Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM
広島県大雨災害を受けて
0

    この度の大雨災害の被害にあわれたみなさま、心よりお見舞い申し上げます。

    また現地での救援ボランティアに当たられているみなさまには、本当にありがとうございます。猛暑が続いておりますので、熱中症などに十分気を付けてください。

     

    たくさんの方から、お問い合わせをいただきましたSPICAの保護猫たちも、みな無事、元気に過ごしています。

    ご心配をおかけいたしました。

     

    今回の災害を受けて、ペットに関しての困りごとの相談窓口として、広島県動物救護本部が設置されています。

    ペットの一時預かり、行方不明についてなど、その他、ペットに関する相談はまずこちらの窓口へお願いいたします。

     

    広島市内 → 広島市動物管理センター(082-243-6058)

    呉市内 → 呉市動物愛護センター(0823-70-3711)

    福山市内 → 福山市動物愛護センター(084-970-1201)

    その他の市町 → 広島県動物愛護センター(0848-86-6511)

     

    現在、SPICAには、災害に関するペットのご相談はありません。

    広島市動物管理センターとも連携をとっていますが、一時預かりなどの要請はありません。

    ですので、SPICAとして支援物資を募ったり、救護に出向いたりということは、今のところありません。これから避難所での暮らしが長くなると、ご相談も増えてくるかと思いますので、その際にはまたみなさまにご報告いたします。


     

     

     

    「いのちの教室」開催校募集中

    DSC_0376.JPG

    SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

    広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

    動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

     

    NPO法人SPICA

    メール:info@npo-spica.com

    お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

     

     

    猫の飼い主さん募集中
    どんな猫にもセカンドチャンスを!
    たくさんの猫たちが新しい家族を待っています。詳しくはこちら。
    0511e.jpg


    西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
    スピカちゃん

     ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
    購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)

     

     



    SPICA@LINEできました
    LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
    こちらからご登録ください。

     

    posted by: npo-spica | NPO法人SPICA | 09:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    迷い猫を探しています〈広島市南区〉
    0

      広島市南区黄金山町の自宅から飼い猫が外に出てしまいました。

      これまで外に出たことがないので怯えて物陰に隠れていると思います。

      もし見かけられた方は、お手数ですが下記までご連絡いただければと思います。

       

      追いかけると逃げてしまうので、まずはご一報ください!

       

      maya02.jpg

       

      名前:マヤ(メス)5歳 

       

      体重:約4kg 避妊済

       

      特徴:キジ模様。

      家を出て1週間以上たつので、痩せているかもしれません。

      左耳がV字型に切れています。

      赤い首輪をしていましたが外れているかもしれません。

       

      野良猫が多いので見分けがつきにくいかもしれませんが、

      どんな小さな情報でもありがたいです。よろしくお願いいたします!

       

       

      山下:090-3744-0274 

      posted by: npo-spica | NPO法人SPICA | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      LUSH×SPICA チャリティーパーティー 2018 お礼
      0

        LUSH×SPICA、6回目となるチャリティーパーティーも大盛況でした。

        お越しいただいたみなさん、ありがとうございました!

         

        2日間で計4回の「いのちの教室〜広島県での動物たちの現状〜」には、たくさんの方が足を運んでくださいました。

        今回は、1週間前からお店の入り口に置いていただいた告知パネルを見て、わざわざお越しいただいた方や、HPなどの告知をみて「いのちの教室に合わせて来ました」と言ってくださった方も…。嬉しい限りです。

         

        S__8847370.jpg

         

        通りがかりに…という方にも椅子に座っていただき、広島のある意味ゆがんだ動物愛護の状況について聞いていただきました。30分という、話す側にとっては短い時間でしたが、みなさんとても熱心に聞いてくださいました。

         

        20180428 LUSHイベント_180504_0022.jpg

         

        「殺処分ゼロ」により、私たち県民の意識は、間違った方向に変わってしまいました。

        「もう殺されないんでしょ?」だったら「愛護センターに持ち込んでもOKよね」

        これでは広島はいつまでたっても良くなりません。

         

        こうして持ち込まれた年間数千頭という犬や猫を、手分けして受け止めているのは、大小さまざまな動物愛護団体とボランティアです。規模の違いはあれど、どの保護施設、どの個人ボランティアさんのおうちも、めいっぱい詰め込んで、限界を超えて保護されているのが現状です。

         

        動物にまつわる問題はさまざま、多岐にわたり、それぞれに深い闇を抱えていますが、どれ一つとして動物が引き起こした問題はありません。すべて、人間が引き起こした問題であり、その責任は人間にあります。

         

        殺処分ゼロという魔法の言葉に目がくらんではいけません。

        動物保護団体への「移動」に頼っているゼロでは、決して動物たちは幸せとは言えないからです。

         

        と、こんなお話でした。

        聞いてくださったみなさま、ありがとうございました!

         

        20180428 LUSHイベント_180504_0027.jpg

         

        今回は、SPICAの掲示物をLUSHさんが制作してくださいました。

         

        20180504_180504_0002.jpg

         

        20180504_180504_0003.jpg

         

        飼い主さん募集中の猫たちのかわいい写真も。

        イベントに参加してくれた高校生の言葉で、とても印象深いものがありました。

        パピーミルについて話していた時です。その高校生も、「飼うなら店で買うんじゃなくて、保護された猫にする」と言いました。「お金を出したからかわいいわけじゃないから」

         

        20180504_180504_0004.jpg

         

        かわいそうとか、助けたいとか、そんな気持ではなかったと思います。

        ただ、「愛情」について、こんなにシンプルに的を得た言葉って、ありそうでなかったなぁと感動しました。

        どうやらこれは、彼女のお母様の言葉だったようで、ちゃんと娘さんもその気持ちを受け継いでいて、素晴らしいなぁと思いました。

         

        こちらは缶バッジ製作の様子。

         

        20180504_180504_0011.jpg

         

        今回のアクティビティとして、大活躍でした。

        LUSHさんの「NO!動物実験」のバッジは、たくさんのお客様がバッグや帽子につけて帰られました。もちろんSPICA作成の犬やらね子やらかわいいデザインのものも。

         

        20180504_180504_0006.jpg

         

        なぜ缶バッジか?

        楽しいのはもちろんですが、バッジはつけているだけで「意思表示のツールになる」と考えたからです。会う人会う人に「私、動物を助けたいと思ってるんです。殺処分に反対してます。」と言って歩くわけにはいきません。ランチタイムや職場の同僚に、唐突にこんな話を向けることも難しいです。

         

        S__8847371.jpg

         

        ですが、缶バッジをさらっとつけておいて、「これ何?」と聞かれたら、お話をする。

        なかなかスマートですよね。

        動物愛護の嫌われるところは、「押しつけがましい」これはかなり高い割合であるかなと思います。

        確かにね、押し付けたいかもしれない…。

        だけど、逆に嫌われてしまったのでは意味がない。だからカッコよく、スマートに。これから広がるといいなぁと思っています。

         

        今回のイベントで、たくさんの素敵な出会いがありました。

        とにかくLUSHには若いお客さんが多い!

        「大学生?」→「高校生です」→「えー!!見えん…」というやり取りが何度も繰り返され…。

        すべての中高生に「いのちの教室」の売り込みをしておきました。「このパンフレット、学校の先生に渡してね」と。

        でもね、みんな「そういう話、聞いてみたい」って言ってくれましたよ。

        さあ、先生方!ご連絡をお待ちしております(笑)

         

        20180428 LUSHイベント_180504_0021.jpg

         

        ボランティアに参加したいと思っていた中学1年生の女の子&お母さまも来てくれました。

        将来は獣医さんです。

        こんなに若いうちから、単に犬や猫が好きと言うだけでなく、社会問題に目を向けられるというのは、素晴らしいおうちの教育だなぁと思います。また夏休みにお会いできるのを楽しみにしています!

         

        そしてこちらは進徳ボラOGたち。

         

        20180504_180504_0009.jpg

         

        呼びつけたわけでもないのに、ワラワラと集まってくるこの子たち。

        何も言わなくても、勝手にゴミを片付けたり、パンフレットを配ったり…。

        先生という仕事をしてよかったなぁとしみじみ感じたひと時でした。

         

        こちらは福山から駆けつけてくださった福山平成大学「猫部」のみなさん。

         

        20180428 LUSHイベント_180504_0017.jpg

         

        たまたま居合わせた広島経済大学「動物のかけがえのない命を守ろうプロジェクト」のリーダーと交流。大学生のパワーで、広島を変えていきたいと、ひっそりと企んでおります。

         

         

        猫たちの里親さんご家族もたくさんお越しいただきました。

        フラワーフェスティバルで運命の出会いを果たしたリゲル→宇宙君のご家族は、いつも色んなイベントに遊びに来てくれます。

         

        こちらは進徳の卒業生兼里親さん。これ以上ないくらい大切に大切に育ててくださってます。

         

        20180504_180504_0012.jpg

         

        ボランティアトリミングに興味を持ってくださったトリマーさんとの出会いも。

        さっそくセンターへの見学も終え、一緒に活動してもらえることになりました。

         

        20180428 LUSHイベント_180504_0008.jpg

         

        こうして書き出してみると、やっぱり大切なのは「人」

        人を動かさないと、動物をいくら動かしても、問題は解決しない。

        だから啓発、教育、地道にコツコツやるしかありません。

         

        怒涛の2日間。

        体中が吸い取ったLUSHのいい香りとともに、たくさんの収穫を手に。

        まだまだこれからも頑張ろう!と思えたチャリティーパーティーでした。


        最後になりましたが、チャリティーポットで寄付にご協力いただいたみなさま、ありがとうございました!猫たちのために大切に使わせていただきます!

         

        009.JPG

         

         

        「いのちの教室」開催校募集中

        DSC_0376.JPG

        SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

        広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

        動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

         

        NPO法人SPICA

        メール:info@npo-spica.com

        お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

         

         

        猫の飼い主さん募集中
        どんな猫にもセカンドチャンスを!
        たくさんの猫たちが新しい家族を待っています。詳しくはこちら。
        0511e.jpg


        西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
        スピカちゃん

         ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
        購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)

         

         



        SPICA@LINEできました
        LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
        こちらからご登録ください。

        posted by: npo-spica | イベント情報 | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        LUSH×SPICA チャリティパーティー のご案内
        0

          告知が遅くなってしまいました!

          今年もやります♡ LUSH×SPICAコラボイベント「チャリティーパーティー」

           

          もちろん、ミニいのちの教室も各日2回

          ぜひ遊びに来てくださいね!

           

          無題.jpg

           

          2018年4月28日(土)・29日(日)

          11:00〜17:00

           

          いのちの教室 13時と15時

          「広島県での動物たちの現状〜知ることからはじめませんか〜」

           

          S__8019976.jpg

           

          その他

          新しい家族を待っている動物の写真展示

          パネル展示

          缶バッジを作ろう! などの企画もありますよ。

           

          S__148496390.jpg

          サンプル缶バッジ

          ご自分でデザインを選んで作っていただくことができます。オリジナル手書きもOKですよ!

           

          そしていつもチャリティーパーティーでは、この日に買っていただいたチャリティポットの売り上げを、SPICAへの寄付として頂くことになっています。とっても気持ちいいクリームですので、お越しの際はぜひ試してみてくださいね。

           

          009.JPG

           

          それでは、連休最初の2日間、皆様とお会いできるのを楽しみにしております!

           

           

           

          「いのちの教室」開催校募集中

          DSC_0376.JPG

          SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

          広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

          動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

           

          NPO法人SPICA

          メール:info@npo-spica.com

          お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

           

           

          猫の飼い主さん募集中
          どんな猫にもセカンドチャンスを!
          たくさんの猫たちが新しい家族を待っています。詳しくはこちら。
          0511e.jpg


          西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
          スピカちゃん

           ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
          購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)

           

           



          SPICA@LINEできました
          LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
          こちらからご登録ください。

          posted by: npo-spica | イベント情報 | 14:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ヨガ教室&情操教育のおはなし〜こどもと動物〜ご案内
          0

            昨年度から始まったコラボ企画第3弾!

            今回はヨガ〜〜〜ハート

             

            ママのためのヨガ教室&情操教育のおはなし

            〜こどもと動物〜

            本当に心豊かなこどもに育てるためには

            ※ママのためとなってますが、女性ならどなたでもお申込みいただけます。

             

            S__10526728.jpg

             

            きらきらビューティーヨガレッスンきらきら

             インストラクター:seiko (ママフィットネス ミュルミュール)

             

            S__10526727.jpg

            現役3人の子育て中のパワフルママseiko先生

            楽しすぎて笑いすぎて、腹筋までついちゃうかも!?

            初心者の方でも安心してご参加いただけます。

             

            きこどもの情操教育と動物き

             講師:山下 育美(NPO法人SPICA)

             

            ikumi.JPG

            現役高校教師。英語教員歴17年、動物愛護活動歴10年。

            「犬を飼えば優しい子に育つ!?」そんなワケはありません。

            こどもと動物が一緒に心豊かに育つためには?皆さんと一緒に考えます。

             

            日時:2018年4月25日(水)

               10:00〜12:00

             

            場所:段原公民館1階 和室

              (広島市南区段原山崎2丁目7-4)

             

            参加費:1,000円

                 ※女性限定のイベントです。先着15名様。

                   ※お子様の同伴については、直接お問い合わせください

                   ※レッスンとお話しの間にお茶をご用意しております

             

            ヨガ・情操教育チラシ.jpg

             

            お申込み・お問い合わせ

            NPO法人SPICA

             

            Mail info@npo-spica.com

             お名前・お電話番号をご記入ください。

             パソコン(info@npo-spica.com)からのメールを受け取れるよう設定しておいてください。

             

            電話  082-894-8686

             電話に出ない場合は、留守番電話にお名前とお電話番号を残してください。折り返しかけなおします。

            posted by: npo-spica | イベント情報 | 15:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            春休み中高生動物ボランティア 第7弾 最終回
            0

              春休みボランティア最終回

              この日は呉市動物愛護センターでの活動です。

               

              参加してくれたのは、広島県瀬戸内高等学校、進徳女子高等学校、広島市立戸坂中学校、広島市立瀬野川東中学校から15名の生徒たちです。

               

              そして本日も快晴

              桜は満開でした。

               

              20180331_180401_0010.jpg

               

              まずは自己紹介と最初の注意事項

              この日はSPICAのスタッフが少なかったので、広島経済大学「動物のかけがえのない命を守ろうプロジェクト」の学生たちにもサポートしてもらいました。

               

              _MG_5344.JPG

               

              お話しが終わったら、施設を見学します。

              増本さんには、もうこれまで何度もお話をしてもらっています。

              呉やセンターの現状だけでなく、犬のことについても丁寧に教えてくださいます。

               

              _MG_5350.JPG

               

              「本当は、僕らのようなボランティアが必要なくなるのが一番良い」

              いつもこの言葉を聞きながら、もう10年来変わらない現状を変えていくにはどうしたらいいか、考えています。

               

               

              お話が終わったら、まずは全員で散歩に行きます。

               

              _MG_5369.JPG

               

              呉のセンターは、広島と違って、敷地がとても広く、車の往来がないので、少しリラックスして散歩ができます。

               

               

               

              今回一番よくとれてるいい写真だなぁと思うのがこれ。

              桜を背景に、大学生が中学生に犬のことをお話しているところです。

               

              _MG_5376.JPG

               

              この体験ボランティアはもちろん、「犬猫のために活動する」を目的としているのですが、ほかにも教育的効果がいっぱいあります。その一つが、こうして世代間で交流し、協力することです。

               

              _MG_5387.JPG

               

              大学生にとっては、子どもたちに教えるためにも、自分たちの知識や経験をしっかり確立しておく必要があるし、子どもにとっては、年齢の近い大学生をちょっとカッコよく思ったりするものです。こうした経験を通して、人としても成長していってもらえたらうれしいです。

               

              _MG_5390.JPG

               

              今日も前のめりなハイパーワンコ

               

              _MG_5379.JPG

               

              まったりと春を楽しむ老犬さん

              珍しく、今日は男の子も参加してくれましたよ!

