Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM
LUSH×SPICA チャリティーパーティーお礼 2017
0

    LUSH×SPICAチャリティパーティーにお越しくださったみなさま、ありがとうございました!

    広島本通り店さんとのコラボも、気が付けばもう5回目となりました。

     

    006.JPG

     

    初日23日(土)の「いのちの教室」は、「動物の現状〜動物愛護法改正に向けて〜」というテーマでお話ししました。

    つい先日も埼玉で、猫を13匹、虐待して殺害した男が逮捕されました。

    すでに「動物の愛護及び管理に関する法律」には、虐待や遺棄などに関しては、罰金または懲役と定められていますが、実際にはその強制力はとても弱いものです。

     

    019.JPG

     

    もちろんこうしたことが起きないように、また起きたときには厳正に処罰をしてほしい、ということが、来年の法改正では求められています。

    殺処分にせよ、動物虐待にせよ、本当に悲しい現実であり、直視するにはとても勇気がいります。

    ですが、この日もたくさんのお客様が、じっくりと話を聞いてくださいました。途中、涙を流される方もいて、私は改めて、犬や猫が人間の心の深いところまで共有できる存在になっているのだと感じました。

     

    そして2日目の24日(日)の「いのちの教室」は、「猫を飼いたいと思ったら〜保護猫を迎えよう〜」という初めてのテーマでのお話となりました。

    講師は、これまでたくさんの猫を保護してきたSPICAスタッフ道田と、彼女から猫の譲渡を受け、その後SPICAスタッフとして活躍してくれている北川の二人です。

    猫を保護し、新しい飼い主さんへお渡しする立場と、猫をもらい受ける立場の双方から、「なぜ保護猫を迎えてほしいのか」をじっくりと考えてみました。

     

    20170925 #1_171001_0007.jpg
     

    猫ブームのさなか、思い付きで猫を飼いはじめても決して良いことにはなりません。

    猫とはどんな生き物か、心構え、費用、病気、そして「保護猫」を迎えることの意味などについて、具体的に知った上で猫を迎えることは、最高の動物愛護活動であると考えています。

     

    20170925_171001_0041.jpg

     

    これがなかなかの好評でしたので、継続してあちこちで開催できたらいいなぁと思っています。

     

     

    さて、2日間を通してたくさんの出来事・出会いがありました。

     

    まず今回初の「猫の名前を考えてみよう」アクティビティ

    もしこの子が我が子なら??というシチュエーションで、ぴったりの名前を考えてもらいます。お子様から大人まで、個性ある名前を考えてもらいましたよ。

     

    026.JPG

     

    20170925_171001_0044.jpg

     

    こちらは恒例の動物クイズ

    子供たちの正解率の高さに驚きつつも、ここでもしっかりと「人間と動物の関係」について、お伝え出来たと思います。今回、クイズは広島経済大学「動物のかけがえのない命を守ろうプロジェクト」の学生にお任せしました。だんだんと彼らの活動もしっかりしたものになり、成長したなぁ…としみじみです。

     

    20170925_171001_0030.jpg

     

    こちらは大人気、「NO!動物実験」のためのボディペインティング。

    LUSHのアイライナーとステンシルを使って、スタッフさんが丁寧に仕上げてくれました。今回のイベントには、進徳女子高校と瀬戸内高校の生徒たちがお手伝いに来てくれましたが、高校生が行列に(笑)

     

    20170925_171001_0026.jpg

     

    LUSHさんとのコラボで一番うれしいのは、「おしゃれにカッコよく動物愛護ができる」ということを知ってもらえることです。「悲しい、かわいそう」というイメージしかない動物愛護を、もっと誰でもが当たり前に、そしてポジティブに広めていけるものにしてもらえたと思っています。

     

    そして今回も、ハッシュタグでの拡散に、たくさんのお客様にご協力いただきました。

     

    20170925_171001_0021.jpg

     

    SPICA設立から5年半、動物愛護の中にどっぷりつかってしまうと、動物にまつわる問題が「もうこんなに広まっている」と錯覚することがあります。でも、それは一部の人たちの盛り上がりであって、ほとんどの人がまだ「何も」知りません。

     

    20170925_171001_0016_0.jpg

     

    どんなに声高に叫んでも、私たちの力はほんの小さなものです。ですが、こうして色んな人が拡散に協力してくれれば、飛躍的に情報は伝達されて行きます。「ハッシュタグで投稿」これが誰かの目に留まるだけでも、小さな種まきになるのです。その種がいつか花開くように…これからも続けていきます!

     

    20160924 LUSH_6282.jpg

     

    そして嬉しい出会いもありました。

    たまたまお店にお買い物に来ていた何組もの高校生・大学生に声をかけてもらいました。

    「ボランティアに参加したい」とのこと。なんと嬉しい申し出でしょうか。

    そのうち高校生の二人は、用事を切り上げて、「いのちの教室」を聞くため、またお店に戻ってきてくれました。その日にすぐ、「知らなかった現実を知ることができて良かった。自分にできることをしたい」というメールをくれました。

     

     

    「自分にできることをする」

    これが当たり前にできる世の中になれば、素晴らしいと思います。

    「自分にできること」は人それぞれ。だけど、誰でも何かはできるはず。

    もちろん動物のためでも良いし、環境、福祉、教育など、それ以外にもこの社会には私たちが取り組まなければいけない問題が山ほどあります。

    「誰かが何とかしてくれる」という気楽な時代が終わりつつあるのは、もう誰しも肌で感じていること。これからは、自分で何かを切り開き、作り上げる力が求められています。

    より良い社会のために、そして一人の人間としてより善い生き方ができるように。

    SPICAの活動が、「自分にもできること」を考えるきっかけになれたらと思います。

     

    009.JPG

     

    最後に、この2日間でお買い上げいただいた「チャリティポット」(ボディークリーム)の売り上げは、消費税を除くすべてがSPICAの活動へ寄付されることになります。ご協力いただいたお客様には、心よりお礼を申し上げます。そして、「売り上げの全額を寄付」という、日本では考えられないサポートを、イベントでも単発でもなく、継続的に行っているLUSHの方針に心より敬意と感謝を伝えたいと思います。

     

     

    「いのちの教室」開催校募集中

    DSC_0376.JPG

    SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

    広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

    動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

     

    NPO法人SPICA

    メール:info@npo-spica.com

    お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

     

     

    猫の飼い主さん募集中
    どんな猫にもセカンドチャンスを!
    たくさんの猫たちが新しい家族を待っています。詳しくはこちら。
    0511e.jpg


    西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
    スピカちゃん

     ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
    購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)



    SPICA@LINEできました
    LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
    こちらからご登録ください。


    会員様募集中
    SPICAの活動を応援してくださる会員様を募集しています。
    賛助会員 3,000円〜
    正会員  8,000円〜
    くわしくはこちらをご覧ください。


     

     

    posted by: npo-spica | イベント情報 | 11:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://ikuacefreya.npo-spica.org/trackback/319
    トラックバック