Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM
いのちの教室 in 進徳女子高等学校
0
    広島市南区の進徳女子高等学校で「いのちの教室」を開催しました。
    全校生徒約440人が、ホームルームの時間を使って、講堂で講義を聞いてくれました。

    私自身(山下)の勤務校ということもあり、講堂に入ってくる生徒たちは笑顔で手を振ってくれます。「頑張ってね〜」なんて声をかけてくれる生徒もおり、緊張が少しほぐれました。



    女子高とあって、普段は賑やかで元気がよく、おしゃべりが大好きな女の子たち。
    でも、講義が始まってからは、物音ひとつ聞こえませんでした。静まり返る講堂で、生徒たちが画面を見つめ、私の声に聞き入っているのが感じられました。

    殺処分の現状、特に広島県で動物たちがどんな状況に置かれているのかを詳しく説明しました。
    そして、「なぜ殺処分がなくならないのか」を一緒に考えてもらいます。悪質なブリーダーの問題、無責任な飼い主の問題など、動物を取り巻く様々な問題について、詳しく説明しました。また、動物愛護管理法の「動物の遺棄・虐待は犯罪」であること、野良猫たちにはどんなふうに接すればいいのか、など、より身近な話題にも触れることができました。



    講義の後、自分の家の犬や猫と、殺処分される犬や猫の姿を重ね合わせて、やはり涙が止まらなくなったという生徒もいたようです。普段、愛情深く動物に接するほど、かわいそうな動物たちの姿を見ることは、とても勇気のいることです。
    講義をしながら、それでも生徒たちがしっかりと現実を受け止めてくれたと感じました。

    これからは、呉市動物愛護センターに加え、広島市動物管理センターでも高校生ボランティア活動を始めます。講義のあと、たくさんの生徒が、ボランティアに参加したいと申し出てくれました。彼らの感受性、行動力、正義感、そして大きな愛情が形になっていきます。

    社会を変えていくのは、私たち一人一人の意識であると改めて確信しました。
    これからも、高校生とともに、動物たちの現状を伝え、改善していける手助けになれればと思っています。


    2014年6月28日(土)中国新聞


    いのちの教室は、広島県内どこででも開催いたします。
    町内会、子供会、大人の集まりでもOKです。興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

    いのちの教室は、マツダ財団の支援により行われています。

     
    posted by: npo-spica | いのちの教室 | 12:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://ikuacefreya.npo-spica.org/trackback/132
    トラックバック