Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM
いのちの教室 in 新庄高等学校
0

    怒涛の夏休みボランティアが終わり、新学期が始まりました。

    2学期第1回目の「いのちの教室」は、北広島町にある広島新庄高等学校です。

    1・2年生、合わせて約40名の生徒さんたちに、お話を聞いてもらいました。

     

    054.JPG

     

    今回、この新庄高校での「いのちの教室」をセッティングしてくださったのは、2年生の生徒さんの保護者の方です。

    5月に開催した「命の連帯〜Art Exhibition in Hiroshima 2017〜」のオープニングレセプションに来てくださり、今回の「いのちの教室」を実現してくださいました。

     

    せっかくの機会だから、ということで、会場には児玉小枝さんの写真展も。

     

    20170917_170917_0005.jpg

     

    少しでも生徒たちに「伝えたい」というお気持ちで、お忙しい中、写真を取り寄せ、セッティング、学校側との打ち合わせもすべて引き受けてくださいました。

     

    20170917_170917_0003.jpg

     

    004.JPG

     

    お一人でここまでのご準備をしてくださったことに、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

     

     

    開始時刻より早く準備を終え、席についてくれた生徒さんたち。私が話始めると、すぐにみなさんメモを取り始めました。「話を聞く」ことと、「自分のものにする」ことが同時に行われているのだなぁと、感心しました。

     

    009.JPG

     

    今回は、60分という、普段より10分、長い時間をいただきました。

    その10分に何を入れるか…

    話したいことはたくさんありすぎるほどですが、ペットの流通のお話しを詳しくすることにしました。

     

    033.JPG

     

    店頭に並ぶ犬や猫たちがどういう状況で生まれてくるのか。

    考えてみれば、私たちは疑問に思うこともなく「いつでもペットショップには子犬や子猫がいるもの」と思い込んでいますが、その状況は動物たちに非常に大きな負担を強いています。

    生まれて間もない犬や猫たちがオークションを経て店頭へやってくること。

    その数85万頭、1日にすると約2,000頭の犬や猫が毎日、生み出されていることになります。

    そして、その85万頭のうち、約2.5万頭が、店頭に並ぶ前に命を落としています。

     

    繁殖業者の実態、不要になった犬や猫たちが行きつく「引き取り屋」の存在。

    そして、それらの残酷なビジネスを支えているのは「かわいい〜」という、私たち消費者であること。

     

    生徒さんたちは、途中からメモを取る手も止まり、画面を食い入るように見つめていました。

     

    008.JPG

     

    これから社会に出て、新しい時代を築くであろう新庄高校の生徒さんたちに、動物たちの声を伝えられたことは、本当にうれしいことでした。

    「弱者の犠牲の上に成り立つ社会で、私たちは本当に幸せになることができるのか」

    これは、私が長年持ち続けてきた疑問ですが、決して動物だけの問題ではないと感じています。言葉を発さない、発することができない存在を、認め、思いやり、助け合うことが、「人間」としての在り方だと思います。

     

    学校で教員として働き始めて16年。

    進学校に勤めたこともありますし、勉強が苦手な生徒たちと多く時間を過ごすこともありました。

    ですが、どんな生徒にも「学ぶこと」の大切さを伝えるよう努めてきました。それは決して成績を上げるためとか、大学に行くためではなく、「人として正しい判断ができる」ためだと話しています。

     

    情報があふれかえる現代の社会で、誤った情報に振り回されたり、都合の良い宣伝を鵜呑みにさせられたり、私たちは、自分が意図しないところで様々な行動へと誘導されています。

     

    そこで大切なことは、自分で考えて行動すること。

     

    あらゆることに疑問を持ち、情報を精査し、自分で考え、自分の判断で行動することは、大人の私たちでさえ容易なことではありません。ですが、こんな社会だからこそ、これからの世界を動かす彼らには、そういった力を身につけてもらいたいと願っています。

     

    新庄高等学校のみなさんに、「動物たちの声」が小さな棘となって、彼らの心へ残り続けてくれることを願っています。そしていつか、彼らが社会へ出て大きな力を発揮するとき、その棘の存在を思い出してくれたら嬉しいです。

     

     

    SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校やグループを募集しています。

    今回の新庄高校のように、保護者のみなさんからの働きかけも、大歓迎です。「やってみたいけど、どうしたらいいの?」という方、ぜひご相談ください。皆さんの小さな力が、動物たちの現状を変える大きな一歩になります!

     

    ご相談はこちら

    NPO法人SPICA

    メール info@npo-spica.com

    お問い合わせページから

    http://www.npo-spica.com/contact.html

     

     

    「いのちの教室」開催校募集中

    DSC_0376.JPG

    SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

    広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

    動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

     

    NPO法人SPICA

    メール:info@npo-spica.com

    お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

     

     

    猫の飼い主さん募集中
    どんな猫にもセカンドチャンスを!
    たくさんの猫たちが新しい家族を待っています。詳しくはこちら。
    0511e.jpg


    西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
    スピカちゃん

     ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
    購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)



    SPICA@LINEできました
    LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
    こちらからご登録ください。


    会員様募集中
    SPICAの活動を応援してくださる会員様を募集しています。
    賛助会員 3,000円〜
    正会員  8,000円〜
    くわしくはこちらをご覧ください。

     

     

     

     

    posted by: npo-spica | いのちの教室 | 10:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://ikuacefreya.npo-spica.org/trackback/317
    トラックバック