちゃん。



              これからは、女の子5人姉妹の里親さんが大事に育ててくれます。
              こちらもいたずら大好き未来君ですが、よろしくお願いします!


               
              posted by: npo-spica | 里親募集 | 21:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              子猫たちの里親さん決定しました!第2段
              0
                子猫たちの里親さんが次々に決まりました!

                まずは「ちゅぱちゃん」改め「ヒナちゃん」ペコちゃん
                先住猫のハナちゃんともすっかり仲良くなり、おてんば娘全開のヒナちゃん。
                五日市の商店街で1匹でいるところを保護され、山下のところで一時避難、そのあと可愛い女子高生の一時預かりさんの元で暮らし、エイズ・白血病の検査が陰性と出たところで、ようやく里親さんのもとへハート
                小さな子どもさんのいるお家に迎えていただき、妹みたいな存在になるのかな。
                これからも元気いっぱいに育って立派な猫になってね!!



                メイちゃんはメイちゃんのままです苺
                とっても元気いっぱいなメイちゃんは、里親さんのお家について、1分で大学生のお兄ちゃんと仲良くなっちゃいました(笑)
                3車線の道路を渡っていたところ(ナゼ??)を奇跡的に保護されて、優しい一時預かりさんの元で、兄弟3匹で暮らしたメイちゃん。お兄ちゃん猫たちに負けず、素敵な里親さんに迎えてもらうことができましたheart
                どうか観葉植物に登って遊びませんように・・・きゃvネコ



                ハルト君はレオ君に双葉
                ちょっとおとなしめのレオ君は、小学生の子供さんが3人いるおうちへSMILY
                3匹兄弟の中から、気に入った子猫を選んでもらおうと、全員みてもらいました。子供さんたちの意見をまとめ、あえて黒猫を選ぶという、子供らしからぬチョイスにうなってしまいました。黒猫って、敬遠されがちだけど、本当はす〜っごくかわいいんですよね黒猫そのことが小学生ながらに分かっているキラキラ
                甘えん坊のレオ君は、毎日たくさんの笑顔と笑い声に囲まれて、とっても幸せになりましたハート



                なぜか全員すやすやと眠っている写真になりました笑

                この子たちはみな、野良猫が産んだ子猫たちです。
                野良ネコは気楽でのんびりしてて、うらやましいな〜なんて思ってしまいますが、野良生活は本当はそんなに甘いもんじゃありません。暑さ寒さをしのぎ、えさを求め、病気にかかりながら、事故にあわないように、他の動物に攻撃されないように・・・そして、子猫を産んだとしても、すべての子が元気に育つわけではなく、その繰り返しです。
                野良猫生活は、「生きる」ためだけに、こんなに努力しなければいけません。
                こんなポーズで安心しきって眠れる場所があること、猫にとってはとても幸せなことです。

                 
                posted by: npo-spica | 里親募集 | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                たくさんの里親さんと出会えました!
                0
                  一時は子猫12匹を抱え、途方に暮れておりましたが
                  たくさんの素敵な里親さんと出会うことができました!
                  ちょっと遅くなりましたが、ご報告します

                  ミイ君 改め 拓郎君
                  先住猫ちゃんも拓郎君と同じ生後約2カ月。顔も体格も、本当にそっくりです。
                  対面してすぐに打ち解けた二人は本当に兄弟のように仲良く過ごしています!やんちゃ盛りですが、写真がお上手なお父さんに、たくさん可愛いポーズを見せてくれています。



                  あんとん君 改め ソックス君
                  ソックス君のおうちにも、やはりそっくりな模様のプリンちゃん、同じく2カ月の先住猫ちゃんがいます。そして元気な小学生のお子さんが二人、お父さん、お母さんと賑やかなご家族に迎えていただきました。
                  すっかりみんなと打ち解けて、元気に走り回っているそうです!



                  りんちゃん・くぅちゃん姉妹
                  やさしい保護主さんにギリギリ保護されたちいさな姉妹でした。
                  最初は1匹だけ迎えるつもりだった里親さんですが、離れると寂しそうな表情をするこの子たちをみて、2匹一緒に育ててくださることになりました。今はすっかり新しいおうちにも慣れ、かわいい表情を見せてくれています。



                  メイちゃんも新しいご家族が決定し、ちゅぱちゃんも、エイズ・白血病の検査が陰性でしたので、新しいご家族の元へ!
                  みなさん、ありがとうございました! 
                   
                  posted by: npo-spica | 里親募集 | 13:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  リゲル君 改め 宇宙(そら)君 里親さん決定しました!
                  0
                    昨年7月、東広島市の豊栄で生後4カ月の猫3匹兄弟を保護しました。
                    すでに人間を警戒することを覚えていたこの子たちは、捕獲にもてこずりましたが、周囲の野良猫の環境を考えると、どうしても保護したい子たちでした。


