Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM
冬休み動物体験ボランティア 第1弾〜呉市動物愛護センター〜
0

    ついに始まりました!冬休み動物体験ボランティア(^^♪

    2014年から小規模でスタートし、もう4年目になるんですね〜。早いものです。

    年間200〜250名の学生たちが参加してくれるようになりました。

    今年は「いのちの教室」を多く実施させていただいたこともあり、この冬はとてもたくさんの方が申し込みをしてくださいました。

    結果、80名の定員に対して、120人超えの応募があり、泣く泣く40名の学生さんを手放すことに…。ぜひぜひ春休みに再挑戦してもらえたらと思います。

     

    S__170278914.jpg

     

     

    さて、本当は第1弾ではないのですが、諸事情により「呉市動物愛護センター」での活動からご紹介です!

    この日集まってくれたのは、広島市立城山中学校、広島市立古田中学校、広島県瀬戸内高等学校、広島県立広島皆実高等学校、広島県立高陽東高等学校の生徒たち16名です。

     

    まずは注意事項から。

    ボランティアとはいえ、気を抜いてしまうと事故やケガにつながりますし、その結果、動物を危険な目に合わせてしまうことにもつながりかねません。遊びではないことはもちろんですが、注意に注意を重ねるよう、最初にしっかりと気持ちを引き締めておきます。

     

    _MG_5667.JPG

     

     

    今回の参加者は、全員が呉市動物愛護センターに来るのは初めて。

    ということで、呉市動物愛護推進員でもあり、呉ボラ歴10年の増本聡さんに施設の案内をしていただきます。

     

    _MG_5670.JPG

     

    小動物、成犬、子犬…。

    それぞれの特徴やここへ来た経緯、呉が抱える問題点などについて、丁寧に説明をしてくださいます。

     

    _MG_5678.JPG

     

     

    その後はグループに分かれて、さっそくお仕事です。

     

     

    第1グループ 散歩

     

     

    雨の日が続いていましたが、なんとか散歩にも行けました。

     

    _MG_5687.JPG

     

    呉センターには、若くて元気な成犬たちが多くいます。

    とはいえ、彼らはとてもシャイ。いつも慣れているボランティアさんとなら楽しく行けるのですが、この日は初対面の中高生たち…。

    _MG_5783.JPG

     

    やはり後ずさってしまいます。

     

    _MG_5764.JPG

     

    この子は「ボス」君

    名前も体もパワフルですが、実は少し怖がり。

     

    _MG_5697.JPG

     

    何とか声をかけながら進もうとしますが、そう簡単には行きません。

    それはそうですよね。初めて会った人に、命綱を引かれても…。

     

    _MG_5693.JPG

     

    散歩の間、犬たちの性格や特徴を教えてくださる増本さん。いつもありがとうございます!

     

    _MG_5749.JPG

     

    こちらはSPICAのビデオにも登場してくれたランちゃん。

    人間が大好きな彼女は、気持ちよく歩いてくれました。

     

    _MG_5755.JPG

     

     

    第2グループ 子犬の体拭き&人馴れ練習

    呉ボラと言えば、子犬と遊べる…。そんな風に考えている常連ボラの子供たちもいます。

    確かに子犬はかわいいのですが、10年前とほぼ変わらず、常時子犬が10〜20頭もいるこの状況は、やはり変えて行かなくてはいけません。

     

    _MG_5702.JPG

     

    まずはひざの上に乗せて、優しく声をかけます。

    知らない人に抱かれ、不安な表情の子犬たちですが、少しずつやんちゃを発揮し始めます。

     

    _MG_5706.JPG

     

    体のどこを触られても嫌がらないよう、足の先、お腹、口まわりなど、優しく撫でていきます。

     

    20181224_181224_0017.jpg

     

    子犬は、うんちの上に平気でごろ〜んとしますので、タオルで体を拭きます。

     

    20181224_181224_0004.jpg

     

    爪の隙間まで丁寧に…。

    とやってるうちに寝てしまったり。

     

    _MG_5713.JPG

     

    こちらはプロのトリマーさんに爪を切ってもらっているところ。

    こうして犬に関わるプロの方がそばにいてくださることも、とても心強いです!

     

    この子たちが無事に新しい飼い主さんと出会い、幸せに暮らせますように。

     

     

     

    第3グループ お掃除

     

    今回は珍しく、男子が2名も!参加してくれました(笑)ので、しっかりお掃除をしてもらいました。

     

    _MG_5709.JPG

     

    散歩中の犬たちの犬舎

     

    _MG_5704.JPG

     

    デッキブラシでこすり、水を切ります。

     

     

    こちらは子犬たちのケージ

    うんちが隅っこに引っ付いてしまっているので、しっかりこすって取ります。

     

    _MG_5717.JPG

     

    譲渡対象の子犬たちのスペースにも、たくさんのうんち…

     

    _MG_5773.JPG

     

    これもボランティアの大きな目的ですが、犬や猫は、「かわいい」だけじゃない、ということを改めて分かってもらいたいと思っています。食べれば出る、当たり前のことですが、うんち掃除に抵抗のある子どもは少なからずいます。

    動物はおもちゃではなく、生きている、ということを、感じてもらえたと思います。

     

    あっという間の2時間半が過ぎ、今回も無事に活動を終えることができました。

     

    _MG_5792.JPG

     

    今日の感想を聞くと、「犬たちが捨てられると知って悲しかった」と話してくれました。

    動物愛護というと大きなことのように感じますが、センターに入ってくる野良犬や野良猫と呼ばれる犬猫たちも、もともとは人間が手放したペットが繁殖しただけです。

    この悲しい現状をどうやって変えていくか、これからも学生たちと一緒に考えていきたいと思います。

    すぐには変えられなくても、こうして現状を知った若い世代が、意識を変え、社会を変えて行ってくれることと信じています!

     

    この日の活動が12月14日中国新聞朝刊に掲載されています。

     

    12_24 中国新聞.jpg

     

     

     

    悲しいだけじゃない、動物たちのこと。

    まずは知ることからはじめませんか。

     

     

     

    「いのちの教室」開催校募集中

    DSC_0376.JPG

    SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

    広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

    動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

     

    NPO法人SPICA

    メール:info@npo-spica.com

    お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

     

     

    猫の飼い主さん募集中
    どんな猫にもセカンドチャンスを!
    たくさんの猫たちが新しい家族を待っています。詳しくはこちら。
    0511e.jpg


    西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
    スピカちゃん

     ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
    購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)

     

     



    SPICA@LINEできました
    LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
    こちらからご登録ください。

     

     

     

    posted by: npo-spica | ボランティア | 16:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://ikuacefreya.npo-spica.org/trackback/375
    トラックバック