Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM
広島市土砂災害についてお見舞いと迷子犬について
0
    まずはじめに、このたびの広島市における土砂災害の被害にあわれた方へ、心よりお見舞いを申し上げます。亡くなられた方の数も日に日に増えており、同じ広島に暮らす者として、一刻も早い救済と復旧を祈っております。

    今日は、高校生ボランティアの日でしたが、その記事は明日にさせていただこうと思います。
    広島市の土砂災害のこともあり、広島市動物管理センターで職員さんに色々と尋ねてきました。
    まず今のところ、センター自体は、爆発的な影響はないとのこと。一気に保護犬・猫が増えたという状況ではありませんが、今後、迷子犬などが多く出てくる可能性があります。災害の被害の大きさに、ついそのことばかり気にしていましたが、広島では雨だけでなく、夜じゅう、雷が鳴り、かなりの落雷があったと思われます。雷が鳴れば、迷子の犬が増える。直接の災害現場だけでなく、広島市全域で、雷による迷子が増えてくることが予想されます。

    数日前、SPICAのメンバーが迷子犬を保護しました。そして知人も別の場所で迷子犬を保護しました。偶然ですが、どちらもシーズーで、人間に慣れていました。すぐに警察に届け、2匹とも、無事に飼い主さんに辿りつきました。これは本当にラッキーなケースです。
    ただ、どう見ても迷子の子が、なかなかおうちに帰ることができず、センターで長期滞在している(または殺処分される可能性もゼロではない)ケースは本当に多いです。もうご存知の方も多いと思いますが、改めて迷子犬について、大切なことを飼い主編と保護主編でまとめたいと思います。

    飼い主編〜愛犬がいなくなったら〜
    ”畸覆ら、迷子札マイクロチップなど、連絡先の分かるものを身につけておく。狂犬病注射の登録票鑑札も首輪に付けておくよう義務付けられておりますが、小さな犬には難しいかもしれません。
    ⇒襪箍峅个覆鼻大きな音のする日は、外の犬も必ず家の中に入れる。
    Kが一、犬がいなくなったら、すぐに警察・動物管理センター・近隣の動物病院などに連絡をする。その際、犬の特徴などが分かるように、写真付きの簡単なポスターがあると良いでしょう。ちなみに、警察では、迷い犬は「遺失物=落し物」係の担当になります。
    い發舛蹐鵝⊆分で探す。近所へもポスターを配る。ただし、犬は驚いて飛び出すと、かなり広範囲移動します。思いもよらない場所で発見されることもあるので、そのつもりで探します。
    FacebookやTwitterなどで、写真と逃げた場所、連絡先などを投稿する。あっという間に拡散するので、手掛かりが得られるかもしれません。ただし、当たり前ですが、インターネットの呼びかけは、ネット環境にない人には届きませんので、万全ではありません。
    ζ呂噂个新抻,籠以愛護センターにはこまめに連絡する。何度も電話すれば、窓口での対応も残念な感じになってきますが、自分の犬のことです。自分で確認することが大切です。

    「おなかがすいたら帰ってくるさ」などとは、決して思わないでください!
    迷子の犬は、帰り道が分からなくなり、自分で帰ることはできません(だから迷子なんです)。まして、どこかで保護されている場合、飼い主さんが「探しています」という情報を発信していなければ、絶対に戻れません。


    動物管理センターに収容される迷子犬たち。決して良い環境とは言えない場所で、何日も飼い主を待ち続ける犬たちは、不安なのはもちろん、かなりのストレスがかかっているはずです。

    また、無事に帰ってくることができたら、あちこちに貼りまくったポスターはきちんとはがし、協力してくれた方へのお礼の言葉も忘れずに。そして何より、二度と迷子にさせないでください。

    保護主編〜迷子の犬を保護したら〜
    仝い縫吋などがないか、簡単に確かめる。
    ∧欷遒靴疹貊蠅亮辺で、聞き込み調査する。犬の散歩をしている人には、犬ネットワークがあるので、中心に声をかける。
    7抻,慙⇒蹐垢襦8い鯤欷遒靴疹貊蠅箴況、犬の特徴などをまとめる。写真を撮っておく。
    飼い主が現れるまで、自分の家で保護できる場合は、警察で書類を書いて、提出する。
    ぜ分で保護が難しい場合は、警察と相談の上、保護先を決める。動物愛護センターに引き渡されることが多い。警察署で犬を保護することは、基本的にはできません。
    FacebookやTwitterなどで、飼い主探しを呼びかける。

    ここまで書いてきて気づきました。
    飼い主も保護主も、ほとんどやることは同じだということに…。

    今回のような災害時、良く似た犬・猫が一度にたくさん迷子になることが予想されます。しつこいようですが、迷子札・マイクロチップなどの装着を、まだしていない方は、すぐにご準備ください。
    posted by: npo-spica | マイクロチップ | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://ikuacefreya.npo-spica.org/trackback/142
    トラックバック