Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM
ついに見つけた!SPICAチャリティポット☆
0
    長らく探し続け、ついに見つけました!!
    というか、店員さんに見つけてもらいました!!
    SPICAの写真がついている、LUSHのチャリティポットですきらきら



    お店はクリスマス限定商品などもたくさんあり、あれもこれも欲しくなる…star
    まずは自分用のシャンプーなどを決めたあと、クリスマスプレゼントのバスボムを選びました。こういうものって、なかなか自分用に買うのは気が引けるので、人に贈って喜んでもらおうと思ってますゆう★



    そして、チャリティポットを見つけただけでなく、今日はまだまだいいお話しがありましたヤッタv
    9月の動物愛護週間に、LUSH本通店さんとSPICAのコラボイベントをさせていただいて、店員さんとも仲良くなりました。今日も色々とお話ししていると、「SPICAとのイベントのあと、呉の動物愛護センターで小犬をもらったんですよ」と、ある店員さんが教えてくださいましたキラキラ

    飼われていた犬が亡くなって、1年くらいたっていたそうです。
    「少しでも犬たちが救われるなら」と、決心をしてくださり、今はとっても大切に、一緒に暮らしていらっしゃるそうです。しかも、小犬にもかかわらず、「ほとんどしつけがいらない」という超お利口なワンコであることが判明ハート人間が大好きで、誰とでも仲良く慣れるフレンドリーな性格と聞き、本当にうれしくなりましたハート

    呉センターには野犬の小犬がたくさんいます。
    はじめは人間を怖がったり、なかなかうまくコミュニケーションできない子もいますが、飼い主さんの愛情をいっぱい受けて、人間を信頼し、人間が大好きになったのだと思います。

    雑種の犬はバカだなんて、いまだに信じている人はいませんか?
    そもそも「賢い犬」の定義も曖昧ですが、少なくとも、「人間と上手に暮らせる」という意味でなら、犬が賢く見えるかどうかは、飼い主の資質が最も大きく関わっています。
    どんな犬でも、どんな猫でも、ひとつの「命」と考えて、助けを求めている命を救ってくれる人が増えれば、殺処分や残酷な繁殖業社も減っていくと思います。年末、日本全国の動物愛護センターで収容数が増えるのは、「年末=歳末処分」のイメージからでしょうか。そう考えると悲しくなりますが、命を捨てているのも人間ならば、助けることができるのもやはり人間だけです。どうか、人間の助けを必要としている「命」に目を向けてもらえたらと思います。

    最後に、また差し入れをいただきました。



    ボランティア活動を終えたとき、ちょっとした疲れが癒されるように、とのことで、手を洗うためのシャワージェルです。どちらもと〜ってもいい香りがします。前回は、広島市のセンターに持って行ったので、今度は呉のセンターに持って行こうと思います。

    みんなができることを、少しずつ分け合うことで、人間も動物も幸せになれる社会を実現していきましょう。


     
    posted by: npo-spica | NPO法人SPICA | 21:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://ikuacefreya.npo-spica.org/trackback/222
    トラックバック