              何時間もかけて、自力で呉センターにたどり着いたViva!中学生

               

              散歩でリフレッシュしたあとは、いつもどおり、グループに分かれての作業に入ります。

               

               

              本日もしっかりお掃除。

               

              _MG_5407.JPG

               

              この日は、いつものSPICAスタッフが仕事で来れなかったこともあり、大学生に任せる形になりました。

               

              _MG_5450.JPG

               

              普段のボランティアさんは、人数が少ないと、犬の散歩だけでもかなりの時間をとられてしまいます。

              こうして人数がたくさんそろったときには、隅々まで丁寧にお掃除をしておきます。

               

              _MG_5434.JPG

               

              こちらは、冬休みから始めた、小動物の小屋お掃除グループ

               

              _MG_5404.JPG

               

              なんだかんだで、ここが一番、手間と時間がかかります。

               

              _MG_5454.JPG

               

              生徒たちは、モルモットやウサギなど、想定していなかったようで、うれしい子とどうしていいか分からない子が半々のようです。

               

              _MG_5408.JPG

               

              中に敷いてあるプラスチックの板は、糞尿でかなり汚れてしまっているので、外に出てきれいに洗います。

               

              _MG_5460.JPG

               

              小さなスペースで暮らしているからこそ、できるだけ清潔な環境を作ってあげたいですよね。

               

               

              子犬の体拭きグループ

               

              _MG_5437.JPG

               

              この日も小さな子犬が何匹もいました。

               

              _MG_5427.JPG

               

              確かにこのお仕事は楽しいのですが、これをずっと続けていると、子犬たちが疲れてしまいます。子犬の様子をみながら、普段のボランティアさんからストップがかかったら、そこで終了です。

               

              _MG_5341.JPG

               

              動物愛護センターでのボランティアは、「自分がしたいこと」をするためではありません。そこにいる犬や猫たちが「必要としていること」をしなければいけません。

              子犬を見れば、触れてみたいと思う気持ちは誰でも同じだと思いますですが、それでは店頭に並べられた子犬たちや、どこかのイベント会場での「ふれあいコーナー」に連れてこられた子犬たちと同じです。

               

               

              子犬はおもちゃじゃない。

              当たり前じゃん、と思うかもしれませんが、私たちの社会全体としては、そんな扱いをしている場面が往々にして見られます。

              犬の気持を考える、体調や年齢、性格に合わせて、必要なことが異なる。センターでのボランティアでは、そんなことも学んでもらえたらと思っています。

               

               

              そうこうしているうちに、あっという間に3時間がたちました。

              この日参加してくれた生徒たちも、みんな本当によく頑張ってくれました。

               

              _MG_5470.JPG

               

              「楽しかった!」とたくさんの生徒が答えてくれるように、動物たちは、私たちのそばにいるだけで、幸せを作り出してくれる存在です。

               

              20180331_180401_0028.jpg

               

              それなのに、年をとったから、病気になったから、お金がかかるから、引っ越すから、たくさん産まれすぎたから、もういやになったから…、人間の身勝手すぎる理由で、多くの犬や猫がいまだに苦しんでいます。

               

               

              動物と「共生」する社会はもうすでに始まっています。

               

              _MG_5457.JPG

               

              やっぱり共生しない、という道はもうありません。それならば、どうすればよりよく共生できるのかを考えることが必要だと思います。家族のいない犬や猫と接することで、生徒たちがそんなことを考えてくれたら嬉しいと思っています。

               

              _MG_5415.JPG

               

               

              これにて春休み体験ボランティア全7回が、無事に終了しました。

              お世話になったボランティア関係者のみなさま、センターのみなさま、ありがとうございました!

               

               

              「いのちの教室」開催校募集中

              DSC_0376.JPG

              SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

              広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

              動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

               

              NPO法人SPICA

              メール:info@npo-spica.com

              お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

               

               

              猫の飼い主さん募集中
              どんな猫にもセカンドチャンスを!
              たくさんの猫たちが新しい家族を待っています。詳しくはこちら。
              0511e.jpg


              西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
              スピカちゃん

               ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
              購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)

               

               



              SPICA@LINEできました
              LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
              こちらからご登録ください。

               

               

              posted by: npo-spica | ボランティア | 11:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              春休み中高生動物ボランティア 第5・6弾
              0

                更新が遅くなってしまいました…。

                今回も、2日分、合わせてご紹介します。

                 

                3月28日は、広島県立高陽東高等学校、広島女学院高等学校、広島並木学院高等学校、広島市立古田中学校、広島市立観音中学校、広島市立瀬野川東中学校から、11名の女の子たち

                 

                3月29日は、広島県立高陽東高等学校、広島市立五日市中学校、広島市立五日市南中学校、広島市立瀬野川東中学校から、この日も11名の女子でした。

                 

                これだけ色んな学校が一緒になっても、女の子たちというのはそれなりに仲良くできるもので、高校生が中学生をお世話してあげる場面も見られました。

                 

                今日はタイムスケジュールに沿って、書いてみようと思います。

                 

                13:30 集合(と言っても、12:30には何人かの子供たちがすでに到着)

                着替えをして、センター入り口に集合(やる気満々)

                 

                20180328広島市動物管理センター_180328_0048.jpg

                 

                最初の注意事項

                ケガをしないこと、無理をしないこと、分からないことは何でも聞くこと、犬たちには静かに接することなどなどを伝えます。

                 

                13:45〜14:15

                センター職員さんのお話し

                リピート参加の子には、「おー!また来たね〜。」なんて会話もしつつ、センターの現状を伝えてもらいます。

                 

                20180328_180328_0002_0.jpg

                 

                14:15〜14:45

                1階犬舎の掃除

                 

                20180328_180328_0039.jpg

                 

                20180328_180328_0041.jpg

                 

                14:45〜15:00

                お散歩のときの注意事項

                 

                20180328_180328_0051.jpg

                 

                犬の命を預かる活動ですから、ここの説明はかなり必死で行います。

                 

                20180328_180328_0057.jpg

                 

                リードの持ち方を確認。万が一、犬が飛び出してしまいそうになった時、つられて手を離さないように、力の加減も一人ひとり確認します。

                 

                 

                15:00〜16:00 いよいよ散歩

                 

                20180329_180330_0028.jpg

                 

                ‖腓めの元気な犬たち(40分ロングコース)

                 

                20180328_180328_0007_0.jpg

                 

                平和大通りまでは足早に…とか思いますが、センターから出た犬たちは、あちこち匂いを嗅ぐのに忙しくて、なかなか進みません。

                 

                20180328_180328_0073.jpg

                 

                平和大通りは木陰で気持ち良い風が吹いています。

                 

                20180329_180330_0007.jpg

                 

                興奮した犬たちも、ここで少しクールダウン。

                 

                20180328_180328_0080.jpg

                 

                犬たちのペースによっては、早く進んだ犬たちが、芝生の上で、最後尾を待ってくれています。

                 

                20180328_180328_0104.jpg

                 

                折り返し地点で写真撮影(ちょっとした休憩の意味も込めて)

                 

                20180328_180328_0137.jpg

                3月28日

                 

                20180329_180330_0018.jpg

                3月29日

                 

                こうしてみると、犬たちも「またか〜」という慣れた雰囲気…

                 

                20180329_180330_0035.jpg

                 

                SPICAスタッフが足りない時は、大学生にもサポートをお願いしています。

                大学生も犬たちのことを伝えようと、子供たちに色々な話をしてくれたようです。

                 

                20180329_180330_0026.jpg

                 

                ちゃんとこっちを向いてくれる確率が一番高いであろう「あいちゃん」

                人間の言葉をよく理解してくれるお利口さんな子です。

                 

                あとはひたすら帰るのみ(帰りは早いな〜〜)

                 

                20180328広島市動物管理センター_180328_0011.jpg

                 

                交通量が多い、広島市内のど真ん中。横断歩道も渡らなければいけません。

                車の音にビックリする子もいるため、周囲をよく見ながら、犬たちをリードします。

                 

                20180329_180330_0021.jpg

                 

                ⊂さめの元気な犬たち(20分ショートコース)

                 

                今日も平和なダックスチーム

                 

                20180328_180328_0166.jpg

                 

                1周目、強めの犬たちに振り回された生徒たちも、落ち着いて歩くことができました。

                 

                20180328_180328_0176.jpg

                 

                 

                 

                16:00 ごはんタイム

                1頭ずつ犬に合ったごはんを、職員さんが用意してくれているので、それを犬たちのもとへ運びます。

                この時間は手際よく配らないとパニック状態(部屋が狭いし人も多い)なので、いつも写真は撮れません…。

                 

                16:15 あと片付け

                食器洗い

                 

                16:15〜16:30

                ちょっとだけフリータイム

                 

                20180329_180330_0064.jpg

                 

                20180329_180330_0060.jpg

                いつも付き合いのよい「はなちゃん」

                 

                20180329_180330_0055.jpg

                抜け毛が多いので、丁寧にブラッシングしてくれました。

                 

                20180328_180328_0221.jpg

                ブラッシングと言えばGG、テリアMixなので、お手入れが大変です。

                 

                20180329_180330_0052.jpg

                こちらは、もうすでに習得済みの「お座り」を子供たちに見せてあげている(笑)ルナちゃん

                子どもたちは多分「教えてあげてる」と思ってるハズですが…

                 

                20180329_180330_0058.jpg

                ベティさん、こちらもブラッシング中。

                老犬で目が見えにくいため、噛みはしないけれど、時々歯が当たってしまうおばあちゃん犬です。

                普段の活動でコツをつかんだ進徳女子高校WDP部の生徒が一緒にケアしてくれています。

                 

                20180329_180330_0048.jpg

                シャイなビーズとも少しずつ仲良く。

                こうして練習しながら、かなり人間との距離も縮まりました。

                 

                16:30 着替え

                 

                16:45 活動証明書の配布

                 

                17:00 終了

                 

                20180328_180328_0225.jpg

                 

                最後に集合して今日の感想を聞くと、多くの子どもたちが「楽しかった」と笑顔で答えてくれます。

                遊びたい真っ盛り、決して楽しい場所とはいえない動物愛護センターという場所に、自分の意志で来てくれた子供たち。未熟ではありますが、動物たちのために一生懸命、頑張ってくれました。犬たちに触れ、笑顔になり「楽しかった」と答えてくれるのは、私たちもやはり嬉しいです。

                 

                ですが、ここにいる犬たちは、私たちを楽しませるためにここにいるわけではありません。

                悪い犬の集まりでもなければ、彼らに何か責任があるわけでもない。

                ただ、「一緒に暮らしてくれる人間がいないだけ」です。

                 

                参加してくれた生徒たちには、ここで見たこと、聞いたこと、感じたこと、そしてここに来た人しか分からないことを、たくさんの人に伝えてほしいと思います。そうすることで、一人でも多くの人に、ここで暮らす犬たちのことをしってもらうため。そして、やむを得ずセンターで暮らす犬たちに1匹でも「家族」が見つかるように。

                 

                これで、広島市動物管理センターでの活動は無事、5回とも終えることができました。

                ご協力くださったセンターの職員さん、ボランティアのみなさま、スタッフの大学生・高校生、本当にありがとうございました!

                 

                 

                 

                 

                「いのちの教室」開催校募集中

                DSC_0376.JPG

                SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

                広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

                動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

                 

                NPO法人SPICA

                メール:info@npo-spica.com

                お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

                 

                 

                猫の飼い主さん募集中
                どんな猫にもセカンドチャンスを!
                たくさんの猫たちが新しい家族を待っています。詳しくはこちら。
                0511e.jpg


                西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
                スピカちゃん

                 ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
                購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)

                 

                 



                SPICA@LINEできました
                LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
                こちらからご登録ください。

                 

                 

                posted by: npo-spica | ボランティア | 10:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                春休み中高生動物ボランティア 第3・4弾
                0

                  毎日ブログを更新しようと思いながら、4日連続のボラで力尽きてしまい、まずは2日分をまとめてアップすることにしました。参加してくれたみんなが見てたらごめんなさい〜(>_<)

                   

                  20180326_180326_0022.jpg

                  すみれちゃんが代わりに謝ってくれます(寝とるだけか・・・)

                   

                  これは言い訳だけど、初めて会う、初めて参加する中高生に犬を任せて外を歩くのは、とっても神経を使う活動です。人間のためにも、犬のためにも、絶対に事故があってはいけないので、気持ちをはりつめて活動をしています。

                  おかげで、全5回の広島市動物管理センターでの活動では、事故もなく、参加してくれた中高生はみんな笑顔で帰ってくれました。

                   

                  4日間、ほぼ同じ行程で活動をしましたが、色んな事がありました。紹介しますね。

                   

                  3月26日(月)

                  広島市立瀬野川東中学校、広島市立五日市中学校、広島市立五日市南中学校、山陽高等学校から11名の生徒たちが参加してくれました。待望の男子が本日は1名!

                   

                   

                  そのうち2名は、冬休みのボランティアに参加してくれたあと、センターからデコちゃんという犬を譲渡したおうちの姉弟。今ははなちゃんという名前になり、おうちにも慣れた様子。こうしてボランティアとしてセンターに来てくれたこと、みんなとても喜びました。

                   

                  20180326_180326_0009_0.jpg

                  せっかくなので、センターにいる「はなちゃん」と散歩

                   

                  20180326_180326_0054.jpg

                  今日も日陰は気持ちいい、散歩日和でした。サリーのしっぽも少しずつ上がります。

                   

                  20180326_180326_0019_0.jpg

                  信号待ちの間は、犬たちとのコミュニケーションタイム。「あいちゃん、なんで毛がないの・・・?」みんなとっても心配してくれます。あいちゃんの話はまたのちほど。

                   

                  20180326_180326_0012.jpg

                  みなみちゃんは、大勢の人に囲まれて、ちょっと緊張気味。「ロングは無理ー!ショートコースで帰る〜!!」とのことでした。

                   

                  20180326_180326_0026.jpg

                  超優等生のジャスティンは、自ら中学生をリードし、しっかりと散歩させて?くれました(笑)

                   

                  20180326_180326_0063.jpg

                  帰り道、ちょっと疲れた様子のすみれちゃん。もうすぐセンターにつく!と分かったら、少しピッチが上がります。

                   

                  こうして町の中を歩くことは、とっても気を使うため、疲れてしまいます。

                  ですが、多くの人の目に触れ、「どこの犬?」とか「かわいいね」と声をかけてもらうことで、センターや犬たちの存在を知ってもらうことも大切だと思っています。

                   

                   

                   

                  3月27日(火)

                  広島市立亀山中学校、広島市立瀬野川東中学校、高陽東高等学校から11名が参加してくれました。

                  はい、本日も全員女子です(^^♪

                   

                   

                  この日は初参加の人が多かったので、丁寧に施設などの紹介も行いました。

                  1階犬舎のお掃除の前に、職員さんのお話を聞きます。ドリームボックスの見学は、決して楽しいものではありませんが、それでもしっかりと見てほしいと思い、毎日の行程に必ず入れています。

                   

                  20180327広島市動物管理センター_180328_0034.jpg

                   

                  犬たちの説明も少し付け加えます。

                   

                  20180327広島市動物管理センター_180328_0026.jpg

                   

                  そして1階犬舎のお掃除

                   

                  20180327_180328_0086.jpg

                   

                  デッキブラシやワイパーを使って、隅々まできれいに掃除します。この作業も「意外と疲れる」と、参加者からは評判です(*_*)

                   

                   

                  さぁ、本日の散歩の様子

                   

                  今日もいい天気、快晴です!

                   

                  20180327_180328_0002_0.jpg

                   

                  桜もきれいに咲きました♡

                   

                  20180327_180328_0024_0.jpg

                   

                  はなちゃん、横断歩道も上手に渡れます!

                   

                  20180327_180328_0044.jpg

                   

                  中高生に取り囲まれて、無になるサリー。ビビリ改善なるか!?

                   

                  20180327_180328_0054.jpg

                   

                  トロちゃんはこの後、新しい家族のもとへ。おめでとう!幸せになってね!

                   

                  20180327_180328_0025_0.jpg

                   

                  いつも散歩を見守る、平和大通りの猫…。

                  こんなところで暮らして危ないなぁと思いながらも、近寄ることはできません。

                   

                  20180327_180328_0011.jpg

                   

                  春休みのボラで、すごいなぁと思ったことがあります。

                  集合時間の1時間前には、もう現地についている子たちがいるんです。「もしかしたら道を間違えるかもしれない」と思って、とっても早く家を出るとのこと。

                  中学生にとっては、自分たちだけで、エリア外までバスや電車に乗っていくのは、ちょっとしたチャレンジですよね。でも、そうやってセンターにたどり着いた子たちは、安心感とちょっとした満足感からか、なんだかいい顔をしているような気がします。

                   

                  このボランティアは、参加の申し込みを学校がまとめてくださる場合もありますが、基本的には個人個人がSPICA宛てに参加申込書を送ってきます。切手代もかかるし、確かに手間ではあるのですが、「自分で行動する」ことを意識してほしいという気持ちもあり、あえて面倒な形をとっています。

                   

                  人からしなさいと言われたことではなく、自分で「これが必要だ!」と感じて動くこと、これが意外とできないのが子供たち。学校では、自分で考えて動くチャンスがあまりないのが実情です。

                   

                  動物体験ボランティアでは、こうした小さな子供たちの成長も感じていきたいなぁと思っています。

                   

                   

                   

                  「いのちの教室」開催校募集中

                  DSC_0376.JPG

                  SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

                  広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

                  動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

                   

                  NPO法人SPICA

                  メール:info@npo-spica.com

                  お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

                   

                   

                  猫の飼い主さん募集中
                  どんな猫にもセカンドチャンスを!
                  たくさんの猫たちが新しい家族を待っています。詳しくはこちら。
                  0511e.jpg


                  西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
                  スピカちゃん

                   ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
                  購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)

                   

                   



                  SPICA@LINEできました
                  LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
                  こちらからご登録ください。

                   

                  posted by: npo-spica | ボランティア | 21:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  春休み中高生動物ボランティア 第2弾
                  0

                    第2弾は久しぶりの呉市動物愛護センターです!

                    今回参加してくれたのは、広島県立高陽東高等学校、広島市立瀬野川東中学校、広島市立大洲中学校、広島市立古田中学校、広島市立亀山中学校のみなさんです。

                    気持のよい晴れた空のもと、今日も頑張りますよ〜。

                     

                    _MG_5229.JPG

                     

                    まずは注意事項を伝え、すぐに施設の中を案内をしてもらいます。

                     

                     

                    いつものように、ベテランボランティアの増本さんに指導をお願いしています。もう10年近くここでボランティアをされている増本さんは、施設のことや犬たちのことを丁寧に教えてくださいます。呉ならではの現状は、広島の街中に住む子供たちには、少し驚いたものもあるかもしれません。

                     

                    _MG_5243.JPG

                     

                    施設の見学を終え、いよいよ散歩へ!

                    2〜3人で一組になって、力の強い犬はダブルリードで散歩に行きます。

                     

                    _MG_5261.JPG

                     

                    次々に飛び出してくる元気のいい犬たちに、生徒たち、ちょっとびっくりしてしまったようです。

                    とまどいながらも、広い敷地の中へと順番に進んでいきます。

                     

                    _MG_5258.JPG

                     

                    ご覧の通り、呉のセンターには若くて元気のいい成犬がたくさんいます。

                     

                     

                    上手にお散歩のできる子もいます。

                     

                    _MG_5267.JPG

                     

                    この子は生徒たちとのお散歩は「やーめーてー!!」と完全拒否(笑)

                    いつもお世話をしてくれる増本さんと散歩をすることにして、ついでに池の中へ〜。まだちょっと寒いでしょうにね…。

                     

                    _MG_5265.JPG

                     

                    子どもたちへのサービスも上手にしてくれる子もいます。

                    「かわいい〜!!」と打ち解けた様子で、楽しくお散歩出来ました。

                     

                    _MG_5280.JPG

                     

                    こちらはシニアの梅吉さん。なんという表情でしょうか。

                     

                    _MG_5277.JPG

                     

                    子犬はもちろんかわいい、成犬との暮らしは刺激的で楽しい、だけどシニア犬とのこうしたひと時にも、とても幸せを感じられると思うのです。梅さんにも素晴らしい家族が見つかりますように。

                     

                     

                     

                    さあ次は、グループに分かれて、しっかりと働いてもらいます!

                     

                    まずはお掃除グループ

                     

                    _MG_5292.JPG

                     

                    増本さんの奥様曰く、掃除は散歩より大変、とのこと。

                     

                    _MG_5291.JPG

                     

                    でも、施設で一番大切なのは、何をおいても掃除です!

                     

                     

                    慣れない手つきながら、なんとか頑張っております。「普段、おうちでお手伝いをしているかどうかが分かりますね」と、グザっとくる言葉をなげかけられた中学生。苦笑いでごまかしておりました(笑)

                     

                     

                     

                     

                    お次は一番人気の子犬をきれいに拭くグループ

                     

                    子犬は元気いっぱい、よく食べ、よく遊び、よく眠ります。

                     

                     

                    まだ何のルールも知らないため、おしっこの上でごろ〜んとしたり、うんちをふみふみしたり…。体もすぐに汚れてしまいます。

                    天気がいいので、今日は外で体をふきました。

                     

                    _MG_5310.JPG

                     

                    何度ひざに乗せても、すぐに飛び降りてしまう子犬たち。

                    最後には気持ちよくなって、ひざの上で寝てしまいました。

                     

                    _MG_5321.JPG

                     

                    最後は小動物のハウスお掃除チーム

                     

                    今回も、ウサギ、モルモット、インコ、ハトなどたくさんの小動物がいました。

                    SPICAスタッフの中に、モルモットを長く飼っているメンバーがいるので、先生にそれぞれの習性などを教えてもらいながら、お掃除をしていきます。

                     

                    _MG_5312.JPG

                     

                    週に一度の大掃除。

                    ハウスにこびりついたうんちなどをきれいに洗って、乾かします。

                     

                    _MG_5309.JPG

                     

                    ペットシーツや新聞は上手に敷かないと、かじられてしまいます。

                     

                    _MG_5335.JPG

                     

                     

                     

                    今回も、中高生13名、大学生・大人スタッフ11名と、20名を超える大所帯で参加しました。

                    きちんとお手伝いできたところもありますが、なかなか上手に作業ができず、普段のボランティアさんのお邪魔になってしまったところもありました。こちらは次回のボラで挽回したいと思います。

                     

                    _MG_5338.JPG

                     

                    犬たちと過ごした時間に、みんな笑顔になって「楽しかった」と答えてくれました。

                    でもいつも言うように、ここは「家族のいない犬や猫が集まる場所」

                    本当は、こういう場所が必要なくなるのが一番良いことです。

                     

                    楽しい中にも、色んな大切な要素が詰まった3時間になったことと思います。

                    帰りの車で熟睡してたのは、頑張りすぎたせいなのね、きっと。参加してくれたみなさん、ぜひまた会いましょう!

                     

                     

                     

                     

                    「いのちの教室」開催校募集中

                    DSC_0376.JPG

                    SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

                    広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

                    動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

                     

                    NPO法人SPICA

                    メール:info@npo-spica.com

                    お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

                     

                     

                    猫の飼い主さん募集中
                    どんな猫にもセカンドチャンスを!
                    たくさんの猫たちが新しい家族を待っています。詳しくはこちら。
                    0511e.jpg


                    西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
                    スピカちゃん

                     ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
                    購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)

                     

                     



                    SPICA@LINEできました
                    LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
                    こちらからご登録ください。

                    posted by: npo-spica | ボランティア | 21:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    春休み中高生動物ボランティア 第1弾
                    0

                      いよいよ始まりました!春休み中高生動物ボランティア

                      広島は前日まで雨が降っていましたが、この日はすっきりと晴れ、散歩日和となりました。

                       

                      この日参加してくれたのは、広島県立高陽東高等学校、広島県瀬戸内高等学校、広島女学院高校、KTC中央高等学院、広島市立五日市中学校の女子10名です。

                       

                      散歩トレーニング中のサリー

                      知らない人がまだ少し怖いのですが、少しずつ打ち解けてくれました

                       

                      中高生ボランティア322_180323_0011.jpg


                      上手にお散歩してくれたこの子は、夕方、新しい家族に迎えられました。

                      こうした場面に出会えることが、ボランティアの喜びでもあります。

                       

                      中高生ボランティア322_180323_0034.jpg

                       

                      平和大通りを気持ちよく歩くすみれちゃん

                      散歩に行きたいよ〜!としっかりアピールしてくれる優しいワンコです。

                       

                      中高生ボランティア322_180323_0071.jpg

                       

                      散歩大好きはなちゃん

                      やっぱり外の空気は気持ちいな〜というはなちゃんの笑顔は最高なのです。

                      体が大きい分、ちょっと力が強いので、念のため大学生のお兄さんと一緒に散歩です。

                       

                      中高生ボランティア322_180323_0073.jpg

                       

                      第2グループは、ダックスグループ

                       

                      「いのちの教室」でもいつもお話ししていますが、広島市(だけじゃないと思いますが…)動物管理センターには、いつ行っても必ず、ミニチュアダックスフントがいます。同じ犬ではないですよ。いつも違う犬、つまり入れ替わりでたくさんのダックスが収容されています。

                       

                      なぜでしょう?

                       

                      ミニチュアダックスフントは、少し前に大流行しました。

                      大切に飼っている人の方がもちろん多いのでしょうけれど、「目が合った」とか「一目ぼれ」といった衝動買いで気軽に手に入れた人の中には、最後まで一緒に暮らす覚悟がなかった人もいるようです。

                       

                      「小さいからお散歩に行かなくても簡単に飼えますよ、抱っこしてみますか〜?♡」

                      みなさん、こんな言葉を信じてはだめですよ。お店の人は売りたいだけですから。

                       

                      センターには、年をとったダックス、ヘルニアや大きな腫瘍をぶら下げて収容される子、噛み癖が強い子など、色んな問題を抱えた子もいれば、「どうしてこんな子が?誰も迎えに来ないの?」という子もさまざまです。

                      でも、この子たちももとは、お店のショーケースの中で、みんなが「かわいいー!!」って言ってた犬ですよ。

                       

                       

                      今日、一緒に散歩をしてくれたダックスたちも、みんな本当にいい子です。

                      というか、「悪い犬」っていうのはいませんから、当たり前ですが、初めてセンターに来て、おっかなびっくりリードを握る中高生とも上手に散歩をしてくれました。

                       

                       

                      ジャスティン君

                      シニアですが、優しくて穏やかな良い子です。黒いからわかりにくいですが、顔もとってもかわいいですよ。

                       

                      中高生ボランティア322_180323_0088.jpg

                       

                      自分がかわいいことを分かってる…トロちゃん

                      この子はちょっと他のわんこに吠えてしまうこともありますが、それ以外は問題なしです。

                       

                      中高生ボランティア322_180323_0060.jpg

                       

                      ちょっと暗くて分かりませんかね…

                      ビッグサイズのコロちゃんです。コロちゃんの写真は次回、いいのをとることにします(汗)

                       

                      中高生ボランティア322_180323_0082.jpg

                       

                      もちろん、散歩のほかにも、犬舎のお掃除やご飯のあと片付けなど、参加してくれたみなさんは最後まで頑張ってくれました。ほとんどの生徒が初参加でしたが、これからも継続的に参加してほしいと思います。

                       

                      中高生ボランティア322_180323_0075.jpg

                       

                      ではでは次回は呉市動物愛護センターへ。

                      またたくさんの子犬たちがいるのでしょうか…。

                       

                       

                       

                      「いのちの教室」開催校募集中

                      DSC_0376.JPG

                      SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

                      広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

                      動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

                       

                      NPO法人SPICA

                      メール:info@npo-spica.com

                      お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

                       

                       

                      猫の飼い主さん募集中
                      どんな猫にもセカンドチャンスを!
                      たくさんの猫たちが新しい家族を待っています。詳しくはこちら。
                      0511e.jpg


                      西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
                      スピカちゃん

                       ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
                      購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)

                       

                       



                      SPICA@LINEできました
                      LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
                      こちらからご登録ください。

                      posted by: npo-spica | ボランティア | 15:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |