Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM
広島県動物愛護センター譲渡会のお知らせ
0

    一人でも多くの人に、犬たちに会いに来てほしいです!

     

    広島県動物愛護センター譲渡会のお知らせです

     

    三原まで行くのはちょっと…

    平日は動けない…

    でも犬を飼いたい気持ちはある…

     

    そんな人たちに、超レアなチャンスです!

    広島県動物愛護センターの犬たちが廿日市にやってきます。

     

    広島県動物愛護センター"犬の"譲渡会

     

    日時:2020年2月2日(日)10時〜15時

     

    場所:フジグランナタリー

     

    フジグランナタリー譲渡会チラシ.jpg

     

    犬との暮らしを検討している人は、ぜひぜひ足を運んでほしいです。

    年末、High-Fiveのメンバーたちと、センターの施設見学に行きました。

    100頭以上の犬や猫が保護されていました。

     

    犬たちは寒さの中、体を寄せ合って、こちらを見つめていました。

    1頭でも多く、1秒でも早く、ここから出してやりたい。

    誰も言葉にはしなかったけれど、そう思いました。

     

    1頭の犬を迎え、暖かい寝床、おいしいご飯、そしてたっぷりの愛情を注ぐこと。

    簡単なことではありませんが、決して「できない」ことじゃないと思います。

     

    犬も猫も1頭1頭が、命を持ち、心を持ち、個性を持つ存在です。

    殺処分の"数"がゼロになった今も、広島県には、多くの犬や猫が家族を求めて施設で暮らしています。

     

    殺処分ゼロを喜ぶのは、殺されなければいいと思うのは、間違いです。

    人間の勝手な解釈で、「良かった」と終わらせてはいけない。

     

    広島県民のみなさま

    2011年に、広島県が殺処分数ワースト1位になったのには、理由があると思います。

    殺処分が減ったのは、広島の人がみんな動物のことを理解して、優しい気持ちを持ったからではありません。一部の愛護団体とボランティアさんが限界を超えて、引き取りを続けているからです。

     

    でもこれがいつまでも続くはずはありません。

    破たんしてから慌てても、大騒ぎをしても、取り返しがつきません。

    だからこそ、今、一人一人の広島県民が、できることをするべきだと思うのです。

     

    犬を「買おう」と思っている方、他にも選択肢があります。

    動物をブランドで区別しないでください。

    動物に流行を求めないでください。

    お金を出せば安心、が間違いであることは、調べればわかります。

    高価な犬が最初から賢いわけでも、人間の思う通りに行動するわけでもありません、すべて飼い主次第です。

     

    たしかに保護犬には難しい面もあると思います。

    なので、誰でもが簡単に迎えられるとは思いません。

    「欲しい犬」ではなく「自分と長く一緒に暮らせる犬」を見極める必要があると思います。

    見た目だけではなく、性格や体のこと、たくさん現地の職員さんに質問してください。

    迎えたあとも、トレーナーさんを頼ったり、自分で調べたり、獣医さんから知識を得てください。

    その子のための努力を惜しまなければ、きっと幸せは何倍も返してくれる。それが犬だと思います。

     

    どうか、広島の人が変わってくれますように。

    本当の意味での殺処分ゼロが達成できれば、「平和都市広島」と胸を張って言えると思います。

     

     

    posted by: npo-spica | イベント情報 | 21:44 | comments(0) | - | - | - |