                    (保護当時のリゲル君、いつも耳はこんな感じでした)

                    女の子2匹が里親さんにもらわれていき、一人残ったのがリゲル君でした。
                    かなり警戒心が強かったのを、保護主さんが愛情と手間と時間をかけて、少しずつ心をほぐしてくれました。保護当時からは考えられないほど表情がやさしくなり、にゃ〜んと甘えてすり寄ってくる猫になりました。しかし、そんな変化を遂げたのも、すっかり体は大きくなってからのこと。里親募集の条件は厳しくなっていきました。


                    (遊びたくてもなかなか入れず、いつも見守る係。奥がリゲル君・手前は現ドロシーちゃん)

                    そして3月、写真を新しく撮り直し、リゲル君のかわいさがもっと伝わる工夫を考え、里親募集を心機一転しました。すると、インターネットからも数件の応募がありました。

                    そしてこの5月、リゲル君のポスターを見てくれたご家族が「かわいい!!」と一目ぼれ。1歳を過ぎたリゲル君を家族に迎えてくれました。緊張してしまうタイプの猫であることなど、色々とマイナス要素をお伝えしたうえで、それでも大丈夫と受け入れてくださいました。


                    (かわいい!と目を留めていただいた写真、本当にかわいくなりました)

                    そして、リゲル君改め 宇宙(そら)君として、今新しいご家族とともに暮らしています。
                    二人の娘さんと一緒に寝たり、遊んだり、これからもっともっと仲良くなってくれるはずです。ご家族みんなで、宇宙君を大切にしてくださっています。最初から慣れている猫ちゃんはもちろんかわいいけれど、時間をかけてゆっくりと信頼関係を築いていくのも、なかなか楽しいものですよね。

                    約1年の保護を経て、幸せになった宇宙君、これまで本当によく頑張りました。これからは、のんびりまったり、安心して暮らせるからね!


                     
                    posted by: npo-spica | 里親募集 | 22:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    子猫里親募集に思うこと・・・
                    0
                      この時期、子猫の保護と里親探しを覚悟はしていたものの、現在里親募集をしなければならない子猫が12匹になってしまいました・・・。小さな団体のSPICAには、これまでにないことです。

                      多くの場合、子猫を保護してしまったが、飼うことができないので、飼い主さんを見つけたいという依頼です。生きるか死ぬかの場面で、やはり「命」を守るために手を差し伸べる人は多く、一瞬でその先の里親探しや見つからなかった時のことまで考えられる人はなかなかいません。



                      今回、生後10日の子猫を保護された女性がいました。
                      その時は必死だったけれど、気が付いてみればご自身が猫アレルギー。お仕事があって世話をする時間を取るのも難しい方です。小さな子猫の「保護と世話」は簡単なものではなく、一度は施設に引き取ってもらうことを考えられました。私たちもあきらめていた時、「もう少し頑張ります」という連絡がありました。順調に育っている子猫の写真も送られてきて、今はお子さんたちと一緒に、お仕事の合間を縫ってミルクをやり、育ててくれています。



                      動物に関わってきて、色んな状況を聞くにつけ「良い・悪い」の判断がしにくくなってきます。「無責任に拾ってしまってすみません・・・」とよく言われるのですが、こういうとき、私は返す言葉に困ってしまいます。拾ったこの人が悪いのでしょうか。



                      別のお電話で、やはり里親探しを手伝ってほしいと依頼を受けました。4匹の子猫たちです。
                      可愛い盛りなので、きっと見つかると思いますよ、という流れから、話が進むにつれ、ご近所の実態が明らかになります。やはり、「えさをやっているだけの人」がいます。そして、SPICAに電話をかけてくるのは決まって、猫が生まれてはいつの間にかいなくなっているという、その状況を見るに堪えない人たちです。



                      えさをあげている人がいたら、「えさをやるな!!」以外の言葉で、勇気を出して声をかけてみてください。
                      その地域の猫を、みんなが見守る「地域猫」にしてあげてください。
                      手術代をみんなで出し合ってください。
                      正しい猫の飼い方を知ってください。
                      えさをやっているだけの人に、教えてあげてください。
                      私たち人間に、これだけのことが本当に「できない」でしょうか。



                      色々な話を聞くにつけ、人間のコミュニケーションがもっと豊かに行われていれば、そんなにひどい状況にはならなかったのに・・・と思うことが多くあります。そんな人間の寂しさが生み出したのが野良猫問題だとしたら、それを殺処分しているこの社会につける薬はあるのでしょうか。



                      このページの写真の猫たちは、これから里親さん募集を始める子たちです。
                      順次ホームページにアップしますので、よろしくお願いいたします!

                      お問い合わせ
                      NPO法人SPICA
                      082-894-8686(昼間は出られないことが多いので伝言をお願いします)
                      info@npo-spica.com
                      posted by: npo-spica | 里親募集 | 17:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |