Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM
いのちの教室&ワークショップ with 広島市立古田台小学校PTC
0

    普段は中学校での「いのちの教室」が多いのですが、今回は小学校、しかもPTC主催の全学年(希望者)での企画です。

    事前に保護者の方と打ち合わせをし、まずは低学年と高学年に分かれて実施することに決めました。以前、児童館でお話しさせてもらったことがありますが、さすがに1年生と6年生に同じ内容のお話しは無理があると感じていたので、より子供たちの成長段階に合わせたお話しを心掛けました。

     

    DSC07286.JPG

    準備を手伝ってくれる子供たち…。みんな元気いっぱいですごくかわいいです。

     

    まずは「いのちの教室」として、高学年(5・6年生)のみなさんには、中学生の講義を少しわかりやすくしたものを聞いてもらいました。

     

    DSC07303.JPG

     

    複雑な内容も含まれていますので、内心「大丈夫かな…」という不安もありましたが、殺処分、広島県の現状、繁殖業者…すべてのテーマにしっかりと食いついてくれました。

     

    DSC07289.JPG

     

    保護者のみなさんも一緒にお話を聞いてくださいましたが、やっぱり涙が出てしまうのは大人の方ですね…。

     

     

    低学年の「いのちの教室」は、どちらかというと「いのち」そのものにテーマを絞り、あらゆるものの命を考える時間になりました。

     

    さすが低学年のみなさん、本当に元気いっぱいです。

    一つ一つの質問に、たくさん手をあげて、一生懸命、答えてくれました。

    実は、高学年よりもさらに不安だった低学年の講義。とても積極的な子供たちに助けられる形で、進んでいきました。

     

    20180210_180210_0006.jpg

     

    さらに、犬や猫の感情表現を一緒に見ていくことで、犬や猫にも心があり、命がある、ということを学んでもらいました。

    いくつかイラストを見せながら、「こんな時、どういう気持ちかな?」と考えてもらったのですが、子供たちはすごく敏感です。引っ越しの時に置き去りにされる犬のイラストを使ってみました。何も説明しなくても、「犬が置いていかれよる!絶対助けてあげる!」と言ってくれた男の子がいました。

     

    20180210_180210_0009.jpg

     

    「かわいそう」という気持ちは想定していましたが、小さな子供にも、ちゃんと「命を守る行動」まで考えることができることが分かり、とてもうれしかったです。

     

    20180210_180210_0012.jpg

     

     

    さてここまでで1時間。

    中学生でもダレてくる時間ですが(笑)

    後半はワークショップを企画しました。

     

    高学年のみんなには「こんな時どうする!?動物あるあるしちゅシチュエーション」と題して、これから子供たちが遭遇しそうな場面を想定し、どうしたらよいかを一緒に考えてもらいました。

    学年をミックスした5人グループで取り組んでもらいます。

     

    DSC07323.JPG

     

    今回作ったのは5問、簡単に書いてみると…

    ー里毒を拾ったとき

    ¬損劼慮い鮓つけたとき

    自分のペットが迷子になったとき

    せ瑤せ呂瓩織撻奪箸言うことを聞かないとき

    イ感畚蠅北醂蒜がたくさんいて困っているとき

     

    時間がなくてい泙任靴できませんでしたが、子供たちの吸収力&応用力に驚かされるばかりでした。

     

    01.jpg

     

    シンキングタイムを終えて、グループごとに発表してもらいます。

     

    DSC07363.JPG

     

    前半「いのちの教室」でちゃんとお話を聞いているから、「警察に連絡する」、「動物愛護センターに知らせる」、「ポスターを作る」などの答えがポンポン出てきます。

     

    DSC07384.JPG

     

    補足する気まんまんでしたが、ほとんど必要な答えは子供たちから出てきました。

     

    DSC07360.JPG

     

    このクイズ、思いのほか気に入ってくれたのか、子供たちは1問終わるとすぐに「はい、次!!」みたいな感じで、すばやくフォーメーションに戻っていました。

     

    DSC07358.JPG

     

    そして気になる低学年…

    こちらは「動物〇×クイズ」をやってみました。

    犬猫だけでなく、うさぎやカメなどの問題も入れてみました。

    簡単すぎてもおもしろくなく、難しすぎてもやりにくい、微妙なところでしたが、子供たちの「やるー!!」「全問正解めざすー!!」というパワーがすごかったです。

     

    20180210_180210_0018.jpg

     

    そして、普段、高校生と接している山下が非常に驚いたというか、感動したことがありました。

    ○×クイズなので、本来は○か×かどちらかが正解なのですが、答えを発表した後に「でも、犬はこんなふうに考えたはず!」とか「もしそうだったら、もう一つの答えでもいいはず!」という意見がたくさん飛んできました。

     

    確かに…、そういう風にも考えられる。

    ということで、全員正解〜!!!みたいな問題もいくつかありました。

     

    20180210_180210_0026.jpg

     

    これは単に、点数のシールが欲しいからではなく(むしろ途中からシールそっちのけで…)、子供たちは本当に犬や猫の気持ちになって考えているのでした。

    高校生なら、正解は正解、「先生が〇と言うなら〇でしょう」と疑うこともしませんが、小学生の学ぶ力、自分を表現する力には本当に驚きました。本当に素晴らしい子供たちです。

     

    20180210_180210_0023.jpg

     

    さらに、クイズの途中で、色んな意見を言う子供たちがたくさんいます。

    そうすると「それなら〇にしよう」とか、「でも待って、やっぱり×じゃない?」などと、〇と×の間をさまよう子供たち。スクリーンの写真を参考にしたり、「でもさっき、先生はこう言いよったじゃん!」と講義の内容を活かしてみたり…。

     

    二人の講師は、想像以上に深い子供たちの議論に、ついていくのに必死でした。

     

    SPICAにとっては、小学生と一緒に初めての〇×クイズ、全問正解者もあり、本当に盛り上がりました。子供たちも喜んでくれたと思いますが、一番楽しかったのは、私たちかもしれません。

     

     

     

    保護者の皆さん、古田台小学校の先生方にもサポートいただき、無事に楽しく、しっかりと勉強していただくことができました。

    校長先生、教頭先生からも、授業の内容についてはお墨付きをいただき、これからは「小学校でも頑張るぞー!!」と講師一同、急にやる気が芽生えてきました。

     

    「命を大切に」

    言葉で言うのは簡単ですし、もう聞き飽きたフレーズでもあります。

    「命とは?」という問いに、具体的な答えを提示するのは難しく、大人でも簡単には答えられません。ただ、それは決して心臓が動いていることではなく、人間でも動物でも、人間らしく、動物らしく、幸福を感じながら生きていること、だと思うのです。

    そして、犬や猫の幸せは「飼い主と一緒にいること」。

    私たち人間には、まだまだできることがたくさんあります。

    今日の教室に参加してくれた子供たちは、これから、あらゆる「命」について、優しい気持ちと思いやりを持って接してくれるに違いありません。

     

    本当に素晴らしい1日でした。古田台小学校のみなさん、ありがとうございました!

     

     

     

    「いのちの教室」開催校募集中

    DSC_0376.JPG

    SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

    広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

    動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

     

    NPO法人SPICA

    メール:info@npo-spica.com

    お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

     

     

    猫の飼い主さん募集中
    どんな猫にもセカンドチャンスを!
    たくさんの猫たちが新しい家族を待っています。詳しくはこちら。
    0511e.jpg


    西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
    スピカちゃん

     ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
    購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)

     

     



    SPICA@LINEできました
    LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
    こちらからご登録ください。

     

    posted by: npo-spica | いのちの教室 | 17:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    いのちの教室 in 広島市立五日市中学校
    0

      連日のように雪のちらつく寒い日が続く広島市内、広島市立五日市中学校へ行ってきました。

      五日市中学校は、昨年度、1・2年生の生徒さんに「いのちの教室」を聞いていただいているので、今回は1年生のみ、体育館での講義になりました。

       

      ストーブをたくさん準備していただき、少し寒さも和らいだかなと思いますが、それでも2月。

      8クラスの生徒さんたちは、少し寒そうに体育館へ集合、整列してくれました。

       

      S__6791193.jpg

       

      昨年もそうでしたが、五日市中学校には難聴の生徒さんがおられます。

      一緒にお話を聞いてもらうため、事前に資料をお渡しし、この日も担当の先生が、私の言葉をスクリーンに書きだしてくださいました。

       

      S__6791181.jpg

       

      今日は少し、生徒さんとの距離が近く、体育館も明るかったため、お話を始めてすぐ、多くの生徒さんが真剣になったことが分かりました。なんども「いのちの教室」をしていると、表情が切り替わる瞬間が分かるようになり、私もそれを意識して話せるようになりました。

       

      S__6791179.jpg

       

      殺処分の話は、何度しても心が苦しくなりますが、それ以上に、衝撃を受けている子供たちの顔が目に入ってきます。

      中学生ですから、もう殺処分がどういうことか、なんとなくはみんな知っています。メディアで取り上げられる機会も増え、アンケートにも「半分くらいは知っていた」「ほとんど知っている内容だった」と答える生徒さんもいます。

       

      それでも、ドリームボックスで、どんなふうに犬や猫たちが命を終えるか、という部分では、全員が呼吸をするのも忘れていると思えるほど、静かに画面を見つめています。

       

      真っ暗なドリームボックスの中で、元気な犬や猫たちが、人間によって命を奪われることに、安楽死と言えますか?

      何人かの生徒さんが目を潤ませて首を横に振るのが見えました。

       

      私の「いのちの教室」は、1コマ約50分、残念ながらほとんどが、悲しいお話です。

      人によっては、子供たちにはトラウマになるのでは…?ショックが大きすぎるのでは…?と、心配されると思います。確かに、そういう話し方もできる内容ではあります。

      ですが、これまで約5年間、たくさんの学校で、おそらく1万人に近い子供たちに話をしてきましたが、トラウマになったという話はまだ聞いていません。

       

      もちろん、そういった傷を残さないよう、十分注意していることもありますが、子供たちは大人が思う以上に、物事の内面を見る力があると感じます。

       

      殺処分の話も、パピーミルの話も確かに残酷です。

      ですが、それを「かわいそう」といって目を背けたところで、なかったことにはできないことを、しっかり感じているからこそ、向き合えているのだと思います。

       

      この日は、広島市教育委員会の「心の参観日」という企画でのお話でした。

      時間がたっぷりあったので、講義の後に質問タイムを設けていただきました。最初は恥ずかしいのか、なかなか手が挙がりませんでしたが、何人かの質問に答えるうち、あちこちでたくさん手が挙がっていました。

      すべての質問には答えられませんでしたが、みんなが興味を持って話を聞いてくれたこと、動物たちのために何ができるか考えてくれたことが良く分かりました。

       

      S__6791174.jpg

       

      さぁ、次は、広島市立古田台小学校PTC企画です!お楽しみに!

       

       

      「いのちの教室」開催校募集中

      DSC_0376.JPG

      SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

      広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

      動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

       

      NPO法人SPICA

      メール:info@npo-spica.com

      お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

       

       

      猫の飼い主さん募集中
      どんな猫にもセカンドチャンスを!
      たくさんの猫たちが新しい家族を待っています。詳しくはこちら。
      0511e.jpg


      西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
      スピカちゃん

       ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
      購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)

       

       



      SPICA@LINEできました
      LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
      こちらからご登録ください。

       

      posted by: npo-spica | いのちの教室 | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      いのちの教室 in 呉市立東畑中学校
      0

        今年最後の「いのちの教室」は、呉市立東畑中学校です。

        丘の上にある校舎からは、呉の海が一望できました。

        普段は広島市内の学校に行くことが多いので、久しぶりの呉の風景に心が和みました。

         

        IMG_9036.JPG

         

        もともと、私が動物愛護センターでのボランティアを始めたのも、呉の高校に勤務していた時の生徒との出会いがきっかけでした。動物好きの生徒と一緒に、初めて呉のセンターを訪れたのが9年前。

        広島の学校に変わった後も、こうして呉とのご縁がつながっていることがとてもうれしく感じました。

         

        DSC07135.JPG

         

        12月初旬、体育館には大型のストーブを用意していただき、暖かい中でお話しすることができました。

        2年生の生徒さん約60名が静かに待っていてくれました。中には、前回のボランティアに参加してくれた女の子の顔も。とてもうれしい瞬間でした。

         

        DSC07138.JPG

         

        そして、「さすが、呉の学校!」と思える一コマがありました。

        だいたい、どこの学校へ行っても、動物愛護センターに行ったことのある生徒は数人で、ちらほらと手が挙がるくらいです。しかし、東畑中学校では、たくさんの生徒が「行ったことがある」に手をあげてくれました。

         

        DSC07149.JPG

         

        50分の講義があっという間に終わり、ご挨拶をしたあと、担当の先生からのお話がありました。

        「今日の講義での気づきや思いを、自分の生活にいかに取り込むかが大切」というお話でした。単に「犬がかわいそうだったね」というだけでなく、動物の問題を通して「人間の在り方」を考えるべきだと付け足してくださいました。

        今日感じてくれたことは、自分の周りにいる人たちへの思いやりにも繋げていくことができるます。思春期の子供たちが直面している様々な問題の中で、「言葉を発することができない」存在の気持ちを理解する、何かのきっかけになっていたら嬉しいです。

         

         

        さあいよいよ、冬休みのボランティアも始まります。

        寒さがどんどん厳しくなっていますが、全6回、中高生約60名と一緒に頑張りますよ!!

         

         

         

        猫の飼い主さん募集中
        どんな猫にもセカンドチャンスを!
        たくさんの猫たちが新しい家族を待っています。詳しくはこちら。
        0511e.jpg


        西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
        スピカちゃん

         ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
        購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)

         

         



        SPICA@LINEできました
        LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
        こちらからご登録ください。

         

         

         

        posted by: npo-spica | いのちの教室 | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        いのちの教室 in 比治山女子中学校
        0

          11月最後の「いのちの教室」は比治山女子中学校で開催されました。

          この学校は毎年1年生の授業に「いのちの教室」を取り入れて下さっています。12、13歳の子供達が聞くには辛い話も含まれていますが、今回も最後まで真剣に話を聞いてくれました。

           

          DSC07108.JPG

           

          当日は体育の授業後、2時間目の授業でした。2クラス合わせて45名の生徒さんたちは体操服で教室に集まってくれました。
          ここは私の母校でもあります。高校3年間通った校舎に案内され、昔を思い出しながら生徒の皆さんの前で話を始めました。

          まずは私がボランティアを始めるきっかけとなった我が家の猫を紹介しました。この辺りは「可愛い」と声をかけてくれる子もいて、比較的和やかな雰囲気で話が進みました。

           

          DSC07105.JPG

           

          しかし、段々と本質の話に入ると表情が一変します。

          生徒の半分以上が動物を飼っている為、より身近な問題と捉えてくれたのかもしれません。

          何故、動物愛護センターがあるのか、そこは動物にとって楽しく暮らせるところなのか、販売されている動物は何処から来ているのか。

          私もボランティアを始めるまで考えたこともありませんでした。

          辛い話だけれど「知らない」ことが動物を苦しめる事に繋がるのであれば、頑張って知って欲しい!と思い、私も心を込めて話しました。

           

          DSC07118.JPG

           

          今回、私が伝えたかったことは「動物のために誰でも出来ることがある」という事。

          現状を知り、何か出来る事を考えるきっかけに「いのちの教室」がなれば嬉しいです。

          比治山女子中学校1年生の皆さん、最後まで話を聞いて下さってありがとうございました。

           

           

           

           

           

          「いのちの教室」開催校募集中

          DSC_0376.JPG

          SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

          広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

          動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

           

          NPO法人SPICA

          メール:info@npo-spica.com

          お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

           

           

          猫の飼い主さん募集中
          どんな猫にもセカンドチャンスを!
          たくさんの猫たちが新しい家族を待っています。詳しくはこちら。
          0511e.jpg


          西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
          スピカちゃん

           ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
          購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)

           

           



          SPICA@LINEできました
          LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
          こちらからご登録ください。

          posted by: npo-spica | いのちの教室 | 10:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          いのちの教室 in 広島市立古田中学校
          0

