Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM
いのちの教室 in 広島市立五日市中学校
0

    11月は、一番「いのちの教室」が多い月です。

    今月8件中、2件目は、広島市立五日市中学校。2016年に全校生徒で実施していただき、その翌年からは毎年1年生に、お話を聞いてもらっています。

     

    元気の良い生徒さんたち、講義の中での問いかけにも、元気に答えてくれました。

    そしてやはり印象的なのは、「野良猫の多さ」です。

     

    20191110_191110_0002.jpg

     

    広島市内(中心部)では、野良犬を見ることはなくなりましたが、野良猫はとても多く、五日市にもやはり猫がたくさんいるようです。「いのちの教室」では、外で暮らす猫たちの厳しい生活についても話すことにしています。

     

    猫の繁殖力はとても強く、たくさんの子猫が生まれるけれど、その多くが成猫になる前に命を落としてしまいます。また、暑さ・寒さをしのがなければならず、昨日ご飯をくれた人が今日もくれるとは限らない。病気が蔓延し、車にひかれたり、カラスなどの天敵に襲われたり、外での暮らしには、一つもいいことはありません。

     

    最近よく伝えているのが、ロードキル(車にひかれる)の数です。

    たしかに、猫が轢かれている姿を見ることがありますが、実にこれが、殺処分数の8倍にのぼります。

    ここで考えてほしいのは、飼い主のいない野良猫ばかりが轢かれているわけではない、ということです。大切に飼われていても、外に出してしまえば、車に轢かれる可能性はどんな猫にも等しくあります。

    どうか、猫は室内飼育を徹底し、脱走対策もしっかり、そして忘れてはいけないのは、猫が喜ぶ工夫を家の中でしっかりとしてあげてほしいと思います。それが猫と暮らす飼い主の努めだからです。

     

    少し短めの45分、最後のほうは駆け足になってしまいましたが、生徒さんはみんな、しっかり話を聞いてくれました。生徒代表の男の子からは、「今日聞いた話を忘れずに行動したい」という挨拶をしてもらいました。

     

    20191110_191110_0008.jpg

     

    「いのちの教室」を始めて5年。

    動物たちの声を届けようと、たくさんの学校に行きました。

    確かに5年前に比べて、殺処分の数は減り、動物愛護の気運は高まっているように感じます。しかしその一方で、悪質な繁殖業者の存在は後を絶たず、動物を守るための動物愛護法改正も難航。野良犬野良猫への無責任なえさやり、多頭飼育崩壊、保護施設における虐待、犬や猫に限っても、挙げればきりがないほどの問題が起きています。

     

    上に挙げたようなことは、大きな問題のように感じますが、一人一人が正しい知識を持っていれば、多くの場合が防ぐことのできる問題です。1時間では伝えきれませんが、「いのちの教室」がその知識を得るきっかけになってくれればと願っています。

    そして、「かわいい」というたった一つの視点でしか語られることのない犬や猫について、私たちはもうそろそろ、成熟した向き合い方を身につけるべきだと思います。それがひいては、動物たちを守ることにつながっていくからです。

     

     

     

    「いのちの教室」開催校募集中

    DSC_0376.JPG

    SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

    広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

    動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

     

    NPO法人SPICA

    メール:info@npo-spica.com

    お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

     

     

    西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
    スピカちゃん

     ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
    購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)

     

    SPICA@LINEできました
    LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
    こちらからご登録ください。

     

    中高生による動物について考える学校"High-Five"

    年3回、子どもたちが企画したイベントを開催しています!一緒に勉強したり、楽しみながら動物のことを学べるイベントです。ぜひフォローしてくださいね。

    ”High-Five” Twitter

     

     

     

     

    posted by: npo-spica | いのちの教室 | 15:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    いのちの教室 in 広島市立戸坂中学校
    0

      11月最初の「いのちの教室」は、広島市立戸坂中学校でした。

      3年前、いろいろな質問・難問をぶつけてくれた思いでの戸坂中学校。今回も生徒のみなさんとの交流を楽しみに向かいました。

       

      IMG_2905.JPG

       

      講義の中で、いつもどおり色々な質問をしていきます。

      特に全校生徒が体育館に揃うような時は、答えが分かっていても、なかなか答えてくれる生徒さんはいません。思春期の子どもたちのこと、当然です。

       

      IMG_2889.JPG

       

      ですが、戸坂中学校のみなさんは、私のする一つ一つの質問に、とても真剣に考えてくれている様子。つい答えが出るのを待っていると、あちこちで手を挙げて答えてくれる子どもたちがいました。

       

      IMG_2899.JPG

       

      こうして珍しく生徒のみなさんと交流していく中で、少し脱線したりしながら、あっという間の60分でした。

       

      そして前回に続き、質問タイム。

      一人目の生徒さんは、「小学生のころ、近所に明らかに幸せそうではない犬がいた。どうしたらよかったのか」という質問。大人でもとても難しい問題ですよね…。講義を聞いて、その犬のことを思い出してくれたのだと思います。

      実際に現場を見ないと何とも言えませんが、こういう時は、管轄の動物愛護センターに相談したり、緊急を要する時は警察へ、という対応が考えられると思います。

       

      そのあとも質問はどんどん続き…

      私がいつか話したい!と思っていた質問がここで出てきました。

      「将来、カワウソを飼いたいんですが、どう思いますか?」

      今思えば、「どう思うか?」を聞いたということは、その生徒さんは自分の中でも何か引っかかるものがあったのかもしれません。

      もちろん、答えは「NO、反対」です。

       

      テレビの影響もあって、珍しい動物、かわいい動物と一緒に暮らしたい!という気持ちは十分理解できます。

      私は2つの点について話しました。

      一つは、もし万が一、家でカワウソを飼えたとして、病気になったら診てくれる獣医さんがいるのかどうか、ということ。カワウソに限らず、珍しい動物をペットとして飼うということは、よほどの覚悟がないと、飼い主としての責任をまっとうするのはとても難しいことです。飼い主はうれしくても、カワウソに本当に必要な環境を整えてあげることができないのであれば、やはり家に連れてくるべきではないと思います。

       

      もう一つは、カワウソの密漁についてです。

      アジアの国々から法律の目をかいくぐって連れてこられたコツメカワウソ。現地で数万円で手に入れて、めちゃくちゃな方法で運ばれるため、日本にたどり着く前に多くのカワウソが命を落とします。それでも日本では、現地の十倍以上の値が付く。違法な商売であっても、「売れている」のが現状です。

      あなたがその1頭を手に入れることで、「もっと売ってやろう」とする人が増え、「もっと捕まえてやろう」とする人が現れます。もしもその1頭を大切に育てたとしても、そのあとには犠牲になる何十倍の命があることを知ってもらえたらと思います。

       

      講義を聞いてくれた子どもたちが、殺処分される動物や繁殖業者で苦しむ動物たちの声に耳を傾け、彼らの苦しみや絶望を想像してくれることを願うばかりです。

       

       

      「いのちの教室」開催校募集中

      DSC_0376.JPG

      SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

      広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

      動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

       

      NPO法人SPICA

      メール:info@npo-spica.com

      お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

       

       

      西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
      スピカちゃん

       ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
      購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)

       

      SPICA@LINEできました
      LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
      こちらからご登録ください。

       

      中高生による動物について考える学校"High-Five"

      年3回、子どもたちが企画したイベントを開催しています!一緒に勉強したり、楽しみながら動物のことを学べるイベントです。ぜひフォローしてくださいね。

      ”High-Five” Twitter

       

       

       

      posted by: npo-spica | いのちの教室 | 20:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      いのちの教室 in 広島市立大洲中学校
      0

        3年ぶりに、広島市立大洲中学校で「いのちの教室」お話をさせていただきました。

        全校生徒約450名と、保護者のかたもちらほら。体育館いっぱいのみなさんへのお話しでした。

         

        CIMG1477.JPG

         

        元気いっぱいの大洲中学校のみなさん、いろいろな質問にも全力アンサー。

        とても楽しくお話しすることができました。

        野良犬を見たことがあると手を挙げてくれた生徒もいて、「え〜!?どこで??」と…(笑)

         

        CIMG1473.JPG

         

        それでもやはり、殺処分の場面、パピーミルのお話しでは、その明るさも消え、みんなじっと画面を見つめていました。

        自分たちの身近な犬や猫が、こんな風に処分されていること、お店で売られるかわいい子犬や子猫がこうして「生産」されていること、驚いたことがたくさんあったのだと思います。

         

        CIMG1474.JPG

         

        お話のあと、生徒代表の女の子が、「かわいそう、という言葉では表せない気持ち」とあいさつしてくれました。

        動物たちの気持ちがちゃんと伝わった、と感じる瞬間です。

         

        「かわいそう」

        確かに私もかつてはそう思っていたし、多くの人がそう感じるのも無理はありません。

        ですが、「かわいそう」という言葉は、どこか他人ごとで、自分とは距離のある言葉だと感じます。

         

        「愛の反対は、憎しみではなく、無関心である」

        マザーテレサの言葉です。

         

        「いのちの教室」では、「かわいそうだったね」で終わらせるのではなく、「自分には何ができるか」という所まで考えてもらうことを目標にしています。どんな問題でも、自分のことに置き換え、当事者の気持になって行動につなげていく力が求められていると感じます。

         

        動物たちの声をしっかりと受け止めてくれた中学生のみんなが、どんなアクションを起こすか、楽しみに見守ろうと思います。

         

         

        「いのちの教室」開催校募集中

        DSC_0376.JPG

        SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

        広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

        動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

         

        NPO法人SPICA

        メール:info@npo-spica.com

        お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

         

         

        西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
        スピカちゃん

         ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
        購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)

         

        SPICA@LINEできました
        LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
        こちらからご登録ください。

         

        中高生による動物について考える学校"High-Five"

        年3回、子どもたちが企画したイベントを開催しています!一緒に勉強したり、楽しみながら動物のことを学べるイベントです。ぜひフォローしてくださいね。

        ”High-Five” Twitter

        posted by: npo-spica | いのちの教室 | 20:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        いのちの教室 in 三次市立十日市中学校
        0

          これまで「いのちの教室」では、広島市外でもいろいろな場所に呼んでいただきましたが、この度はじめての三次での開催になりました。事前の打ち合わせから、PTA・保護者の方に丁寧に準備をしていただきました。こうして保護者の方からの依頼が増えるのは、とてもうれしいことです。

           

          IMG_2802.JPG

           

          講義のとき、いつもどおりいくつかの質問を投げかけたのですが、十日市中のみなさんは手を挙げて大きな声で答えてくれました。なかなか全校生徒の前で発表するのは難しいものですが、普段からこうして自分の意見を発表されているそうです。

          こうして生徒さんとのコミュニケーションを取れたことも嬉しかったですし、みなさん真剣に話を聞いてくれたので、とても話しやすかったです。

           

          IMG_2774.JPG

           

          その地域ごとに、犬や猫の状況が変わってくるのですが、驚いたのは、三次ではあまり野良猫が多くない、ということでした。保護者の方とのお話の中でも、「野良猫はあまり見ない」とのこと。ただ、飼い猫との区別がつかないから分からない、という理由もあるようです。

           

          IMG_2793.JPG

           

          講義のスライドが足りなくて、手間取ってしまった時間もあったのですが、その間も生徒さんはじっと待っていてくれて、最後まで集中が切れることなく、話を聞いてくれました。

          生徒代表の挨拶や、きれいな花束を二つもいただき、帰りには先生方や保護者のみなさまに見送りもしていただきました。

          学校全体で、とてもあたたかく迎えてくださり、動物たちの声に耳を傾けてくださったこと、心から感謝です。

           

          IMG_2799.JPG

           

          「いのちの教室」は、広島県内ならどこへでもまいります。

          中学校・高校での開催が多いですが、小学校高学年のみなさんにも聞いていただける内容だと思います。もっともっとたくさんの学校に行き、動物たちの現状を知らせたいと思っていますので、ぜひお声掛けください。

           

           

          「いのちの教室」開催校募集中

          DSC_0376.JPG

          SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

          広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

          動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

           

          NPO法人SPICA

          メール:info@npo-spica.com

          お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

           

           

          西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
          スピカちゃん

           ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
          購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)

           

          SPICA@LINEできました
          LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
          こちらからご登録ください。

           

          中高生による動物について考える学校"High-Five"

          年3回、子どもたちが企画したイベントを開催しています!一緒に勉強したり、楽しみながら動物のことを学べるイベントです。ぜひフォローしてくださいね。

          ”High-Five” Twitter

          posted by: npo-spica | いのちの教室 | 21:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          いのちの教室 in 広島県瀬戸内高等学校
          0

            いよいよ「いのちの教室」シーズンに入りました。

            学校は、4月から秋までは何かと行事が立て込んでいて、9月後半〜11月にかけて、少し落ち着いて時間が取れるようになります。それに合わせて、「いのちの教室」開催も立て込んできて、11月にはすでに6件の予定が入っています。

             

            まずは瀬戸内高校

            今年も2年生のみなさんにお話しさせてもらいました。

            瀬戸内高校は、とても生徒数の多いマンモス校なので、こんな感じで後ろのほうまでいっぱいです。

             

            2019.9.11 瀬戸内高校 いのちの教室_190916_0010.jpg

             

            どこの学校でもそうですが、いただいた50分1コマ、息継ぎの間も惜しいくらい、聞いてほしいことがたくさんあります。愛護センターのこと、殺処分のこと、ペットビジネスのこと、そして「私たちにできること」。

            本当はもっと色々とありますが、それでもなんとか1コマ分にキチキチと入れ込んでいます。

            毎回、「もうちょっと内容をすっきりさせたほうがいい」と思いつつも、どの部分も削ることができず、今の内容に落ち着いています。

             

            ということで、最近は、内容をどうこうするのは半ばあきらめていて、とにかく、人に届く話をしようと思っています。動物たちの写真そのものが訴えかけるのはもちろんですが、私の思いがそれに乗っていなければ、大事なことが伝わりません。だから、「時間内に」はもちろん必死に守っているのですが、それでもひとつひとつのことを丁寧に伝えたいと思っています。

            瀬戸内高校のみんなは、とても静かに、真剣に話を聞いてくれました。

             

            2019.9.11 瀬戸内高校 いのちの教室_190916_0014.jpg

             

            講義のあと、昨年、教科担当をしていたクラスの生徒たちが集まってくれました。(昨年度まで勤務校でした)半年ぶりの彼女たちは、相変わらず笑顔がかわいくて、お世辞でも「会いたかったよー」と言ってもらえるのはとっても嬉しいことでした。

             

            そして瀬戸内高校のすごい所はその行動力。

            数日後、電話やLINEで、「講義に来てくれてありがとう」、「ボランティアにはどうやって参加すればいいのですか」といった問い合わせが数件、生徒から直接ありました。

             

            私が期待しているのは、この若いパワーです。

            問い合わせをしてくれた女の子は、「変えたいんです」と明確に、意思を伝えてくれました。

            私も変えたいです!!

             

            正直、ボランティアでここまでいろいろやるのは、本当にしんどい時もあります。

            ですが、こうして若い子たちが、「一緒に頑張る」と言ってくれるからこそ、この活動が続けられています。

            High-Fiveのメンバーも増えました。まだまだへこたれず、頑張っていきますよ!

             

            メディア情報

            2019年9月19日(木)11時半〜12時

            NHK中国地方「ひるまえ直送便」に出演します。

            9月20日から始まる動物愛護週間に向けて、動物たちの現状などをお話しします。

            https://www4.nhk.or.jp/P3121/

             

            2019年9月21日(土)13時半〜17時(再放送 午前1時15分〜4時45分)

            NHK BS 「家族になろうよ」に、子どもたちとのボランティアの様子や、SPICA卒業猫たちのいま、などが放送される予定です。

            https://www4.nhk.or.jp/kazoku-n/

             

            ぜひ見てくださいね!

             

            こちらは2019年9月15日の中国新聞朝刊

            S__206479363.jpg

            High-Fiveの特集記事です

             

            「いのちの教室」開催校募集中

            DSC_0376.JPG

            SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

            広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

            動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

             

            NPO法人SPICA

            メール:info@npo-spica.com

            お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

             

             

            西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
            スピカちゃん

             ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
            購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)

             

            SPICA@LINEできました
            LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
            こちらからご登録ください。

             

            中高生による動物について考える学校"High-Five"

            年3回、子どもたちが企画したイベントを開催しています!一緒に勉強したり、楽しみながら動物のことを学べるイベントです。ぜひフォローしてくださいね。

            ”High-Five” Twitter

             

            "High-Five" Instagram

             

             

            posted by: npo-spica | いのちの教室 | 14:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            いのちの教室 in ジョイナス中島店
            0

              夏休みということで、普段はあまり接することがない、小学生の子どもたちに、動物のお話をしてきました。対象は1年生〜4年生普段、中学校や高校で話しているものとは違う内容を考えて行きました。

               

              前半は、「ある犬のお話し」を一緒に読んで、犬の気持ち、飼い主の少年の気持ち、殺処分器のボタンを押す職員さんの気持ちをそれぞれ考えました。いろいろな立場で考えることで、単に「かわいそう」という感想だけに終わらせないように工夫したつもりです。

               

              20190808_190817_0012.jpg

               

              その後、動物と一緒に暮らすことについて、どんなお世話が必要か、犬や猫の気持になって考えました。

              子どもたちは、イラストを見ながら、すいすい答えてくれました。

               

              S__202620932.jpg

               

              前半、しっかりお勉強をしてくれたので、後半は動物クイズで盛り上がりました。

              小学生のパワーは想像以上で(笑)

              正解者へのプレゼントとかもなく、普通のシールに肉球スタンプを押しただけのものを配っただけでしたが、全力で取り組んでくれました。正解できなくて泣いてしまう女の子がいたり、早く正解が知りたくてうずうずする子がいたり…。子どもというのは何事も一生懸命で、かわいらしいなぁとほのぼのしました。

               

              S__202620934.jpg

               

              あっという間の90分でしたが、最後にプレゼントをいただきました。

               

              20190808_190817_0017.jpg

               

              女の子がこっそりと「これは特別な日にしかもらえんのんよ」と教えてくれました。

              素敵な感謝状もいただき、とても楽しく、パワーを充電してもらったような時間でした!

               

              S__202620930.jpg

               

              S__202620931.jpg

               

              普段、高校生と一緒に過ごすことが多いため、小学生向けの「いのちの教室」には、まだまだ改良の余地ありです。

              ただ、小さなころから、その成長段階に合った、動物福祉の勉強をしていくことができたら、大人になってから動物にまつわる問題に陥ることも防げるのではないかと思います。

               

               

              「いのちの教室」開催校募集中

              DSC_0376.JPG

              SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

              広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

              動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

               

              NPO法人SPICA

              メール:info@npo-spica.com

              お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

               

               

              西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
              スピカちゃん

               ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
              購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)

               

               



              SPICA@LINEできました
              LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
              こちらからご登録ください。

               

              中高生による動物について考える学校"High-Five"

              年3回、子どもたちが企画したイベントを開催しています!一緒に勉強したり、楽しみながら動物のことを学べるイベントです。ぜひフォローしてくださいね。

              ”High-Five” Twitter

               

              "High-Five" Instagram

              posted by: npo-spica | いのちの教室 | 11:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              いのちの教室 in ヒューマンキャンパス高等学校
              0

                何かとご報告が遅くなっております…。

                まずは7月末の「いのちの教室」

                今回で2回目の、ヒューマンキャンパス高等学校での開催でした。

                 

                2019.7.30 ヒューマンキャンパス高等学校_190810_0013.jpg

                 

                最初のご縁は、こちらの先生が猫を迎えてくださったことで、それから生徒さんたちにもお話をする機会をいただくようになりました。今では「家族の一員」となった猫たちのお話も伺いながら、動物たちの現状もお伝えしてきました。

                 

                2019.7.30 ヒューマンキャンパス高等学校_190810_0016.jpg

                 

                「ペットを飼っている」と答えてくれた生徒さんはそんなに多くありませんでしたが、みなさん、真剣に最後まで聞いてくれました。

                 

                実際に家に犬や猫がいなくても、彼らは今、私たちのとても身近な存在になりました。

                テレビでも、犬や猫の癒し動画、おもしろ動画などを見ない日はありません。

                 

                しかし、本当にこれが動物に対する正しい扱い方なのか、正しい向き合い方なのか、私たちはもっと真剣に考えるべきではないでしょうか。命があり、感情を持った動物たちに対して、言葉を話さないという理由で、生物そのものとしての尊厳を守らない扱い方は、いつまで続くのか。

                私たち自身が早くこの現実に気づき、改善していかなくてはいけませんね。

                 

                 

                「いのちの教室」開催校募集中

                DSC_0376.JPG

                SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

                広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

                動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

                 

                NPO法人SPICA

                メール:info@npo-spica.com

                お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

                 

                 

                西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
                スピカちゃん

                 ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
                購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)

                 

                 



                SPICA@LINEできました
                LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
                こちらからご登録ください。

                 

                中高生による動物について考える学校"High-Five"

                年3回、子どもたちが企画したイベントを開催しています!一緒に勉強したり、楽しみながら動物のことを学べるイベントです。ぜひフォローしてくださいね。

                ”High-Five” Twitter

                 

                "High-Five" Instagram

                 

                posted by: npo-spica | いのちの教室 | 17:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                いのちの教室 in KTCおおぞら高等学校
                0

                  今年もKTCおおぞら高等学校にて、1年生に「いのちの教室」を聞いていただきました。毎年、たくさんの生徒さんにお話を聞いてもらい、ボランティアにも来てくれる生徒さんが増えました。

                   

                  普段は、体育館などの大きな会場でお話しすることが多いのですが、KTCでは少し広めの教室を用意していただき、生徒さんたちと近い距離でお話しすることができました。

                   

                  2019.7.5 KTC いのちの教室_190714_0019.jpg

                   

                  いつもお話しの中では、たくさんの質問を投げかけているのですが、今回はすごく詳しい生徒さんがいて、びっくりしました。他にも、自分の意見を伝えてくれたり、知らなかった〜と感想を述べてくれたり。

                   

                  2019.7.5 KTC いのちの教室_190714_0030.jpg

                   

                  講義が終わった後も、数名の女の子が集まってくれて、飼っている犬を保護した経緯や、ボランティアに参加したい、うちの猫がかわいすぎる…などなど、いろんなお話をしてくれました。

                   

                  2019.7.5 KTC いのちの教室_190714_0014.jpg

                   

                  動物は、こうして人間と人間を結び付けてくれる、とっても優しいキーワードなんですよね。本当は。

                  私も、もっと動物たちの素晴らしいところや、一緒に暮らすことの楽しさなどを話せたらいいなぁといつも思うのですが、残念な現状を伝えるだけでも、50分では足りないくらいです。

                   

                  こんな状況が1日でも早く終わるように、まだまだ頑張らないといけませんね。

                   

                   

                  さて、講義のあと、生徒さんたちが書いてくれた感想が届きました。

                  熱い想いがいっぱい書かれてありましたが、一部だけ抜粋します。

                   

                  ・殺処分がゼロになっても、その裏に何千匹もの保護をしている人もいて、簡単に動物を買うのではなく、ちゃんと考えて飼わないといけないと改めて思いました。

                  ・今日の話を聞いて、見方が変わった。今までの行動がいかに無責任か知った。これからは本当の動物たちの現状をきちんと頭の中に入れておいて、動物たちのことを思って、適した接し方をしていきたい。

                  ・今日の講義を受けて、人は簡単に動物を殺せるし、そういう動物を救えるのも人なんだなと思った。

                  ・かわいそう、という単語がエゴだと分かった。

                  ・犬や猫たちが悪いわけではなく、人間の責任感が足りないと感じました。

                  ・動物たちは単にかわいいだけではないと知ったので、今一緒に暮らしている子を、大切に、相手のことを考えて接していきたいです。

                  ・動物たちを捨てることが犯罪、ってことが勉強になりました。

                  ・はやりでごまかされるものではないなと思いました。

                  ・飼う時にはたくさん愛情をそそごうと思った。

                  ・人間にはまだまだできることがたくさんあると思った。

                  ・もし飼うなら、店だけではなく、保護施設なども見てみたい。

                   

                   

                  動物たちの現状をしっかりと理解してくれた彼らが、いつか動物を迎えるとき、道端で子猫の鳴き声を聞いたとき、お店に売られる子犬を目にしたとき、「いのちの教室」を思い出してくれることを祈っています。

                   

                   

                   

                  中高生による動物について考える学校〜2学期〜

                   

                  日時:2019年8月4日(日)

                     13:30〜16:30

                   

                  場所:広島県社会福祉会館

                     (広島市南区比治山本町12-2)

                     ※駐車場はありませんので、近隣のコインパーキングをご利用になるか、公共交通機関でお越しください。

                   

                  対象:小・中・高校生とその保護者

                   

                  入場:無料

                   

                  今回のテーマは「災害とペット」

                  いざという時、飼い主として責任ある行動をとるには!?

                  普段からの備えと、実際に避難したあと必要な行動などについて、福山市「りっか動物病院」の大山拓先生に教えていただきます。

                   

                  準備するのはもちろん、"High-Five"の楽しいメンバーたち。

                  大好評だった「動物クイズ」ももちろんありますよ!

                   

                  支援物資ご協力のお願い

                  会場では、広島県内の動物愛護センターに届ける支援物資を募集しています。

                  募集しているものは以下の通りです。ぜひご協力ください。

                  ・ペットシーツ(ワイド・厚手)

                  ・犬のおやつ

                  ・タオル

                  ・バスタオル

                  ・大判タオルケット

                  ・毛布(1枚合わせのもの)

                   

                   

                   

                  お問い合わせはこちらまで

                  NPO法人SPICA

                  info@npo-spica.com

                  posted by: npo-spica | いのちの教室 | 10:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  いのちの教室 in 広島市立長束中学校
                  0

                    今年度初めての、学校での「いのちの教室」は、広島市立長束中学校です。

                    全校生徒約400名のみなさんに、動物のお話を聞いてもらいました。

                     

                    年間、20校以上の学校を回るようになり、体育館での大規模なお話しにも慣れてきましたが、今回は驚いたことがありました。それは、体育館2階の手すりに大きな幕でした。(ちょっと暗いですが…)

                     

                    DSC07516.JPG

                     

                    かわいらしい犬と猫が描かれ、「歓迎」と書いてあります。

                    これは、今回「いのちの教室」を準備してくださった先生が美術を担当されていたとのことで、美術部の生徒さんが作ってくれたものでした。これだけのものを準備するには、時間はもちろんかかったでしょうし、大変だっただろうなぁと感激しつつ、美術部のみなさんにお礼を述べてから、お話を始めました。

                     

                    DSC07532.JPG

                     

                    長束中学校では、ペットを飼っていると手を挙げてくれた生徒さんがとても多くて、そのせいか、最後まで集中して聞いてくれていた気がします。

                     

                    じっと画面を見つめる子

                    うなずきながら聞いてくれる子

                    ただ茫然としてしまう子

                     

                    DSC07528.JPG

                     

                    どこの学校に行っても、反応は様々ですが、それぞれに大切なことを感じ取ってくれている気がします。子どもたちの感想文を読ませてもらっても、印象に残った部分は様々ですし、怒りを感じる部分や悲しくなる場面も、それぞれです。

                     

                    SPICAの「いのちの教室」は、「命を大切に」という言葉を使う代わりに、ただありのままの現実を子どもたちに提示します。「ほら、かわいそうでしょ」という誘導もありませんし、特定の見方を押し付けるものではありません。

                     

                    子どもたちに期待するのは、「今の現状を、自分ならどう変えるか」を考えてもらうことです。

                    「そんなこと言われても、自分には何もできない」

                    多くの生徒が、最初はそう思っていたはずです。

                    私自身もかつてはそう思っていました。

                    ですが、実際には、個々にできることはたくさんあるし、知るだけでも、考えて伝えることにも、意味があると思います。だから、「何もしない」という選択肢はあっても、「何もできない」ということはないと伝えています。

                     

                    DSC07536.JPG

                     

                    講義のあと、きれいな花束をいただき、先生方と一緒に写真を撮っていただきました。

                    とてもアットホームで素敵な長束中学校、本当にありがとうございました。

                    夏休みのボランティアにもぜひ参加してくださいね!

                     

                    DSC07537.JPG

                     

                     

                     

                    「いのちの教室」開催校募集中

                    DSC_0376.JPG

                    SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

                    広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

                    動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

                     

                    NPO法人SPICA

                    メール:info@npo-spica.com

                    お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

                     

                     

                    西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
                    スピカちゃん

                     ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
                    購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)

                     

                     



                    SPICA@LINEできました
                    LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
                    こちらからご登録ください。

                     

                    中高生による動物について考える学校"High-Five"

                    年3回、子どもたちが企画したイベントを開催しています!一緒に勉強したり、楽しみながら動物のことを学べるイベントです。ぜひフォローしてくださいね。

                    ”High-Five” Twitter

                     

                    "High-Five" Instagram

                    posted by: npo-spica | いのちの教室 | 17:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    いのちの教室〜カトリック幟町教会〜
                    0

                      今年度最初の「いのちの教室」は、広島市中区にある、カトリック幟町教会で開催していただきました。

                      以前、祇園の教会でもお話をさせていただいたことがあり、教会での開催は2度目です。今回は、信者さんの里親さんが企画してくださり、嬉しいご縁となりました。

                       

                      14161.jpg

                       

                      動物のお話をするとき、年齢層や性別、地域によって、興味や関心、問題点なども様々、異なってきます。

                      広島市内の町の中にある教会ということで、野良猫の問題や多頭飼育崩壊について、また繁殖業者の問題点など、幅広くお伝えしました。

                       

                      動物の話といえば、多くの人が、つい顔がほころぶ内容を想像してしまいますが、実際には、動物にまつわるあらゆる問題が、未解決のまま残されています。それらを一つひとつ解説し、写真をお見せしながらお話を進めていきました。動物が好きな方ほど、直視するのがつらい内容です。

                       

                      ですが、お越しくださったみなさま、目を背けることなく最後まで、動物の問題について、一緒に考えてくださいました。

                      最後に、支援物資のお申し出をいただいたり、一緒にボランティアに行ってみようとお声掛けくださったり、ご寄付もたくさんいただきました。

                       

                      14157.jpg

                       

                      SPICAは小さな動物愛護団体です。

                      大きなシェルターもなく、たくさんの動物を保護することもできません。もっとたくさんのことができれば、もっとたくさんの命を守ることができるのに、と思うこともあります。

                      ですが、動物の問題は、人間全体の、人間社会全体の問題です。

                      一部の愛護活動家だけで解決できるものではありません。

                      社会全体の意識改革が必要です。

                       

                      気が付いたときに、できる人が、できるだけ、できることをすればいいと思います。

                       

                      犬や猫を引き取ることだけが動物愛護ではありません。

                      現実を知ること

                      それを人に伝えること

                      今飼っている動物を最後まで大切にお世話すること

                      ボランティアに参加すること

                      支援物資を送ること

                      そして、動物にまつわる問題に、疑問・関心を持ち続けること

                       

                      無関心は時に暴力になり得る

                      動物の問題と関わるようになって、強く感じることです。

                       

                      これからも、「伝える」活動を通して、一人でも多くの方に、知り、考えてもらい、そして何か一歩、一緒に踏み出せればと思っています。厳しい現実に目を向けてくださったみなさま、ありがとうございました!心より感謝いたします!

                       

                      14164.jpg

                       

                       

                       

                      「いのちの教室」開催校募集中

                      DSC_0376.JPG

                      SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

                      広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

                      動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

                       

                      NPO法人SPICA

                      メール:info@npo-spica.com

                      お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

                       

                       

                      西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
                      スピカちゃん

                       ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
                      購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)

                       

                       



                      SPICA@LINEできました
                      LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
                      こちらからご登録ください。

                       

                       

                      ”High-Five” Twitter

                       

                      "High-Five" Instagram

                      posted by: npo-spica | いのちの教室 | 17:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |