Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM
「いのちの教室」 in KTC中央高等学院
0

    今年度、第1回目の「いのちの教室」は、広島市内にある通信制の学校、KTC中央高等学院です。

    校舎内には、生徒さんたちの、様々な活動の様子が張り出されていました。それぞれの目的に向かって、頑張っている生徒さんたちに、今日は、動物のお話を聞いていただきました。

     

    そして今日、講師を務めるのは、道田先生です。

    山下とは少し違った「いのちの教室」は、猫に寄り添った、猫目線の、優しい講義になりました。

     

    S__87900165.jpg

     

    動物を飼っている生徒さんも多く、殺処分に関する内容の時には「え〜!?」「信じられない」といった声も聞こえてきました。

     

    S__87900167.jpg

     

    さっそく生徒さんからの感想文が届いたので、一部、ご紹介します。

     

    ********************

    動物たちが大事にされないのが本当につらいです。ですが、つらい、悲しいという感情だけでなく、私も行動を起こしたいと思うので、現状をもっと深く知って、ボランティアにも参加したいと思っています。

     

    今日の講義を受けて、簡単な気持ちで動物を飼ってはいけないと思いました。かわいいからだけじゃなく、最期までずっと一緒に過ごそうと、ちゃんと責任を持って飼おうと思いました。自分たちの勝手な都合で捨ててしまうような人には、絶対になりたくないです。

    *******************

     

    SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

    広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

    動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

     

    NPO法人SPICA

    メール:info@npo-spica.com

    お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

     

     

    里親さん募集中
    どんな猫にもセカンドチャンスを!
    たくさんの猫たちが新しい家族を待っています。詳しくはこちら。
    0511e.jpg


    西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
    スピカちゃん

    ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
    購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)



    SPICA@LINEできました
    LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
    こちらからご登録ください。


    会員様募集中
    SPICAの活動を応援してくださる会員様を募集しています。
    賛助会員 3,000円〜
    正会員  8,000円〜
    くわしくはこちらをご覧ください。

     

     

     

    posted by: npo-spica | いのちの教室 | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    命の連帯〜Art Exhibition in Hiroshima 2017〜 お礼
    0

      ご報告が遅くなりました。

      「命の連帯〜Art Exhibition in Hiroshima 2017〜」無事に終了いたしました。

      会場にお越しくださったみなさま、ありがとうございました!

       

      9日間という長い会期中、入場してくださった方はのべ679名、ご寄付の総額は94,936円になりました。

      会場に残してくださったアンケートを見てみると、「動物たちの現状が良く分かった」「アートを通じて生命を感じた」「今後も継続してほしい」などのご意見をいただきました。

      アステールプラザ市民ギャラリーという大きな会場を借りきっての大きなイベントは、準備もかなり大変でしたが、頑張って良かったなぁと感じました。

       

      9日間をダイジェストで振り返ります〜!

       

      4/29(土)

      オープニングレセプション

      ミニいのちの教室と

       

      _MG_4532.JPG

       

      藤村満恵先生の書道パフォーマンス

      _MG_4545.JPG

       

      このキャンバスがどうなるか、あとのお楽しみです。

       

      4/30(日)

      藤村先生による「ニュースペーパーカリグラフィー」のワークショップ

       

      IMG_6351.JPG

       

      呼吸を整えて書くことがポイントとのこと。みなさん、真剣な表情で取り組まれていました。

       

      IMG_6339.JPG

       

      SPICAスタッフの作品。

      まぁね(笑)

       

      5/3(水・祝)

      SPICA副理事 菅田茂先生による「細密画で鳥や虫を描いてみよう」

       

      IMG_6412.JPG

       

      色鉛筆での着彩は、なかなか難しいようで、根気が必要ということが分かりました。

       

      5/4(木・祝)

      ミニコンサート

       

      IMG_6451.JPG

       

      オカリナ、篠笛、ヘルマンハープ、琴の先生方が集まってくださり、たっぷり素敵な音色を響かせてくださいました。

       

      IMG_6464.JPG

       

      演奏のあとは、楽器体験の時間も作っていただきました。

       

      IMG_6471.JPG

       

      初めて触れる楽器に緊張しながらも、先生に優しく教えてもらうことができました。

       

      IMG_6459.JPG

       

      5/5(金・祝)

      銀箔ポストカードに絵を描こう

      中根航輔先生は、今回、わざわざ東京からお越しいただきました。彼は高校生のころ広島に住んでいて、当時、「絵を描きたい」という彼の思いを聞いて、教員だった私と菅田先生は半信半疑でした。その後、夢を実現すべく、東京藝術大学に入学したと聞いて、たいそう感動したものでした。

       

      無題.jpg

       

      母校の生徒たちに、銀箔アートのレクチャー中。

       

      IMG_6666.JPG

       

      こちらは小学生の女の子の作品。

      会場に飾ってあった、里親募集中の「ふうちゃん」を描いてくれました。

      なかなかの本気度…。中根先生も身を乗り出して指導してくれましたよ。

       

      IMG_6547.JPG

       

      若き作家を応援することができて、少しうれしい気持ちになりました。

       

      さて、「連帯キャンバスの途中経過」

       

      IMG_6380.JPG

       

      つまりこういうことでした。

       

      IMG_6576.JPG

       

      「連帯」を呼びかけるキャンバスに、絵具で手形を押してもらうという小さなアクション。

      サポートしてくれたのは、もちろんラッシュジャパンです

       

      IMG_6382.JPG

       

      LUSHのお好きなフレーバーを選んでもらい、お店のように手を洗っていただきました。

       

      そして今回、忘れてはならないのが、このコーナー。

      「ワカコ酒」でおなじみの、広島出身の漫画家 新久千映さんのイラストを展示させていただきました。

       

      IMG_6580.JPG

       

      告知をしていなかったので、アンケートに「新久さんのイラストが見れるなんて!うれしい!」というコメントが多数ありました。

       

      IMG_6578.JPG

       

      5/6(土)

      RojiRoji堂さんによる

      布と紙で作る トリの羽根ピアスとチャーム のワークショップです。

       

      IMG_6492.JPG

       

      かわいいモノが大好きな女子たちはここでテンションMAXに!

       

      IMG_6491.JPG

       

      順番待ちになるほど大好評のワークショップでした。

       

      ここからは、会場内の作品たちとSPICAブースのご紹介です。

       

      IMG_6560.JPG

       

      こちらは大上典男さんの作品

      中央に白いワンコが見えますか?

       

      IMG_6419.JPG

       

      愛犬のふうちゃんです。ちゃんと会場にも遊びに来てくれましたよ。知らない人はちょっと怖い〜。SPICAから譲渡した第1号のわんこです。

       

      _MG_4498.JPG

       

      井手原敬一さん

       

      拡大すると・・・

       

      IMG_6538.JPG

       

      実はちょっとおちゃめな猫たちが隠れています。

       

      _MG_4499.JPG

       

      島谷千千晶さん

      入魂の細密画です。

       

      _MG_4500.JPG

       

      桑田正規さん

      ガラスによる桑田ワールドが、今年も展開されました。

       

      _MG_4508.JPG

       

      藤村満恵さん

      小さな作品からは顔を出して写真を撮ることができました!

       

      IMG_6574.JPG

       

      塚田弘美さん

      漆黒の画面から伝わるものがあります。

       

      _MG_4494.JPG

       

      標恐軾さん

      今年も優しく、あたたかさを感じる作品を見せてくださいました。

       

      _MG_4507.JPG

       

      やまが ゆみこさん

      猫・猫・猫のやまがワールド

      猫たちの表情から愛が伝わってきます。

       

      _MG_4492.JPG

       

      川本絵美さん

      保護犬・猫をテーマに描かれた作品と、そっと添えられ言葉が、心にずっしりと響きます。

       

      _MG_4495.JPG

       

      林 眞貴さん

      赤を基調に作られた作品から生命の力を感じます。

       

      _MG_4496.JPG

       

      松本コウさん

      真っ白なキャンバスを様々な形に作り上げた新しいアートです。

       

      IMG_6555.JPG

       

      菅田茂さん

      DNAが一つのテーマになっているとのこと、生命の基本的な単位にまでさかのぼる、さすがSPICA副理事です。

       

      さて、ようやくSPICAのお話しに。

       

      IMG_6346.JPG

       

      こちらは会場入り口、立派なお花を届けていただきました!

       

      IMG_6497.JPG

       

      作家さん方のサインの入った「命を守る宣言文」です。

       

      IMG_6414.JPG

       

      IMG_6392.JPG

       

      IMG_6400.JPG

       

      活動内容や動物たちの現状を伝えるパネル展示

       

      IMG_6391.JPG

       

      今年は何ともド派手な「飼い主さん募集コーナー」

       

      長い時間をかけて準備した展示

      あっという間の9日間でしたが、たくさんの方にご来場いただき、アートを通して「命」を感じていただけたと思います。

      そして、「連帯」してくださったみなさま、ありがとうございました。

       

      S__83181570.jpg

       

      これからも、動物たちの声を届けるべく、しっかりと活動してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします!

       

      posted by: npo-spica | イベント情報 | 19:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      愛すべき保護犬・保護猫たちの作品展 in 「命の連帯~Art Exhibition in Hiroshima 2017~」
      0

        こんなかわいい猫たち、見たことありますか?
        これは「命の連帯~Art Exhibition in Hiroshima 2017~」に出展してくださる、やまが ゆみこさんの作品です。

         

        17758348_716277455199633_4639614426494406083_o.jpg


        やまがさんの愛する犬猫たちの作品、た〜くさん展示していただきます。

         

        17834965_717813021712743_1647653721335776607_o.jpg


        やまがさん自身も、保護犬、保護猫たちと暮らし、SPICAの活動をいつも応援してくださいました。そして、みなさんご存知の、さくらやさんとのコラボお菓子「スピカちゃん」も彼女の作品です。

         

        18010341_723016511192394_1741608698343968412_n.jpg


        やまがゆみこさんの、愛に溢れる作品たちにぜひ会いに来てください♡

         

        「空飛ぶ船に乗りたい」展

         

        17952684_721372901356755_758984990959116763_n.jpg

        そして今、おうちで頑張っている珊瑚ちゃんも、会場内の作品に顔を出してくれるはずです。

         

         

         

        「命の連帯~Art Exhibition in Hiroshima 2017~」開催です!

        SPICAさん_チラシ_命の連帯_表.jpg

         

        SPICAさん_チラシ_命の連帯_裏.jpg

         

        2017年4月30日(日)〜5月7日(日)

         

        9:00〜19:00(最終日は17:00まで)

         

        ※4/29(土)は18:00より、オープニングレセプション

         

        JMSアステールプラザ市民ギャラリー

         

        主催:特定非営利活動法人SPICA

         

        後援:広島県 広島県教育委員会 広島市・広島市教育委員会

        この事業は、株式会社ラッシュジャパンからの支援を受けています。

         

         

        出品作家(五十音順)

        井手原 敬一 立体 陶器、その他の素材を用いたオブジェ
        大上 典夫 油彩・現代童画 愛犬ふうちゃんも描かれています
        川本 絵美 油彩 動物愛護センターに収容された動物をモデルに
        塚田 弘美 日本画 初出展
        中根 航輔 日本画の技法による現代美術作品 呉市出身
        林 眞貴 日本画 初出展
        桑田 正規 ステンドグラス ガラスを中心としたオブジェと平面作品
        標 雅美 日本画による平面作品 人や生物をモチーフに繊細な感情を表現
        島谷 千晶 テンペラ・鉛筆による平面作品 動物や植物がテーマ
        菅田 茂 アクリルによる平面作品 「生命の情報」がテーマ
        藤村 満恵 前衛書道家 「命の連帯」ロゴも揮毫
        松本 コウ 立体作家 布(キャンバス)によるオブジェ
        やまが ゆみこ 油彩・水彩・アクリルによる平面作品 保護犬・保護猫をモデルに

         

        4/29(土)18:00〜 オープニングレセプション

        藤村 満恵さんによる、書道パフォーマンス

        SPICA代表 山下 育美による「いのちの教室」

         

        ワークショップ

        ●4/30(日)10:00〜16:00

         「ニュースペーパーカリグラフィー」

         講師:藤村 満恵

         無料

         

        ●5/3(水・祝)10:00〜16:00

         「細密画で鳥や虫を描いてみよう」

         講師:菅田 茂

         無料

         

        ●5/4(木・祝)11:00と14:00

         「ミニコンサート」

         オカリナ:和田 美重子、篠笛:川口 裕子

         ヘルマンハープ:アンサンブル・スマイル☺、琴:久保 真由美

         無料

         

        ●5/5(金・祝)10:00〜16:00

         「銀箔ポストカードに絵を描こう」

         講師:中根 航輔

         材料費:500円

         

        ●5/6(土)10:00〜16:00

         「RojiRoji堂の布と紙で作るトリの羽根ピアスとチャーム」

         ※イヤリングやストラップにもできます

         講師:RojiRoji堂

         材料費:500円

         

        そして、4/30〜5/7まで、オリジナル缶バッジ作成コーナーも作る予定です。

        わんこ・にゃんこのかわいい写真をデータでお持ちくだされば、かわいいオリジナル缶バッジを作成できます。詳しくはまたアップいたしますね。

         

        ではでは、ぜひ遊びに来てくださいね〜〜!!

        posted by: npo-spica | イベント情報 | 18:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ニュースペーパー・カリグラフィに挑戦! in 「命の連帯〜Art Exhibition in Hiroshima 2017〜」
        0

          さあ〜、いよいよ「命の連帯~Art Exhibition in Hiroshima 2017~」まであと10日となりました!

           

          今日のご紹介は、430日(日)のワークショップ

          藤村満恵先生の「ニュースペーパー・カリグラフィに挑戦!」です。

           

          みなさんは、新聞紙の淵をよ〜く見たことがありますか?実は小さな溝があるんです。

          「ニュースペーパー・カリグラフィ」は、その溝を利用して、新聞紙を筆代わりに書くんです!

           

          こちらは先生からご提供いただいた作品たちです。

          何と書かれているか分かりますか??

           

          こんな風に楽しみながら、新しい「書」を体験してみませんか?藤村先生流「書の心」も教えてくださいますよ。

          こちらのワークショップは、無料で体験していただけます。

          430日(日)10時〜16

          JMSアステールプラザ 市民ギャラリーへお越しください♪

          予約などは不要です。

           

           

           

           

          「命の連帯~Art Exhibition in Hiroshima 2017~」開催です!

          SPICAさん_チラシ_命の連帯_表.jpg

           

          SPICAさん_チラシ_命の連帯_裏.jpg

           

          2017年4月30日(日)〜5月7日(日)

           

          9:00〜19:00(最終日は17:00まで)

           

          ※4/29(土)は18:00より、オープニングレセプション

           

          JMSアステールプラザ市民ギャラリー

           

          主催:特定非営利活動法人SPICA

           

          後援:広島県 広島県教育委員会 広島市・広島市教育委員会

          この事業は、株式会社ラッシュジャパンからの支援を受けています。

           

           

          出品作家(五十音順)

          井手原 敬一 立体 陶器、その他の素材を用いたオブジェ
          大上 典夫 油彩・現代童画 愛犬ふうちゃんも描かれています
          川本 絵美 油彩 動物愛護センターに収容された動物をモデルに
          塚田 弘美 日本画 初出展
          中根 航輔 日本画の技法による現代美術作品 呉市出身
          林 眞貴 日本画 初出展
          桑田 正規 ステンドグラス ガラスを中心としたオブジェと平面作品
          標 雅美 日本画による平面作品 人や生物をモチーフに繊細な感情を表現
          島谷 千晶 テンペラ・鉛筆による平面作品 動物や植物がテーマ
          菅田 茂 アクリルによる平面作品 「生命の情報」がテーマ
          藤村 満恵 前衛書道家 「命の連帯」ロゴも揮毫
          松本 コウ 立体作家 布(キャンバス)によるオブジェ
          やまが ゆみこ 油彩・水彩・アクリルによる平面作品 保護犬・保護猫をモデルに

           

          4/29(土)18:00〜 オープニングレセプション

          藤村 満恵さんによる、書道パフォーマンス

          SPICA代表 山下 育美による「いのちの教室」

           

          ワークショップ

          ●4/30(日)10:00〜16:00

           「ニュースペーパーカリグラフィー」

           講師:藤村 満恵

           無料

           

          ●5/3(水・祝)10:00〜16:00

           「細密画で鳥や虫を描いてみよう」

           講師:菅田 茂

           無料

           

