Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM
春休み動物体験ボランティア 第7弾 最終回
0

    春休み最後の動物体験ボランティアは、呉市動物愛護センター。

     

    この日集まったのは、広島市立楠那中学校、広島市立大洲中学校、広島市立古田中学校、広島市立城山中学校、進徳女子高等学校、広島女学院高等学校から、計11名。そして、広島大学と静岡文化芸術大学からも2名の大学生が参加してくれました。

    サポートは、広島経済大学「動物のかけがえのない命を守ろうプロジェクト」の9名です。

     

    そして本日、いきなりボラリーダーを無茶振りされたSPICAメンバーKさん…

    山下の割り込みにも負けず、楽しくまとめてくれました(^^♪ この写真は、ちょっと緊張気味ですね(笑)

     

    0405a.jpg

     

    動Pの自己紹介も、だんだん中身の濃いものになってきました。

    0405b.jpg

     

    天気が微妙だったので、まずは全員で散歩です。

    0405c.jpg

     

    そして今日も、走る!

    0405d.jpg

     

    走る!

    0405h.jpg

     

    しばしの休憩… なんでしょうね、このアンニュイな感じは…

    0405o.jpg

     

    全力で走りつかれたこの子たち、寒くないようです(笑)

    0405e.jpg

     

    さらに引っ張る〜〜!!

    0405f.jpg

     

    呉のセンターには兄弟で収容された犬や、子犬の時から一緒に過ごした犬たちが多いため、犬同士で仲が悪いということはあまりありません。こんな犬たちの様子は、広島のセンターとは少し違うため、大学生も珍しそうに観察しています。

    0405g.jpg

     

    そのあと、記念撮影を試みましたが、犬たちが良い子にポーズをするはずもなく…。

    増本さんに協力してもらっても、写真なんてどーでもいい犬たち。

     

    0405i.jpg

    この写真からも分かるように、犬たちは、お世話をしてくれる人、自分たちを大切にしてくれる人を知っています。増本さんが近くにいたら、どの子もみんな駆け寄っていきます。

     

    散歩が終わると、施設内のお掃除と子犬拭きの時間です。

     

    0405j.jpg

    フードをきれいに取り除いています。古いフードが残らないように、清潔にしておきます。

     

    0405k.jpg

    こうした細かい埃取りは、人数の多い時にしかできませんので、中高生ボラのみんなが大活躍です。

     

    0405l.jpg

    どこまで手が届くか〜??と頑張っているところ。上の方の埃まで、きれいになりました。

     

    0405n.jpg

    子犬の体調によっては、床がう○ちの海になっていることもあります…。西山ゆう子先生に教えていただいた「まずは有機物を取り除く」お掃除を徹底します。

     

    0405m.jpg

    取り換えると犬たちが気持ちよくなってしまう新聞紙。かえたとたんに、おしっこやらうんちやら…。「さっき掃除したばっかりなのに〜」と嘆く声が聞こえますが、気にしない気にしない。

     

    先週は、少し子犬が少なかったのですが、1週間でどーんと増えていました…。

     

    0405p.jpg

     

    子犬はかわいいですが、この月齢で母犬と離れ、センターで暮らすことは、決して犬たちにとって幸せなことではありません。増本さんは「自分の子供を抱くように接してあげてほしい」と、不安そうな子犬たちを、そっと生徒たちのひざにのせてくれます。

    0405s.jpg

     

    初参加の二人も、最初はおっかなびっくりでしたが、だんだんと慣れてきたようです。

    0405t.jpg

     

    こちらの4人は、もうボランティア何回目でしょう。慣れた手つきで、子犬たちをきれいにしていきます。

    この子たちは、みんな違う中学校の生徒たちで、この呉ボランティアで知り合い、友達になりました。そして、春・夏・冬休みごとに、同じ日に申し込んで、再会するのです。

    0405q.jpg

     

    さてこれが、プロボラの腕前です。

    リラックスが行き過ぎると、こんな感じになるようです(笑)

    0405r.jpg

     

    おまけ

    動Pのカッコいいプロフィール写真を撮ろう!ということで、SPICA専属カメラマンのYさんに撮影してもらいました。なかなかイイ男でしょう??

     

    0405v.jpg

     

    動物関連のボランティアは、どこも女の子が多いのが一般的ですが、これを見て、「オレもやってみよう!」って男子が増えたらいいなぁ〜と期待しています!

     

     

     

    0405u.jpg

    これにて、春休み体験ボランティア全7回が無事に終了いたしました。

    この動物体験ボランティアは、一部の犬や猫には、とても迷惑な取り組みかもしれません。知らない人が大勢押しかけてきて、良く分からないまま散歩に連れ出され、体を触られ、台風のように去っていく。迷いながらも、それでも続けるのは、この体験に参加した子供たちは、命を守る大人として成長し、社会を変えていく力になると信じているからです。

     

    増本さんからは、この動物体験ボランティアは「先行投資」と言っていただきました。

    非常に重く、ありがたい言葉です。

     

    以前、いのちの教室で、「犬の幸せとは何ですか?」と質問されたことがあります。

    私は「飼い主と一緒にいること」と答えました。ほかにもたくさんの条件があると思いましたが、きっとこれが一番大切なことだと思っています。

     

    ここには、その「飼い主」がいない犬や猫がたくさんいます。

    ですが同時に、その犬や猫を幸せにしたいと集まる人もいます。

    長い年月がかかるとしても、こうした取り組みから、新しい意識が生まれてくると信じて、これからも活動していきたいと思います。

    posted by: npo-spica | ボランティア | 13:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://ikuacefreya.npo-spica.org/trackback/300
    トラックバック