Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM
いのちの教室 in AICJ中学・高等学校
0

    11月最後の「いのちの教室」は、AICJ高等学校です。

    今回の「いのちの教室」実現までには、AICJの2名の生徒さんの、本当に大変な努力がありました。

     

    ある日、高校2年生のお二人から、メールが届きました。

    「いのちの教室」実施と、その後、自分たちでの研究発表、参加してくれた生徒さんみんなでのワークショップまでを、すべて自分たちで企画・運営・実施まで行うというお話でした。

    AICJには、生徒自身が興味を持ったテーマで、こうした企画を行うことが決まっているとのことで、彼女たちが選んだのが、「動物に関する問題」でした。

     

    メールで何度かやり取りをした後、学校で詳しい打ち合わせをしました。

    問題点を整理した彼女たちは、ポスターを作ったり、全校集会で呼びかけたりして、「いのちの教室」への参加者を募ってくれました。彼女たちの頑張りのおかげで、当日は、試験終了直後にもかかわらず、27人の生徒たちが集まってくれました。

     

    DSC07635.JPG

     

    「いのちの教室」として60分、普段通りのお話をさせてもらいました。

    ただし、最後の「私たちにできること」のスライドは、空白のままで出しました。ここは、生徒さんがそれぞれにワークショップで考えてもらう内容です。

    DSC07630.JPG

     

     

    次に、今回の企画をしてくれた二人の、研究発表です。

    DSC07640.JPG

     

    さすがAICJ国際バカロレア(IB)ディプロマコースの二人だけあって、選んだテーマは、海外における「ペット殺処分の現状」です。イギリス、アメリカ、ドイツ、中国の現状を、それぞれクイズ形式で参加者に問いかけながら、詳しく解説してくれました。

    彼女たちが素晴らしいと思ったのは、それぞれの国の複数の保護施設などのサイトをしっかりと読み込んでいたところでした。インターネットでは、いろいろな情報があふれていますが、間違った内容も多いため、こうして自分で読み込むことで、正確な情報が手に入ったと思います。

     

    DSC07642.JPG

     

    最後は、いよいよワークショップです。

    殺処分の問題、繁殖業者の問題、野良犬・野良猫の問題などなど。犬や猫にまつわる様々な問題を解決していくためには、どうすればよいか。日本と海外の違いは何か。そして実際に自分たちにできることは何か、をグループで話し合ってもらいます。

     

    DSC07662.JPG

     

    グループには、学年やクラスの違う生徒たちが入っていますが、彼らは恥ずかしがったりすることもなく、どんどん議論を進めていきます。「○○すればいいんじゃない?」「でもそれだったら、△△ってことも考えられるし…」と、内容も深まっています。

    その間も、たくさんの質問を受けながら、各グループをまわりました。

     

    DSC07660.JPG

     

    私は、これが一番大切なことだと思っています。

    簡単な解決策などあるはずもなく、ともすれば問題は複雑化していく一方です。

    ですが、自分で考え、それを誰かと話し合うことで、問題の根深さ、解決の難しさ、命とどう向き合うべきかを、改めて「自分のこと」としてとらえることができると思っています。

     

    DSC07657.JPG

     

    それぞれのグループ、意見がまとまったところで、発表会。

     

    DSC07664.JPG

     

    各グループが違った視点で問題を捉えていたところに、面白さを感じつつ、じっくりと聞いていきます。

     

    DSC07666.JPG

     

    DSC07668.JPG

     

    DSC07676.JPG

     

     

    DSC07681.JPG

     

    DSC07685.JPG

     

    すべての発表を終えて、3時間オーバーの会は無事に終了しました。

    本当に濃い内容の、素晴らしい時間でした。企画した二人はすでにぐったり(笑)

     

    そこへ参加してくれた生徒たちが「ボランティアに参加したい」とさっそく申し出てくれました。日程調整をして、AICJ生のボランティアの日を作ることを約束し、解散しました。

     

     

    今回、AICJの生徒さんたちと貴重な時間を過ごさせてもらい、とても勉強になりました。

    もちろん、この場で結果が出たわけでも、解決策が分かったわけでもありません。「まだまだこれからだ」ということが分かっただけです。ですが、こうしてたくさんの若者が、まずはスタートラインに立ってくれました。実はまだ、多くの人がこのスタートラインにすら立っていないのが現状です。

     

    「伝える」ことを最大の柱として活動してきて、現状を「知った」人が、変わっていく姿を見てきました。今はまだ小さな動きですが、これからその小さな渦が、大きなうねりとなっていくと確信を持てた1日でした。

     

     

    「いのちの教室」開催校募集中

    DSC_0376.JPG

    SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

    広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

    動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

     

    NPO法人SPICA

    メール:info@npo-spica.com

    お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

     

     

    西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
    スピカちゃん

     ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
    購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)

     

    SPICA@LINEできました
    LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
    こちらからご登録ください。

     

     

    中高生(と大学生)による動物について考える学校 3学期

    日時:2020113日(祝・月)

       13301700

    場所:西区民文化センター

       (広島市西区横川新町61号)

     

    1330 ホームルーム

    1340 高齢ペットのための心得を学ぶ

         〜老犬・老猫の介護対策と心掛けをご紹介します〜

         講師:田家綾子さん

            長年、動物看護士として従事。現在は、専門学校の非常勤講師も務める。

            愛犬、愛猫の介護をきっかけに、高齢ペットの介護について勉強する。

    1440 動物の知識を深めるクイズ大会

         広島経済大学「動物のかけがえのない命を守ろうプロジェクト」の学生から出題

    1530 質問タイム「田家先生に聞いてみよう!」

    1610 中高生グループ"High-Five"活動報告

         「広島県動物愛護センター見学報告〜動物たちの現状とこれから〜」など

    1640 ホームルーム

     

    omote.jpg

     

    ura.jpg

     

     

    posted by: npo-spica | NPO法人SPICA | 10:31 | comments(0) | - | - | - |