            11月5校目の「いのちの教室」は、広島市立古田中学校です。

            古田中学校は、毎年2年生の生徒さんを対象に、3年前から継続的に「いのちの教室」を実施してくださっています。おかげで、たくさんの生徒さんがボランティアにも参加してくださり、リピーターの女子たちはボランティアで活躍できる範囲をどんどん広げてきています。

             

            DSC07086.JPG

             

            古田中学校は生徒数がとても多いので、2年生だけでも、こうして体育館がいっぱいになります。

            昼休みが終わり、教室から椅子を運んで体育館へ集合した生徒さんたちは、きっちりと整列して、静かに待っていてくれました。

            (これだけでも、実はけっこう大変な作業です)

             

            DSC07093.JPG

             

            3回目の古田中学校でのお話ということで、勝手になじみ深い気持ちでお話を始めました。

            というのも、古田中とのご縁は、「いのちの教室」だけではありません。猫が結んだイイ話がいくつかあるんですよ。

             

            ひとつめは、みなさま、この猫を覚えていらっしゃいますか?

            古田中学校すぐそばの里親さんの家から脱走し、10日間、飼い主さんと必死で探した「天河(てんが)」君です。

             

            S__6373378.jpg

             

            学校の帰り道の生徒さんにチラシを渡して、「見つけたら連絡してね」と、たくさん声掛けをしました。何人かの生徒さんが心配して電話をくれたり、近くの猫がいるエリアに一緒に来てくれたりしました。

             

            おかげで大きなけがもなく発見された天河でしたが、ちゃんと翌年の「いのちの教室」では、生徒のみなさんにお礼を伝えました。本人(猫)もきっと、感謝しているはずです。

             

             

            もう一つのご縁は、この子です。

            いまやインスタでぐいぐい人気を伸ばしている「ポコ太」君。→pokopapaで検索してみてくださいね。

             

            DSC_0059.jpg

             

            古田中学校の生徒さんのお家の前で、カラスに襲われていたところを保護されました。どうしてもペット不可の住宅で猫迎えることができなかったご家族は、ポコ太君の家族が決まるまで、たくさんの差し入れとともにポコ太君を応援してくれました。

            ポコ太君との別れの時には、家族のみなさん、少し涙も…。

             

            たかが猫、されど猫。

            小さくても大切な命です。

            「いのちの教室」で悲しい現実ばかりを伝えるのは残念ですが、やさしい子供たちがたくさんいる古田中学校だからこそ、しっかりと受け止めてくれたと感じています。

             

            DSC07096.JPG

             

             

            最後に、広島市立古田中学校のHPより、先生が書いてくださった記事を抜粋します。

            http://cms.edu.city.hiroshima.jp/weblog/index.php?id=j1043

             

            **************

             

            本校では3年目となり、その間、広島県の処分の状況は数字上ではずいぶん変わってきたとのことではありますが、全体としての課題もまだまだあり、多くの犬や猫のあつかいや処分の状況などを通して、我々人間の身勝手さを感じると同時に、改めて命の尊さ・大切さを考え直す貴重な時間となりました。

            「動物の命を守るのは、人間の義務」・・動物の立場で考えるだけでなく、今の自分たちの生活にもおきかえ、自分の命やまわりの人に対する本当のやさしさや思いやりの気持ちについてもしっかり考えていきたいものですね。
            この授業が2学年全体の「心」につながっていくことを願っています。

             

            **************

             

            DSC07094.JPG

             

            またこの冬も、体験ボランティアでたくさんの生徒さんとの出会いが待っています。

            大人たちが持つ、「悲しくてさみしい」動物愛護センターのイメージを変えるべく、犬猫たち、子供たちの笑顔であふれる施設にするために、まだまだ頑張っていきますよ!

             

            11月最後の「いのちの教室」は比治山女子中学校です。

             

             

             

            「いのちの教室」開催校募集中

            DSC_0376.JPG

            SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

            広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

            動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

             

            NPO法人SPICA

            メール:info@npo-spica.com

            お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

             

             

            猫の飼い主さん募集中
            どんな猫にもセカンドチャンスを!
            たくさんの猫たちが新しい家族を待っています。詳しくはこちら。
            0511e.jpg


            西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
            スピカちゃん

             ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
            購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)

             

             



            SPICA@LINEできました
            LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
            こちらからご登録ください。

            posted by: npo-spica | いのちの教室 | 17:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            いのちの教室 in 広島市立亀山中学校
            0

              11月4校目の「いのちの教室」は、広島市立亀山中学校です。

               

              DSC07028.JPG

               

              保護者の方からの要望と、その娘さんの行動力、PTCのみなさんのご協力のおかげで実現した、大切な講演会です。

               

              この日は、SPICAの会員さんでもある保護者の方のアイデアにより、まずは体育館後方に展示された、児玉小枝さんの写真展を見ることからスタートしました。

               

              DSC07031.JPG

               

              初めての試みでしたが、2年生のみなさんは、1枚1枚、丁寧に写真を見ながら、ゆっくりと進んでいきました。その姿を見ておられた司会の先生は、「生徒の表情が変わりました」と教えてくださいました。

               

              DSC07044.JPG

               

              静かに自分の席に戻った生徒さんたちは、写真から受けた衝撃をゆっくりと心の中で和らげているようにも見えました。

               

              DSC07029.JPG

               

              こうして始まった「いのちの教室」は、やはりいつもとは少し違う空気に包まれていたような気がします。

              「なぜあんな表情をした犬や猫がいるのか」

              「家族のいない動物たちにはどんな道が待ち受けているのか」

              その答えを探るように、生徒さんたちはみんな、とても真剣に話に聞き入ってくれました。

               

              DSC07056.JPG

               

              そして、たくさんの保護者の方にもお話を聞いていただきました。

              私は、こうして親子で「いのちの教室」を聞いていただけるのが、一番うれしいことだと思います。

              未来を作る子供たちに、動物の問題と向き合い、適正飼育とは何かを考え、動物と人間との関りについて学んでもらいたいと思い、「いのちの教室」を実施しているわけですが、そうはいっても、やはり「今」を変えていくのは大人です。

               

              DSC07048.JPG

               

              動物たちの現状を知った子供たちの突きつける「なぜ?」に、私たち大人がどれだけ真剣に答えられるか。決してごまかしたり、手を抜いてはいけないと思っています。

               

              DSC07072.JPG

               

              「こうすれば万事、解決!」という簡単な答えはありません。

              ただ、「いのちの教室」は、動物の問題を知り、考える講義であるだけでなく、私たち人間がより善く生きるための「生き方」への問いでもあります。「誰かがやってくれるだろう」ではなく、「自分はどうするか、自分には何ができるか」を考える時間になればと願いつつ、私自身も模索中の道を見つけていきたいと思っています。

               

              次回は広島市立古田中学校です!

               

               

              「いのちの教室」開催校募集中

              DSC_0376.JPG

              SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

              広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

              動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

               

              NPO法人SPICA

              メール:info@npo-spica.com

              お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

               

               

              猫の飼い主さん募集中
              どんな猫にもセカンドチャンスを!
              たくさんの猫たちが新しい家族を待っています。詳しくはこちら。
              0511e.jpg


              西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
              スピカちゃん

               ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
              購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)

               

               



              SPICA@LINEできました
              LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
              こちらからご登録ください。

               

              posted by: npo-spica | いのちの教室 | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              いのちの教室 in 広島女学院高等学校
              0

                11月14日、広島女学院高校1年 組にて「いのちの教室」を聞いていただきました。
                広島女学院高校で講義をさせていただくのは、今年で4回目になります。

                 

                003.JPG


                毎年、この時期が「キリスト教強調週間」とされており、宗教委員の生徒さんを中心に、各クラス興味を持ったテーマについて調べ、事前学習をされた上で講師を迎えて下さいます。今年も宗教委員の生徒さんの強い要望があり、この「いのちの教室」を招いて下さったそうです。
                そしてクラスの半数近くがペットを飼っており、犬や猫をとても身近に感じてくれている皆さんです。

                 

                010.JPG
                 
                今回は法律やペットを迎える方法など、日本と海外の比較も交えての講義。メモをとりながら真剣な眼差しで聞いて下さるのがとても印象的でした。 

                 

                007.JPG 
                 
                質問も 一つ一つ内容が濃いものであり、その内、「里親」に関することでは、
                里親募集の割合、募集の条件など、質問してくれるのですが、生徒さんたち自身も各々考えやアイデアを持っているように感じ
                「どうしたら、殺処分はなくなるのか」と真剣に考えてくれるからこその質問である事が伝わってきました。

                 

                013.JPG
                 
                将来、獣医師や動物関連に就くことを希望されている生徒さんが多いクラスとのこと。
                高校生の今、日本の動物たちの扱いや現状を学んだ先での彼女たちに期待を抱きます!

                 

                 

                「いのちの教室」開催校募集中

                DSC_0376.JPG

                SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

                広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

                動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

                 

                NPO法人SPICA

                メール:info@npo-spica.com

                お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

                 

                 

                猫の飼い主さん募集中
                どんな猫にもセカンドチャンスを!
                たくさんの猫たちが新しい家族を待っています。詳しくはこちら。
                0511e.jpg


                西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
                スピカちゃん

                 ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
                購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)

                 

                 



                SPICA@LINEできました
                LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
                こちらからご登録ください。

                 

                 

                posted by: npo-spica | いのちの教室 | 17:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                いのちの教室 in 広島市立五日市南中学校
                0

                  今月2校目の「いのちの教室」は、広島市立五日市南中学校1・2年生、約450名です。

                  この日は、広島市教育委員会が定める「みんなで語ろう!心の参観日」の講師として招いていただいたので、たくさんの保護者の方にも聞いていただくことができました。

                   

                  IMG_9694.JPG

                   

                  体育館に入ると、生徒さんはきちんと整列して静かに待っていてくれました。

                  校長先生にご紹介いただき、まずは私が動物の問題にかかわり始めたきっかけと、SPICAの活動内容を紹介して、自己紹介をしました。

                   

                  単なる「犬好き」だった私が、こうしてボランティアをするようになったきっかけは、2006年に起きた「ドッグパーク崩壊」の事件です。子供たちはもちろん覚えていないでしょうが、ちょうど五日市から佐伯町は近いこともあり、保護者のみなさんがざわざわ…としたような気がしました。

                   

                  この事件をきっかけに、「かわいそうだから」と目を背けてきた動物たちの現状に対峙する決意をしたわけですが、それは私にとっては決して特別立派ななことなどではなく、むしろ遅すぎたくらいです。

                   

                  ですが、「いのちの教室」で必ずこの話をするのは、「動物愛護」は特別なことではなく、誰でもができることであり、みんながしなければいけないことなのだ、と伝えるためです。

                   

                  IMG_9677.JPG

                   

                  動物愛護センターの状況

                  殺処分される犬や猫たち

                  繁殖業者

                  パピーミル

                  動物愛護管理法

                  外で暮らす猫 などなど

                   

                  毎度、これでもかというくらい盛りだくさんの内容ですが、五日市南中学校の生徒さんは、50分間、完璧に集中した状態で話を聞いてくれました。

                  お昼ごはんを食べた後、体育館で「講義」を聞くとなると、普通なら眠くなったり、しんどくなったりするもの。にもかかわらず、あまりに真剣に聞いてくれていたため、かなり私も必死に語りかけてしまいました。

                   

                  IMG_9679.JPG

                   

                  講義の最後のまとめでは、こんな投げかけをします。

                  「なぜ犬や猫を守らなければいけないか」

                  この問いに答えられる大人もあまり多くないのではないでしょうか。

                   

                  かわいいから?

                  かわいそうだから?

                   

                  もちろん、子供たちがこう答えるのは当然ですし、子供のうちはそれもいいと思います。

                   

                  ですが、今の動物を取り巻く状況を変えていくためには、やはりこれだけでは足りません。

                  犬も猫も、私たち人間が、人間のために社会に組み込んだ動物です。長い歴史の中で、人間に都合の良いように改良され、人間により依存する生き物として固定してきた、もはや人間の助けなしには生きられない存在です。

                   

                  それならば、今起きている問題は、犬好き、猫好きな人が勝手に取り組めばいい、というものではなく、社会全体で「人間と動物がどのように共生していくか」を定義づけから行わなければいけないものだと気づきます。

                   

                  言葉は変えていますが、子供たちにもだいたいこのような内容を話します。

                  最初は「難しすぎるかな」と思いました。

                  「動物だって命があるのだから、大切にしよう」くらいにとどめておくべきか、とも考えました。

                   

                  ですが、これだとやはり「かわいそう」という感情論に終始してしまいます。

                   

                  いつだったか、アメリカの小学生が、動物愛護の授業を受けた後、上記のような内容をすらすらとインタビューで答えている動画を見ました。軽くショックを受けましたが、自分のやっていることに自信を持つことができました。

                  「難しすぎる」なんていう考えは、実は子供にとても失礼な話で、動物たちに対する「人間の責任」は、実は子供でも分かること。むしろ「動物愛護」という言葉を使って、問題を分かりにくくしているのが大人なのだと感じました。

                   

                  IMG_9686.JPG

                   

                  五日市南中学校のみなさんも、真剣に考え、良い質問も投げかけてくれました。

                  将来、動物たちを助ける仕事に就きたい、という生徒さんの言葉はとても印象的でした。「利益が出ないから仕事にはならないかも」というあまりに現実的な答えをしてしまった自分に嫌気がさしましたが、彼らが大人になるころには、もしかしたら日本でも、欧米並みの保護施設が出来上がっているかもしれません。

                  保護施設は必要ないほうがいい、でももしまだ必要ならば、彼らのような純粋な気持ちで動物たちに接してくれる人が、たくさんかかわってほしいと思いました。

                   

                  今月3校目、次回は広島女学院高等学校です!

                   

                   

                  【イベントご案内】

                  バセットカフェ×SPICA コラボイベント!

                  日時:11月19日(日)13:00〜18:00

                   

                   

                  おいしいお茶を飲みながら、ゆったり犬猫談議&ちょこっと動物たちのためになること、一緒に考えてみませんか?看板犬チョコちゃんも待っています!

                   

                   

                  ★トークイベント

                  「あなたにもできること〜動物ボランティアの現場をのぞいてみよう〜」

                  14時&16時の2回開催 お話し:NPO法人SPICA 山下 育美

                   

                  ★猫の譲渡会&犬猫グッズ・アクセサリー販売

                  飼い主さん募集中の猫たちが参加します。どんな猫が来るかはお楽しみ。

                  ※譲渡に際しては条件があります。当日のお引渡しはできません。

                   

                  ★大切なわんこのためのオーダーメイド首輪(ネーム刺しゅう入り)

                  イベント当日、バセットカフェに取りに来てくださる方だけの特別料金!

                  柄なし1500円 リボン柄入り2000円(サイズに関係なく同じ料金です)

                  ご予約はこちら→090-9731-4140(テラオカ)※数に限りがあります

                   

                  ★同時開催

                  川本絵美さんの絵画作品展

                  11月12日〜12月2日

                  営業日の13時〜23時(最終日は17時まで)

                   

                   

                  【お問い合わせ】バセットカフェ

                  広島市西区己斐本町1丁目9-25-1

                  082-275-6400

                  ※ワンコ同伴可能です

                   

                   

                   

                  「いのちの教室」開催校募集中

                  DSC_0376.JPG

                  SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

                  広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

                  動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

                   

                  NPO法人SPICA

                  メール:info@npo-spica.com

                  お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

                   

                   

                  猫の飼い主さん募集中
                  どんな猫にもセカンドチャンスを!
                  たくさんの猫たちが新しい家族を待っています。詳しくはこちら。
                  0511e.jpg


                  西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
                  スピカちゃん

                   ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
                  購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)

                   

                   



                  SPICA@LINEできました
                  LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
                  こちらからご登録ください。


                  会員様募集中
                  SPICAの活動を応援してくださる会員様を募集しています。
                  賛助会員 3,000円〜
                  正会員  8,000円〜
                  くわしくはこちらをご覧ください。

                   

                  posted by: npo-spica | いのちの教室 | 14:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  いのちの教室 in 広島市立瀬野川東中学校
                  0

                    11月は「いのちの教室」が6校という、大変な1か月。

                    まず最初は、広島市立瀬野川東中学校の1年生です。

                     

                    瀬野川東中学校でお話しするのはこれで3回目(3年目)。

                    これまでも、たくさんの生徒さんがボランティアにも参加してくれ、縁の深い学校の一つです。

                    昼食後の5時間目、生徒さんたちは眠くなることもなく、最後まで真剣に講義を聞いてくれました。

                     

                    DSC07011.JPG

                     

                    いつも講義の最初に、ペットを飼っている人に手をあげてもらうのですが、今回は7割くらいは手があがったのではないでしょうか。かなりたくさんの家庭でペットを飼育していることが分かりました。中でも犬と猫を飼っているおうちは多いようでした。

                     

                    そしてお決まりの質問「野良猫を見たことがある人」にも、9割以上の生徒さんが手をあげていたと思います。(ため息・・・)

                     

                    「じゃあみんな、野良猫は捕まえられるかな?」

                    「犬が吠えたり、咬んだりするのは、犬のせいかな?」

                     

                    講義の中では、色んな問いかけをしていきますが、「うんうん」とうなずいたり、首を横に振ったり、考え込んだり…、子供たちの色んな表情を見ることができます。

                     

                    DSC07016.JPG

                     

                    単に話を聞いて「かわいそうだったね」というだけでなく、少しでも心に「疑問」を残し、自分の頭で「考える」という作業をしてほしいと思っているので、こうした子供たちの反応はとても大切なものです。

                     

                    50分間、たとえ中学1年生が対象でも、私はどうしてもめいっぱい話してしまいます。

                    実際には、もっともっとたくさんのことを伝えたいと思っているので、これでも厳選しているつもりですが、聞いている側からすると、ちょっと多すぎる内容かもしれません。

                     

                    それでも、瀬野川東中の生徒さんたちは、講義のあと、たくさんの質問をしてくれました。

                     

                    DSC07014.JPG

                     

                    「野良犬や野良猫が多い地域はどこですか」

                    「動物愛護センターには犬猫以外の動物はいますか」

                    「なぜ殺処分をする施設が、動物”愛護”センターという名前なのですか」

                    「家の庭に野良猫がやってきます、どうしてあげたらいいですか」などなど

                     

                    本当は、もっとたくさんの生徒さんが手をあげてくれましたが、時間の関係で少ししか答えることができませんでした。

                    質問できる、ということは、よく話を聞いていたという証拠でもあります。

                    こうしてたくさんの生徒さんが、動物たちの声を真剣に受け止め、人間の行いに疑問を感じてくれたことが、本当に嬉しいです。

                     

                    DSC07026.JPG

                     

                    最後に、代表の生徒さんが挨拶をしてくれました。

                    はじめて知る動物たちの現状に胸を痛めたこと。言葉につまりながらも、自分に何ができるかをしっかりと考えてくれた、素晴らしいあいさつでした。

                     

                    次回は「広島市立五日市南中学校」です!

                     

                     

                    【イベントご案内】

                    バセットカフェ×SPICA コラボイベント!

                    日時:11月19日(日)13:00〜18:00

                     

                     

                    おいしいお茶を飲みながら、ゆったり犬猫談議&ちょこっと動物たちのためになること、一緒に考えてみませんか?看板犬チョコちゃんも待っています!

                     

                     

                    ★トークイベント

                    「あなたにもできること〜動物ボランティアの現場をのぞいてみよう〜」

                    14時&16時の2回開催 お話し:NPO法人SPICA 山下 育美

                     

                    ★猫の譲渡会&犬猫グッズ・アクセサリー販売

                    飼い主さん募集中の猫たちが参加します。どんな猫が来るかはお楽しみ。

                    ※譲渡に際しては条件があります。当日のお引渡しはできません。

                     

                    ★大切なわんこのためのオーダーメイド首輪(ネーム刺しゅう入り)

                    イベント当日、バセットカフェに取りに来てくださる方だけの特別料金!

                    柄なし1500円 リボン柄入り2000円(サイズに関係なく同じ料金です)

                    ご予約はこちら→090-9731-4140(テラオカ)※数に限りがあります

                     

                    ★同時開催

                    川本絵美さんの絵画作品展

                    11月12日〜12月2日

                    営業日の13時〜23時(最終日は17時まで)

                     

                     

                    【お問い合わせ】バセットカフェ

                    広島市西区己斐本町1丁目9-25-1

                    082-275-6400

                    ※ワンコ同伴可能です

                     

                     

                     

                    「いのちの教室」開催校募集中

                    DSC_0376.JPG

                    SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

                    広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

                    動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

                     

                    NPO法人SPICA

                    メール:info@npo-spica.com

                    お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

                     

                     

                    猫の飼い主さん募集中
                    どんな猫にもセカンドチャンスを!
                    たくさんの猫たちが新しい家族を待っています。詳しくはこちら。
                    0511e.jpg


                    西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
                    スピカちゃん

                     ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
                    購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)

                     

                     



                    SPICA@LINEできました
                    LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
                    こちらからご登録ください。


                    会員様募集中
                    SPICAの活動を応援してくださる会員様を募集しています。
                    賛助会員 3,000円〜
                    正会員  8,000円〜
                    くわしくはこちらをご覧ください。

                     

                     

                    posted by: npo-spica | いのちの教室 | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    いのちの教室 in 広島市立幟町小学校
                    0

                      広島市立幟町小学校にて、本格的にはSPICAも初めてとなる、小学校での「いのちの教室」が行われました。

                      対象は、5・6年生の約200名。普段、中学生用に使っているスライドを少し修正して臨みました。

                       

                      S__122798082.jpg

                       

                      幟町小学校から連絡をいただいた時、担当の先生から「子供たちがいのちの教室を見つけてきて、お話を聞きたいということになりました」と伺いました。うれしいなぁと思いつつも、中学生の兄弟のいる子が、「ぼくたちも!」という話になったのかな、と思っていました。

                      ところがこの日、学校に着いて、校長先生から詳しいお話を聞くと、話はそんな単純なものではなかったのです。

                       

                      「いのちの教室」を提案してくれたのは、6年生の女の子でした。

                      私はその子のことをよく覚えていて、校長室で出迎えてくれた時、一目見て気が付きました。

                      4月のLUSH広島本通り店でのイベントで、「動物が大好き」と話してくれ、LUSHでの「いのちの教室」を聞いてくれた子でした。

                       

                      彼女は、動物たちの現状を知り、「どうしてもこれは、みんなに伝えたい!」と思ったそうです。すぐにお友達と一緒に校長室に行き、校長先生に「いのちの教室」の開催をお願いしたそうです。

                      ですが、校長先生は一度でOKを出してくれるわけはありません。

                      どんな内容なのか、どんな団体なのか、何もわからない話を、学校で子供たちに聞かせるわけにはいかないからです。

                       

                      校長先生は、子供たちに「企画書」を作るように伝えたそうです。

                      彼らは、LUSHのイベントで持ち帰った資料をもとに、3人の仲間で企画書を作り、4か月もの間、何度も校長室に行っては、校長先生に掛け合ってくれました。そしてようやく彼らの思いが通じ、この日を迎えることができたそうです。

                       

                      こんなにうれしいことがあるでしょうか。

                       

                      「いのちの教室」をはじめて5年。

                      一人でも、二人でも、動物の現状に耳を傾けてくれるひとには、懸命に動物たちの声を伝えてきました。それでも、かわいそうな話は聞きたくない、となかなか現実に向き合ってもらえない状況は今も続いています。

                      目の前にいる動物を救うことも大切だけれど、教育こそが最も必要な活動であると決めて立ち上げたSPICAですが、こうした「草の根活動」の限界を思い知ることもあり、活動の意味や展望に自信を無くすこともありました。

                       

                      しかし、これまで地道に取り組んできた種まきが、こんなにかわいらしく、そして力強い芽を出してくれるなんて。

                      そして、いつもSPICAの活動を支えてくれるLUSHでの出会いが、こんなにも大きく形あるものになるなんて。

                       

                      偶然の出会いから、こうして200人の子供たちの心へ、ちゃんと動物たちの声、届けました。

                       

                      20170929広島市立幟町小学校_171003_0006.jpg

                       

                      この日、校長室への出迎えから、会場への案内、司会進行、はじめのあいさつ、経緯の説明、おわりの言葉、すべて子供たちが、先生方の手を借りることなく、行ってくれました。

                       

                      お話しの途中、最後の質問タイムにも、子供たちの印象的な発言がたくさんありました。

                       

                      20170929広島市立幟町小学校_171003_0004.jpg

                       

                      「ペットはあなたにとってどんな存在ですか?」

                      かけがえのない存在。決して離れたくない存在。思いがこみ上げてきて、言葉を詰まらせながら、話してくれました。

                       

                      残念ながら、家庭の事情で、飼っていた犬とお別れしてしまった少年。とてもつらかった思いを、みんなの前で発表してくれました。

                       

                      保護犬を引き取った知人がとても苦労している姿を見たとき、なぜだろう?と思った女の子。「いのちの教室」を聞いて、動物たちがどんな思いで育ってきたのか、を知った今は、その状況がとても良く分かりました。と話してくれました。

                       

                      この日、彼らが設定した「めあて」は、「動物の現状を知り、自分たちに何ができるか考える」というものでした。

                      小学6年生が、自分たちで設定した目標です。

                       

                      6年生の3人で考た「自分にもできること」の第一歩が、この「いのちの教室」を開催することでした。

                      先生から与えられたものではなく、自分たちで考え、「何を学ぶか」を自分たちで選択し、そしてそれを実現した素晴らしい子供たちです。「悲しむ動物たちを救いたい」という彼らの思いが、この教室を成功させ、たくさんの仲間に、また考える機会を与えてくれました。

                       

                      そして約200名の子供たちが考える「自分にもできること」は、もうすぐ感想文として届くはずです。それらをひとつひとつ実現させていくのが、私たちの務めです。子供たちの思いに応え、若い世代の力を形にできるよう、これからも努力しようと思いを新たにすることができました。

                       

                      幟町小学校のみなさん、本当にありがとうございました!

                      みなさんと一緒に活動できるのを楽しみにしています。

                       

                       

                       

                       

                      「いのちの教室」開催校募集中

                      DSC_0376.JPG

                      SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

                      広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

                      動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

                       

                      NPO法人SPICA

                      メール:info@npo-spica.com

                      お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

                       

                       

                      猫の飼い主さん募集中
                      どんな猫にもセカンドチャンスを!
                      たくさんの猫たちが新しい家族を待っています。詳しくはこちら。
                      0511e.jpg


                      西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
                      スピカちゃん

                       ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
                      購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)



                      SPICA@LINEできました
                      LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
                      こちらからご登録ください。


                      会員様募集中
                      SPICAの活動を応援してくださる会員様を募集しています。
                      賛助会員 3,000円〜
                      正会員  8,000円〜
                      くわしくはこちらをご覧ください。


                       

                      posted by: npo-spica | いのちの教室 | 21:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |