Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM
サマー&ウィンター 里親さん決定しました!
0
    白島でTNRの際に保護した、サマーちゃん&ウィンター君、おかげさまで、素敵な里親さんに巡り合えました。
    この子たちは、白島の町の中で5〜10匹くらいで暮らしていました。その姿を見ていた女性が心を痛め、まずは去勢避妊手術をしたいとSPICAに相談をしてこられました。通りがかりの人から、餌は豊富にもらっているものの、やはり街中で交通事故の恐れもあり、増えていけば「駆除」というような話にもなりかねません。

    現場に行き、猫たちを捕獲し手術をしました。その中でも特に人に慣れていたのがこの2匹です。急きょ、TNRのR(リターン)をとりやめ、里親さんを募集することにしました。かわいらしい風貌はもちろん、性格の良さ、そしてウィルス検査も陰性ということもあり、2匹とも良い里親さんと巡りあえました。



    白島の状況を知っていた人から聞いたところ、「急に猫が増えた」とのことでした。良く人に慣れていたことも考えると、もしかしたら捨てられたのかもしれません。

    しかし、手術を思い立ったNさん、猫たちの状況に理解を示してくれた現場のみなさま、TNRを手助けしてくださり、また一時預かりとなってくださったMさん、たくさんの方々の助けを得て、この子たちは幸せになります。これからは、餌を探し歩くこともない、暑さ寒さに苦しむこともない、感染症や外敵に襲われる心配もありません。

    サマーちゃんは「チロル」ちゃんと改名しました。先住猫ちゃんが「チョコちゃん」…。なるほどのコンビネーションです。ウィンター君は、今のところウィンター君のままとのことです。2匹を迎えてくださった里親さま、末永く、よろしくお願いいたします!



    私たちは、「野良猫は自然に」という考えを、そろそろ改めなければいけません。
    外で暮らす猫たちは、自然(野生)で生きて行くことはできないのです。日本中にいる野良猫たちは、必ず人間がどこかで餌を与えています。そうしないと、生きられないからです。えさだけ与えて、増えるがままにしておき、果ては殺処分する、これまで繰り返し行われてきたこの行為が「自然」と言えるでしょうか。

    犬も猫も、人間が社会に組み込んだ生き物です。増えすぎたからといって、いまさら「野生に帰れ」と言われても、彼らは適応できません。ならば、人間が彼らの命に責任を持つのは、当然の責任と考えるべきです。
    posted by: npo-spica | 里親募集 | 13:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://ikuacefreya.npo-spica.org/trackback/177
    トラックバック