          ●5/4(木・祝)11:00と14:00

           「ミニコンサート」

           オカリナ:和田 美重子、篠笛:川口 裕子

           ヘルマンハープ:アンサンブル・スマイル☺、琴:久保 真由美

           無料

           

          ●5/5(金・祝)10:00〜16:00

           「銀箔ポストカードに絵を描こう」

           講師:中根 航輔

           材料費:500円

           

          ●5/6(土)10:00〜16:00

           「RojiRoji堂の布と紙で作るトリの羽根ピアスとチャーム」

           ※イヤリングやストラップにもできます

           講師:RojiRoji堂

           材料費:500円

           

          そして、4/30〜5/7まで、手作り缶バッジコーナーも作る予定です。

          わんこ・にゃんこのかわいい写真をデータでお持ちくだされば、かわいいオリジナル缶バッジを作成できます。詳しくはまたアップいたしますね。

           

          ではでは、ぜひ遊びに来てくださいね〜〜!!

          posted by: npo-spica | イベント情報 | 21:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          LUSH×SPICA チャリティーパーティーお礼
          0

            4/15・16日は、LUSH広島本通り店さんとのコラボ企画「チャリティパーティー」でした!

             

            0419a.jpg

             

            LUSHさんとイベントをさせていただくのはこれで4回目。「動物」と「命」をキーワードに、今回も楽しく、そして勉強になる時間にしよう!ということで、頑張りました!

             

            0419c.jpg

             

            そして今回の「いのちの教室」のテーマは、「動物愛護管理法改正に向けて〜動物たちの現状〜」です。動物愛護管理法は5年に1回、次回は来年に改正されます。

             

            0419b.jpg

             

            動物たちが今置かれた状況を解説しつつ、どうすれば動物たちがより苦しまずにすむのかを考えました。特に、悪質な繁殖業者については詳しくお伝えしました。お話を聞いてくださった方は、涙を流されたり、厳しい表情でしたが、しっかりと受け止めてくださいました。

             

            0419f.jpg

             

            今回は、署名活動実施中の高校生たちも参加。初めてのイベントに緊張しつつも、しっかりサポートしてくれました。

             

            0419e.jpg

             

            今回は、展示も「直球」で出してみました。

            「かわいそう」と目を背けるのではなく、「知る」ことからはじめませんか。

            SPICAが設立時から、ずっとテーマにしてきたことです。この現実を直視するのはつらいことですが、ぜひ多くの人に知ってもらいたいと思っています。

             

             

            そしていつも通り、新しい飼い主さん募集の犬猫たち。

            どの子もみんなかわいい、たくさんの方が足を止めて見入ってくださいました。

             

            0419d.jpg

             

            4月24日は、「世界動物実験解放デー」だそうです。

            動物愛護活動家ではなくても、私たちの生活を支える動物たちの「犠牲」について、私たちはもっと真剣に向き合うべきだと思います。こういったことが「特別」な活動ではなく、誰でもが当たり前に考え、知っている問題になれば、きっとこの世の中も変わっていくと感じました。

             

             

             

             

            さてさて、そして月末にはいよいよ

            「命の連帯~Art Exhibition in Hiroshima 2017~」開催です!

            SPICAさん_チラシ_命の連帯_表.jpg

             

            SPICAさん_チラシ_命の連帯_裏.jpg

             

            2017年4月30日(日)〜5月7日(日)

             

            9:00〜19:00(最終日は17:00まで)

             

            ※4/29(土)は18:00より、オープニングレセプション

             

            JMSアステールプラザ市民ギャラリー

             

            主催:特定非営利活動法人SPICA

             

            後援:広島県 広島県教育委員会 広島市・広島市教育委員会

            この事業は、株式会社ラッシュジャパンからの支援を受けています。

             

             

            出品作家(五十音順)

            井手原 敬一 立体 陶器、その他の素材を用いたオブジェ
            大上 典夫 油彩・現代童画 愛犬ふうちゃんも描かれています
            川本 絵美 油彩 動物愛護センターに収容された動物をモデルに
            塚田 弘美 日本画 初出展
            中根 航輔 日本画の技法による現代美術作品 呉市出身
            林 眞貴 日本画 初出展
            桑田 正規 ステンドグラス ガラスを中心としたオブジェと平面作品
            標 雅美 日本画による平面作品 人や生物をモチーフに繊細な感情を表現
            島谷 千晶 テンペラ・鉛筆による平面作品 動物や植物がテーマ
            菅田 茂 アクリルによる平面作品 「生命の情報」がテーマ
            藤村 満恵 前衛書道家 「命の連帯」ロゴも揮毫
            松本 コウ 立体作家 布(キャンバス)によるオブジェ
            やまが ゆみこ 油彩・水彩・アクリルによる平面作品 保護犬・保護猫をモデルに

             

            4/29(土)18:00〜 オープニングレセプション

            藤村 満恵さんによる、書道パフォーマンス

            SPICA代表 山下 育美による「いのちの教室」

             

            ワークショップ

            ●4/30(日)10:00〜16:00

             「ニュースペーパーカリグラフィー」

             講師:藤村 満恵

             無料

             

            ●5/3(水・祝)10:00〜16:00

             「細密画で鳥や虫を描いてみよう」

             講師:菅田 茂

             無料

             

            ●5/4(木・祝)11:00と14:00

             「ミニコンサート」

             オカリナ:和田 美重子、篠笛:川口 裕子

             ヘルマンハープ:アンサンブル・スマイル☺、琴:久保 真由美

             無料

             

            ●5/5(金・祝)10:00〜16:00

             「銀箔ポストカードに絵を描こう」

             講師:中根 航輔

             材料費:500円

             

            ●5/6(土)10:00〜16:00

             「RojiRoji堂の布と紙で作るトリの羽根ピアスとチャーム」

             ※イヤリングやストラップにもできます

             講師:RojiRoji堂

             材料費:500円

             

            そして、4/30〜5/7まで、手作り缶バッジコーナーも作る予定です。

            わんこ・にゃんこのかわいい写真をデータでお持ちくだされば、かわいいオリジナル缶バッジを作成できます。詳しくはまたアップいたしますね。

             

            ではでは、ぜひ遊びに来てくださいね〜〜!!

            posted by: npo-spica | イベント情報 | 18:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            命の連帯〜Art Exhibition in Hiroshima 2017〜のご案内
            0

              みなさま、ゴールデンウィークのご予定はもう決まりましたか?

              今年も「命の連帯〜Art Exhibition in Hiroshima 2017〜」を開催いたします。

               

              動物愛護団体がアートの展覧会!?

              前回も???な方に、たくさん質問されたのですが(笑)

               

              動物の話=かわいそう=聞きたくない

              この連鎖をどうしたら断ち切れるかを考えた結果、動物と一般の方の間に「何か」を挟む、という所へ行きつきました。

              これまで、音楽を挟んだり、お菓子を挟んだり、いろいろしてきましたが、SPICAの副代表、菅田茂さんが現代美術作家だということもあり、「アート」を挟むことにしました。

               

              ということで、SPICAの活動に賛同してくださった13名の作家のみなさまとともに、なんと9日間にわたって、展覧会を開催いたします。

               

              今年は楽しいワークショップも盛りだくさんですので、ぜひ遊びに来てください!

               

              SPICAさん_チラシ_命の連帯_表.jpg

               

              SPICAさん_チラシ_命の連帯_裏.jpg

               

              2017年4月30日(日)〜5月7日(日)

               

              9:00〜19:00(最終日は17:00まで)

               

              ※4/29(土)は18:00より、オープニングレセプション

               

              JMSアステールプラザ市民ギャラリー

               

              主催:特定非営利活動法人SPICA

               

              後援:広島県 広島県教育委員会 広島市・広島市教育委員会

               

              この事業は、株式会社ラッシュジャパンからの支援を受けています。

               

               

              出品作家(五十音順)

              井手原 敬一 立体 陶器、その他の素材を用いたオブジェ
              大上 典夫 油彩・現代童画 愛犬ふうちゃんも描かれています
              川本 絵美 油彩 動物愛護センターに収容された動物をモデルに
              塚田 弘美 日本画 初出展
              中根 航輔 日本画の技法による現代美術作品 呉市出身
              林 眞貴 日本画 初出展
              桑田 正規 ステンドグラス ガラスを中心としたオブジェと平面作品
              標 雅美 日本画による平面作品 人や生物をモチーフに繊細な感情を表現
              島谷 千晶 テンペラ・鉛筆による平面作品 動物や植物がテーマ
              菅田 茂 アクリルによる平面作品 「生命の情報」がテーマ
              藤村 満恵 前衛書道家 「命の連帯」ロゴも揮毫
              松本 コウ 立体作家 布(キャンバス)によるオブジェ
              やまが ゆみこ 油彩・水彩・アクリルによる平面作品 保護犬・保護猫をモデルに

               

              4/29(土)18:00〜 オープニングレセプション

              藤村 満恵さんによる、書道パフォーマンス

              SPICA代表 山下 育美による「いのちの教室」

               

              ワークショップ

              ●4/30(日)10:00〜16:00

               「ニュースペーパーカリグラフィー」

               講師:藤村 満恵

               無料

               

              ●5/3(水・祝)10:00〜16:00

               「細密画で鳥や虫を描いてみよう」

               講師:菅田 茂

               無料

               

              ●5/4(木・祝)11:00と14:00

               「ミニコンサート」

               オカリナ:和田 美重子、篠笛:川口 裕子

               ヘルマンハープ:アンサンブル・スマイル☺、琴:久保 真由美

               無料

               

              ●5/5(金・祝)10:00〜16:00

               「銀箔ポストカードに絵を描こう」

               講師:中根 航輔

               材料費:500円

               

              ●5/6(土)10:00〜16:00

               「RojiRoji堂の布と紙で作るトリの羽根ピアスとチャーム」

               ※イヤリングやストラップにもできます

               講師:RojiRoji堂

               材料費:500円

               

              そして、4/30〜5/7まで、手作り缶バッジコーナーも作る予定です。

              わんこ・にゃんこのかわいい写真をデータでお持ちくだされば、かわいいオリジナル缶バッジを作成できます。詳しくはまたアップいたしますね。

               

              ではでは、ぜひ遊びに来てくださいね〜〜!!

              posted by: npo-spica | イベント情報 | 21:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              LUSH×SPICA チャリティパーティー のご案内
              0

                告知が遅くなってしまいました!!

                 

                今年度もまた、LUSH広島本通り店さんとのコラボ企画

                チャリティーパーティーを開催します!

                 

                0406c.jpg

                 

                2017年4月15日(土)・16日(日)

                12:00〜17:00

                LUSH広島本通り店にて

                 

                両日15:00

                ミニ「いのちの教室」

                今回は、来年度の動物愛護法改正に向けて、繁殖業者の問題点、動物虐待や多頭飼育崩壊、災害時の同行避難などについて掘り下げようと思っています。

                 

                0406a.jpg

                 

                LUSH広島本通り店さんでイベントをさせていただくのは、4回目となりました。

                4月はLUSHの「NO!動物実験」のキャンペーン期間です。

                 

                0406e.jpg

                 

                動物を苦しめることなく、人間と動物が豊かに共存する道は?

                今回も一緒に考えてみたいと思います。

                 

                0406d.jpg

                 

                ぜひぜひ、みなさま、遊びにいらしてくださいね〜!

                posted by: npo-spica | イベント情報 | 10:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                春休み動物体験ボランティア 第7弾 最終回
                0

                  春休み最後の動物体験ボランティアは、呉市動物愛護センター。

                   

                  この日集まったのは、広島市立楠那中学校、広島市立大洲中学校、広島市立古田中学校、広島市立城山中学校、進徳女子高等学校、広島女学院高等学校から、計11名。そして、広島大学と静岡文化芸術大学からも2名の大学生が参加してくれました。

                  サポートは、広島経済大学「動物のかけがえのない命を守ろうプロジェクト」の9名です。

                   

                  そして本日、いきなりボラリーダーを無茶振りされたSPICAメンバーKさん…

                  山下の割り込みにも負けず、楽しくまとめてくれました(^^♪ この写真は、ちょっと緊張気味ですね(笑)

                   

                  0405a.jpg

                   

                  動Pの自己紹介も、だんだん中身の濃いものになってきました。

                  0405b.jpg

                   

                  天気が微妙だったので、まずは全員で散歩です。

                  0405c.jpg

                   

                  そして今日も、走る!

                  0405d.jpg

                   

                  走る!

                  0405h.jpg

                   

                  しばしの休憩… なんでしょうね、このアンニュイな感じは…

                  0405o.jpg

                   

                  全力で走りつかれたこの子たち、寒くないようです(笑)

                  0405e.jpg

                   

                  さらに引っ張る〜〜!!

                  0405f.jpg

                   

                  呉のセンターには兄弟で収容された犬や、子犬の時から一緒に過ごした犬たちが多いため、犬同士で仲が悪いということはあまりありません。こんな犬たちの様子は、広島のセンターとは少し違うため、大学生も珍しそうに観察しています。

                  0405g.jpg

                   

                  そのあと、記念撮影を試みましたが、犬たちが良い子にポーズをするはずもなく…。

                  増本さんに協力してもらっても、写真なんてどーでもいい犬たち。

                   

                  0405i.jpg

                  この写真からも分かるように、犬たちは、お世話をしてくれる人、自分たちを大切にしてくれる人を知っています。増本さんが近くにいたら、どの子もみんな駆け寄っていきます。

                   

                  散歩が終わると、施設内のお掃除と子犬拭きの時間です。

                   

                  0405j.jpg

                  フードをきれいに取り除いています。古いフードが残らないように、清潔にしておきます。

                   

                  0405k.jpg

                  こうした細かい埃取りは、人数の多い時にしかできませんので、中高生ボラのみんなが大活躍です。

                   

                  0405l.jpg

                  どこまで手が届くか〜??と頑張っているところ。上の方の埃まで、きれいになりました。

                   

                  0405n.jpg

                  子犬の体調によっては、床がう○ちの海になっていることもあります…。西山ゆう子先生に教えていただいた「まずは有機物を取り除く」お掃除を徹底します。

                   

                  0405m.jpg

                  取り換えると犬たちが気持ちよくなってしまう新聞紙。かえたとたんに、おしっこやらうんちやら…。「さっき掃除したばっかりなのに〜」と嘆く声が聞こえますが、気にしない気にしない。

                   

                  先週は、少し子犬が少なかったのですが、1週間でどーんと増えていました…。

                   

                  0405p.jpg

                   

                  子犬はかわいいですが、この月齢で母犬と離れ、センターで暮らすことは、決して犬たちにとって幸せなことではありません。増本さんは「自分の子供を抱くように接してあげてほしい」と、不安そうな子犬たちを、そっと生徒たちのひざにのせてくれます。

                  0405s.jpg

                   

                  初参加の二人も、最初はおっかなびっくりでしたが、だんだんと慣れてきたようです。

                  0405t.jpg

                   

                  こちらの4人は、もうボランティア何回目でしょう。慣れた手つきで、子犬たちをきれいにしていきます。

                  この子たちは、みんな違う中学校の生徒たちで、この呉ボランティアで知り合い、友達になりました。そして、春・夏・冬休みごとに、同じ日に申し込んで、再会するのです。

                  0405q.jpg

                   

                  さてこれが、プロボラの腕前です。

                  リラックスが行き過ぎると、こんな感じになるようです(笑)

                  0405r.jpg

                   

                  おまけ

                  動Pのカッコいいプロフィール写真を撮ろう!ということで、SPICA専属カメラマンのYさんに撮影してもらいました。なかなかイイ男でしょう??

                   

                  0405v.jpg

                   

                  動物関連のボランティアは、どこも女の子が多いのが一般的ですが、これを見て、「オレもやってみよう!」って男子が増えたらいいなぁ〜と期待しています!

                   

                   

                   

                  0405u.jpg

                  これにて、春休み体験ボランティア全7回が無事に終了いたしました。

                  この動物体験ボランティアは、一部の犬や猫には、とても迷惑な取り組みかもしれません。知らない人が大勢押しかけてきて、良く分からないまま散歩に連れ出され、体を触られ、台風のように去っていく。迷いながらも、それでも続けるのは、この体験に参加した子供たちは、命を守る大人として成長し、社会を変えていく力になると信じているからです。

                   

                  増本さんからは、この動物体験ボランティアは「先行投資」と言っていただきました。

                  非常に重く、ありがたい言葉です。

                   

                  以前、いのちの教室で、「犬の幸せとは何ですか?」と質問されたことがあります。

                  私は「飼い主と一緒にいること」と答えました。ほかにもたくさんの条件があると思いましたが、きっとこれが一番大切なことだと思っています。

                   

                  ここには、その「飼い主」がいない犬や猫がたくさんいます。

                  ですが同時に、その犬や猫を幸せにしたいと集まる人もいます。

                  長い年月がかかるとしても、こうした取り組みから、新しい意識が生まれてくると信じて、これからも活動していきたいと思います。

                  posted by: npo-spica | ボランティア | 13:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  春休み動物体験ボランティア 第5・6弾
                  0

                    いよいよ春ボラも後半に突入しました!

                    3/28と3/29の様子を合わせてお伝えします(^^♪

                     

                    3/28の参加校は、比治山女子高等学校と広島市立五日市中学校から合計10名。

                    偶然ですが、全員女子でした〜。

                     

                    3/29の参加校は、広島市立五日市中学校、広島市立戸坂中学校、広島市立安西中学校から12名。

                    こちらは4/12が男の子でした。

                    なぜか必ず男子の割合を報告してますが…深い意味はありません(笑)

                     

                     

                    今回の春ボラの参加者は、ほぼ全員が「初参加」です。

                    犬と触れ合ったことがない生徒も参加しているため、まずは犬の散歩講習。

                     

                    0401b.JPG

                    これは、リードの持ち方

                    いざというときは、犬の命を守る大切なリードなので、しっかり勉強してもらいます。

                    ちなみに、うんちの取り方も説明します。

                     

                    0401c.JPG

                    本日もうれしいビート様

                     

                    0401e.JPG

                    本日も飛び出し系のファイン

                    女の子一人では、なかなか手に負えません。

                     

                    0401g.JPG

                    止まらないファイン。なんとか静止画におさめることができました(笑)

                     

                    0401m.JPG

                    ファインは、こんなにかわいい子です。

                    でもどうしても、元気があり余り、気に入らないことがあると、吠えが止まらなくなることもあります。

                    この子は、所有権放棄でセンターに入ってきて、その後2度、新しい飼い主が決まりましたが、どちらの飼い主もこの子を手放しました。結果、3度捨てられたことになります。

                     

                    私は必ず、ファインのサークルで、この話をします。

                    犬を飼いたい人は、「欲しい犬」を飼ってはいけない。「自分で飼うことができる犬」をよく考えて選ばなければいけません。見た目や流行りでパートナーとなる犬を決めてしまうことは、人間も犬も不幸になる可能性を孕んでいます。

                     

                    もうずいぶん長く、ファインと関わっていますが、この子が最後まで一緒に暮らせる家族が現れることを祈っています。

                     

                    0401h.JPG

                    お次は、はなちゃん。

                    横断歩道から、ナナメにはみ出していますが…

                     

                    0401d.JPG

                    ちゃんと歩くこともできます♪

                     

                    0401a.JPG

                    横顔が美人でしょ♡

                     

                    0401n.JPG

                    平和大通り沿いで、ちょっとした日向ぼっこタイム

                    普段、センターの犬たちは、十分に散歩に行けないこともあるので、こうして人間が多い時は、ゆっくりそとで過ごせるようにしています。(とはいえ、出たら出たで、帰りたがる犬も多いんですが…)

                     

                    0401l.JPG

                    本日もご満悦のゴンちゃん。ご機嫌をしっぽの動きで判断します。

                     

                    0401w.jpg

                    嬉しすぎて、こんな感じとか

                     

                    0401vwJPG.jpg

                    こんな感じになってしまうことも。

                     

                    0401f.JPG

                    信号待ちを狙って、安定のGGとコミュニケーション。

                     

                    0401u.JPG

                    今日のまとめは「ポキ子」さんで。

                    カメラ目線、いただきました〜!

                     

                     

                     

                    0401o.JPG

                    休憩のあとは、長靴を履いて1階大型犬舎のお掃除です。

                    子供たちがはく20足以上の長靴は、みなさまからの寄付で買わせていただきました。

                     

                    0401q.JPG

                    初めて来る人には、かなりにおいがきつい場所です。でも子供たちはちょっと顔をしかめるだけで、「くさいー」なんて言いません。人間の何億倍も嗅覚が優れている犬たちがここで暮らす意味を、感じ取っているからです。

                     

                    0401k.JPG

                    子供たちを見守るエバオ君。

                    最近は散歩が上手になってきて、先日のしつけ教室では、お座りができました。ボランティア一同、感激でした!

                    この小さな一歩が、彼の新しい犬生の始まりになれば…。まだまだエバオ君は頑張りますよ!

                     

                    0401j.JPG

                    こちらはもう2年、ここで暮らしているムック。

                    とてもかわいらしく、お座りやマテもできる賢いワンコです。所有権放棄の理由は「咬むから」です。なので、特定のボランティアさんしか、この子の散歩にいくことはできません。

                     

                    生徒たちには、「みんなだったら、どうかな?」と必ず聞いています。

                    ご飯は毎日食べられても、寒い日も暑い日も、窓のない部屋で、目的もなく生きていくことはどんな気持ちだろう。生徒たちは、1階のわんこをじっと見つめて、なかなか離れることができません。

                     

                     

                    0401s.JPG

                    2階の猫たち4兄弟、今日もしっかり遊んでもらいました。

                     

                    0401r.JPG

                    今回は猫好きが多いようで、狭い猫ルーム、満員御礼です。

                     

                    0401v.JPG

                    手前の黒いしっぽも友情出演です。

                     

                    0401i.JPG

                    こうしてあっという間の3時間でした。

                     

                    0401p.JPG

                    こちらは、ゴンちゃんスタンディングの記念写真。

                     

                    これにて、全5回の広島市動物管理センターでの春ボランティアは終了しました。

                    人通りの多い市内での散歩を無事に終えることができ、お掃除などでもけがもなく、全員が安全に活動出来ました。これも、いつもサポートしてくださる、センターの職員さん、パウズハートのボランティアさん、大学生スタッフのみなさんのおかげです。

                     

                    さあ、いよいよ明日は、春休み最後のボラ、呉市動物愛護センターです!

                     

                     

                    posted by: npo-spica | ボランティア | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    春休み動物体験ボランティア 第4弾
                    0

                      呉市動物愛護センターへやってきました!

                       

                      今日の参加は、広島市立八幡小学校、広島市立戸坂中学校、広島市立己斐上中学校、広島市立大洲中学校、広島女学院高等学校、広島県瀬戸内高等学校から12名です。

                       

                      本日の男子は、2/12人

                      さみしいですが、大学生は4/5が男子だったので、まぁまぁのバランスです。

                       

                      サポートしてくれたのは、広島女学院大学「小さな命と向き合おうわんにゃんプロジェクト」と、広島経済大学「動物のかけがえのない命を守ろうプロジェクト」の大学生です。

                       

                      まずはじめに、注意事項です。

                      呉市動物愛護推進員の増本聡さんに、ボランティアにおける細かい留意点などについてお話ししてもらいます。

                       

                      0327a.JPG

                       

                      そこから施設の見学です。初めて来る生徒には、必ずこの見学と説明を聞いてもらい、ここがどういう場所なのか、どんな犬や猫が収容されているのかを知ってもらいます。

                       

                      0327i.JPG

                       

                      ここからはグループに分かれて作業をします。

                      まず、第1グループは、お散歩です。(ローテーションで、すべての作業を体験してもらえるようにしています)

                       

                      0327d.JPG

                      まずは静かに、犬たちとあいさつ。

                      人間を怖がる元野犬や、野犬の子供たちも多いため、大きな声を出したり、強引なスキンシップは禁物です。

                       

                      0327g.JPG

                      増本さんが、犬たちの性格や、散歩の仕方を教えてくれます。

                       

                      0327f.JPG

                      念のため、ダブルリードでお散歩します。

                      犬はとっても賢い動物。初対面の子供たちの言うことなど聞くはずもなく、目の先にはいつも増本さん♡普段からお世話をしてくれる人が一番大好きなのは、言うまでもありません。

                       

                      0327t.JPG

                      人付き合いの良い梅子さん。初心者とも上手に散歩してくれます(笑)

                       

                      0327e.JPG

                      この写真、なかなか素敵でしょう?

                      SPICAのボランティアには、実は陰ながら、たくさんの大人のスタッフが協力してくれています。いつも集合写真にもうつらず、「撮る係」に徹してくれているYさんは、子供たちと犬たちとの、こんなあったかい写真を撮ってくれます。

                      もちろん、モデルさんもGOODです!!

                       

                      0327h.JPG

                      「交代するよ〜」と声をかけると、みんな、この広い敷地を走って戻ってきます。リードが絡まったり、後ずさりしてしまうワンコたちに戸惑いながらも、笑顔の絶えない散歩なのでした。

                       

                       

                      第2グループはお掃除隊です。

                       

                      0327j.JPG

                      犬たちが清潔な環境で過ごせるよう、丁寧にお掃除します。

                       

                      0327k.JPG

                      お掃除中の姿をじっくり観察すると、日ごろ、おうちのお手伝いを良くしているかどうか、分かったりするものですね(笑)

                       

                       

                      最後は恒例の子犬の体拭きです。

                       

                      0327b.JPG

                      いつもはずら〜っと子犬が並ぶケージにも、今日は少し少な目でした。

                       

                      0327m.JPG

                      とはいえ、けっこうな汚れ具合。うんちが足にこびりついたりしているので、丁寧に拭いていきます。

                       

                      0327l.JPG

                      「犬はちょっと怖いかも…」と正直に告白してくれた男子高校生。

                      少しずつ犬の扱いにも慣れてきて、最後はすっかり楽しかったとのこと。大学生の丁寧なサポートもあり、ひとつ壁を乗り越えました。

                       

                      0327o.JPG

                      ちょこちょこ動く子犬の体を拭くのは、思った以上に大変です。シャンプーやブラシを使って、二人で協力してきれいに仕上げます。

                       

                      0327p.JPG

                      SPICAスタッフには、学校の先生も多いため、子供たちとの偶然の再会もありました。

                      山下「英語でお話ししてもいいんだよ〜」

                      中学生「・・・」

                      K先生の日本語の方がお上手なようです。

                       

                      0327s.JPG

                      きれいにしてくれてありがとね〜のチュー!!

                       

                      0327q.JPG

                      こちらは赤ちゃんの寝かしつけに挑戦している様子

                       

                      0327r.JPG

                      あっという間に・・・

                      あまりのかわいさに、カメラを持ったスタッフが集合(笑)

                       

                      そんなこんなで、あっという間の2時間でした。

                       

                      0327n.JPG

                      最後の記念写真。

                      数えてみると、総勢27人で参加していたみたいです。

                      動物体験ボランティアという名前ではありますが、動物のため、だけではなく、この活動にはいろんな意義があるように感じています。

                      わいわい言いながら、子供たちは勝手に他校の生徒たちと友達になり、中・高・大学生から大人まで、幅広い世代間の交流が生まれ、学校から飛び出して、社会全体で子供を見守り育てていく場でもあるからです。

                      「楽しかった」という思い出の中に、「なぜ動物愛護センターが必要か」という疑問を少し混ぜて、彼らの胸の中にとどまってくれるよう、スタッフ一同、祈っています。

                      posted by: npo-spica | ボランティア | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |