Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM
広島県動物愛護センター譲渡会のお知らせ
0

    一人でも多くの人に、犬たちに会いに来てほしいです!

     

    広島県動物愛護センター譲渡会のお知らせです

     

    三原まで行くのはちょっと…

    平日は動けない…

    でも犬を飼いたい気持ちはある…

     

    そんな人たちに、超レアなチャンスです!

    広島県動物愛護センターの犬たちが廿日市にやってきます。

     

    広島県動物愛護センター"犬の"譲渡会

     

    日時:2020年2月2日(日)10時〜15時

     

    場所:フジグランナタリー

     

    フジグランナタリー譲渡会チラシ.jpg

     

    犬との暮らしを検討している人は、ぜひぜひ足を運んでほしいです。

    年末、High-Fiveのメンバーたちと、センターの施設見学に行きました。

    100頭以上の犬や猫が保護されていました。

     

    犬たちは寒さの中、体を寄せ合って、こちらを見つめていました。

    1頭でも多く、1秒でも早く、ここから出してやりたい。

    誰も言葉にはしなかったけれど、そう思いました。

     

    1頭の犬を迎え、暖かい寝床、おいしいご飯、そしてたっぷりの愛情を注ぐこと。

    簡単なことではありませんが、決して「できない」ことじゃないと思います。

     

    犬も猫も1頭1頭が、命を持ち、心を持ち、個性を持つ存在です。

    殺処分の"数"がゼロになった今も、広島県には、多くの犬や猫が家族を求めて施設で暮らしています。

     

    殺処分ゼロを喜ぶのは、殺されなければいいと思うのは、間違いです。

    人間の勝手な解釈で、「良かった」と終わらせてはいけない。

     

    広島県民のみなさま

    2011年に、広島県が殺処分数ワースト1位になったのには、理由があると思います。

    殺処分が減ったのは、広島の人がみんな動物のことを理解して、優しい気持ちを持ったからではありません。一部の愛護団体とボランティアさんが限界を超えて、引き取りを続けているからです。

     

    でもこれがいつまでも続くはずはありません。

    破たんしてから慌てても、大騒ぎをしても、取り返しがつきません。

    だからこそ、今、一人一人の広島県民が、できることをするべきだと思うのです。

     

    犬を「買おう」と思っている方、他にも選択肢があります。

    動物をブランドで区別しないでください。

    動物に流行を求めないでください。

    お金を出せば安心、が間違いであることは、調べればわかります。

    高価な犬が最初から賢いわけでも、人間の思う通りに行動するわけでもありません、すべて飼い主次第です。

     

    たしかに保護犬には難しい面もあると思います。

    なので、誰でもが簡単に迎えられるとは思いません。

    「欲しい犬」ではなく「自分と長く一緒に暮らせる犬」を見極める必要があると思います。

    見た目だけではなく、性格や体のこと、たくさん現地の職員さんに質問してください。

    迎えたあとも、トレーナーさんを頼ったり、自分で調べたり、獣医さんから知識を得てください。

    その子のための努力を惜しまなければ、きっと幸せは何倍も返してくれる。それが犬だと思います。

     

    どうか、広島の人が変わってくれますように。

    本当の意味での殺処分ゼロが達成できれば、「平和都市広島」と胸を張って言えると思います。

     

     

    posted by: npo-spica | イベント情報 | 21:44 | comments(0) | - | - | - |
    中高生(と大学生)による動物について考える学校〜3学期〜お礼
    0

      1月13日、成人式の日、今年度3回目、最後となる「中高生(と大学生)による動物について考える学校〜3学期〜」を開催しました!

      広島県内の中高生18名で作る"High-Five"メンバーたちが、それぞれ忙しい合間を縫って準備をし、当日を迎えました。

       

      3学期_200115_0213.jpg

      (事前準備の様子。それぞれが自分の仕事をてきぱき進めます)

       

      3回のイベントを通してすっかり仲良くなったメンバーたち。

      準備もはかどります。

       

      3学期_200115_0003.jpg

       

      3学期_200115_0046.jpg

       

      司会の二人は新メンバー。

      打合せはかなり念入りに行ったようです。

       

      3学期_200115_0034.jpg

       

      掲示物は子どもたちの手作り。

      やはりオーストラリアの火事については、多くのコアラやカンガルーが犠牲になっており、彼女たちも心を痛めていたようです。

       

      3学期_200115_0002.jpg

       

      3学期_200115_0093.jpg

       

      3学期_200115_0198.jpg

       

      3学期_200115_0009.jpg

       

      今回も支援物資をたくさん持ってきていただきました!

      そして、募金箱にはたくさんのご寄付がありました。合計、17,980円、センターの犬猫たちに必要なものを確認し、支援物資として、広島県動物愛護センターへ届ける予定です!

      3学期_200115_0022.jpg

       

      1時間目は、動物看護士の田家綾子さんに、シニア犬猫たちの介護と心が前を教えていただきました。

      会場はほぼ満席、みなさんの関心の高さが分かります。

       

      3学期_200115_0082.jpg

       

      たくさんの介護道具を持ってきてくださり、具体的な対策を教えてくださいました。

       

      3学期_200115_0081.jpg

       

      2時間目は、広島経済大学「動物のかけがえのない命を守ろうプロジェクト」によるクイズ大会。

      楽しみながら、学んでいただきました。

       

      3学期_200115_0107.jpg

       

      ばっちりリハーサルもしてくれましたが、やはり本番はちょっと緊張したそうです。

       

      3学期_200115_0112.jpg

       

      全問正解の方が何名かいらっしゃって、その方々には、SPICAからポストカードをプレゼントしました。

       

      3学期_200115_0125.jpg

       

      3時間目の、田家先生への質問コーナーは、会場のみなさんからの質問に答えていただきました。

      おうちのペットについて、みなさんが色々悩みながら接していらっしゃることが分かりました。すべての質問に答えてもらうことはできませんでしたが、みなさんに共通して、役に立つ知識を得てもらうことができたと思います。

       

      3学期_200115_0129.jpg

       

      3学期_200115_0128.jpg

       

      4時間目は、High-Fiveメンバーによる、活動報告です。

      今回は、3名の高校生が、High-Fiveに入ったきっかけや、呉市動物愛護センターでの活動、広島県動物愛護センターの見学報告などをしてくれました。

       

      3学期_200115_0134.jpg

       

      途中、プロジェクターが壊れるというハプニングもありましたが、客席の皆様のサポートもあり、何とか事なきを得て、進めることができました。

       

      3学期_200115_0138.jpg

       

      3学期_200115_0144.jpg

       

      最後のホームルームは恒例の、High-Fiveメンバー紹介。

       

      3学期_200115_0152.jpg

       

      動物たちのために、「自分も何かしたい!」と集まったメンバーたち。

      休日を返上して、愛護センターでのボランティア、施設見学、イベント準備など…。

      昨年の1月に結成して1年間、本当によく頑張りました。

       

      3学期_200115_0169.jpg

       

      直接、動物を助けることはできなくても、中学生でも高校生でも、「誰にでもできることがある!」ということを、示してくれたと思います。

       

      3学期_200115_0187.jpg

       

      来場者のアンケートには、「子どもたちの頑張りに感動した」「知らなかったことを知ることができて良かった」などのコメントをいただきました。

       

      3学期_200115_0074.jpg

       

      まだまだこれからも、若いパワーとアイデアで、たくさんの活動をしてくれることと思います。

      ご来場いただきましたみなさま、ありがとうございました!そして今後の活動も応援&ご期待ください!

       

       

       

      「いのちの教室」開催校募集中

      DSC_0376.JPG

      SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

      広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

      動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

       

      NPO法人SPICA

      メール:info@npo-spica.com

      お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

       

       

      西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
      スピカちゃん

       ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
      購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)

       

      SPICA@LINEできました
      LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
      こちらからご登録ください。

      posted by: npo-spica | イベント情報 | 19:47 | comments(0) | - | - | - |
      あけましておめでとうございます 2020♪
      0

        みなさま、あけましておめでとうございます。

        旧年中は多くの方に支えられ、活動を進めることができました。心より感謝いたします!

        今年も子どもたちと、しっかりと動物たちの問題に向き合っていきたいと思いますので、引き続き応援をよろしくお願いいたします!

         

        (飼い主さん募集中のカール君)

         

         

        さっそくですが、9日後に控えたイベントのお知らせです。

        今年度、3回目の、子どもたちにとっては集大成となる「中高生(と)大学生による動物について考える学校〜3学期〜」です。今回は広島経済大学「動物のかけがえのない命を守ろうプロジェクト」ともコラボし、さらにパワーアップをしています。ぜひぜひ遊びに来てください!

         

        中高生(と大学生)による動物について考える学校 3学期

        日時:2020113日(祝・月)

           13301700

        場所:西区民文化センター

           (広島市西区横川新町61号)

         

        1330 ホームルーム

        1340 高齢ペットのための心得を学ぶ

             〜老犬・老猫の介護対策と心掛けをご紹介します〜

             講師:田家綾子さん

                長年、動物看護士として従事。現在は、専門学校の非常勤講師も務める。

                愛犬、愛猫の介護をきっかけに、高齢ペットの介護について勉強する。

        1440 動物の知識を深めるクイズ大会

             広島経済大学「動物のかけがえのない命を守ろうプロジェクト」の学生から出題

        1530 質問タイム「田家先生に聞いてみよう!」

        1610 中高生グループ"High-Five"活動報告

             「広島県動物愛護センター見学報告〜動物たちの現状とこれから〜」など

        1640 ホームルーム

         

        予約がなくてもご入場いただけますが、予約をしてくださった方にはプレゼントを用意しています!

        ご予約・お問い合わせはこちら

        NPO法人SPICA

        info@npo-spica.com

         

        omote.jpg

         

        ura.jpg

         

         

        posted by: npo-spica | NPO法人SPICA | 11:16 | comments(0) | - | - | - |
        いのちの教室 in AICJ中学・高等学校
        0

          11月最後の「いのちの教室」は、AICJ高等学校です。

          今回の「いのちの教室」実現までには、AICJの2名の生徒さんの、本当に大変な努力がありました。

           

          ある日、高校2年生のお二人から、メールが届きました。

          「いのちの教室」実施と、その後、自分たちでの研究発表、参加してくれた生徒さんみんなでのワークショップまでを、すべて自分たちで企画・運営・実施まで行うというお話でした。

          AICJには、生徒自身が興味を持ったテーマで、こうした企画を行うことが決まっているとのことで、彼女たちが選んだのが、「動物に関する問題」でした。

           

          メールで何度かやり取りをした後、学校で詳しい打ち合わせをしました。

          問題点を整理した彼女たちは、ポスターを作ったり、全校集会で呼びかけたりして、「いのちの教室」への参加者を募ってくれました。彼女たちの頑張りのおかげで、当日は、試験終了直後にもかかわらず、27人の生徒たちが集まってくれました。

           

          DSC07635.JPG

           

          「いのちの教室」として60分、普段通りのお話をさせてもらいました。

          ただし、最後の「私たちにできること」のスライドは、空白のままで出しました。ここは、生徒さんがそれぞれにワークショップで考えてもらう内容です。

          DSC07630.JPG

           

           

          次に、今回の企画をしてくれた二人の、研究発表です。

          DSC07640.JPG

           

          さすがAICJ国際バカロレア(IB)ディプロマコースの二人だけあって、選んだテーマは、海外における「ペット殺処分の現状」です。イギリス、アメリカ、ドイツ、中国の現状を、それぞれクイズ形式で参加者に問いかけながら、詳しく解説してくれました。

          彼女たちが素晴らしいと思ったのは、それぞれの国の複数の保護施設などのサイトをしっかりと読み込んでいたところでした。インターネットでは、いろいろな情報があふれていますが、間違った内容も多いため、こうして自分で読み込むことで、正確な情報が手に入ったと思います。

           

          DSC07642.JPG

           

          最後は、いよいよワークショップです。

          殺処分の問題、繁殖業者の問題、野良犬・野良猫の問題などなど。犬や猫にまつわる様々な問題を解決していくためには、どうすればよいか。日本と海外の違いは何か。そして実際に自分たちにできることは何か、をグループで話し合ってもらいます。

           

          DSC07662.JPG

           

          グループには、学年やクラスの違う生徒たちが入っていますが、彼らは恥ずかしがったりすることもなく、どんどん議論を進めていきます。「○○すればいいんじゃない?」「でもそれだったら、△△ってことも考えられるし…」と、内容も深まっています。

          その間も、たくさんの質問を受けながら、各グループをまわりました。

           

          DSC07660.JPG

           

          私は、これが一番大切なことだと思っています。

          簡単な解決策などあるはずもなく、ともすれば問題は複雑化していく一方です。

          ですが、自分で考え、それを誰かと話し合うことで、問題の根深さ、解決の難しさ、命とどう向き合うべきかを、改めて「自分のこと」としてとらえることができると思っています。

           

          DSC07657.JPG

           

          それぞれのグループ、意見がまとまったところで、発表会。

           

          DSC07664.JPG

           

          各グループが違った視点で問題を捉えていたところに、面白さを感じつつ、じっくりと聞いていきます。

           

          DSC07666.JPG

           

          DSC07668.JPG

           

          DSC07676.JPG

           

           

          DSC07681.JPG

           

          DSC07685.JPG

           

          すべての発表を終えて、3時間オーバーの会は無事に終了しました。

          本当に濃い内容の、素晴らしい時間でした。企画した二人はすでにぐったり(笑)

           

          そこへ参加してくれた生徒たちが「ボランティアに参加したい」とさっそく申し出てくれました。日程調整をして、AICJ生のボランティアの日を作ることを約束し、解散しました。

           

           

          今回、AICJの生徒さんたちと貴重な時間を過ごさせてもらい、とても勉強になりました。

          もちろん、この場で結果が出たわけでも、解決策が分かったわけでもありません。「まだまだこれからだ」ということが分かっただけです。ですが、こうしてたくさんの若者が、まずはスタートラインに立ってくれました。実はまだ、多くの人がこのスタートラインにすら立っていないのが現状です。

           

          「伝える」ことを最大の柱として活動してきて、現状を「知った」人が、変わっていく姿を見てきました。今はまだ小さな動きですが、これからその小さな渦が、大きなうねりとなっていくと確信を持てた1日でした。

           

           

          「いのちの教室」開催校募集中

          DSC_0376.JPG

          SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

          広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

          動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

           

          NPO法人SPICA

          メール:info@npo-spica.com

          お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

           

           

          西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
          スピカちゃん

           ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
          購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)

           

          SPICA@LINEできました
          LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
          こちらからご登録ください。

           

           

          中高生(と大学生)による動物について考える学校 3学期

          日時:2020113日(祝・月)

             13301700

          場所:西区民文化センター

             (広島市西区横川新町61号)

           

          1330 ホームルーム

          1340 高齢ペットのための心得を学ぶ

               〜老犬・老猫の介護対策と心掛けをご紹介します〜

               講師:田家綾子さん

                  長年、動物看護士として従事。現在は、専門学校の非常勤講師も務める。

                  愛犬、愛猫の介護をきっかけに、高齢ペットの介護について勉強する。

          1440 動物の知識を深めるクイズ大会

               広島経済大学「動物のかけがえのない命を守ろうプロジェクト」の学生から出題

          1530 質問タイム「田家先生に聞いてみよう!」

          1610 中高生グループ"High-Five"活動報告

               「広島県動物愛護センター見学報告〜動物たちの現状とこれから〜」など

          1640 ホームルーム

           

          omote.jpg

           

          ura.jpg

           

           

          posted by: npo-spica | NPO法人SPICA | 10:31 | comments(0) | - | - | - |
          いのちの教室 in 広島市立三和中学校
          0

            11月、7校目の「いのちの教室」は、広島市立三和中学校です。

            体育館でのお話なので、寒さを心配していましたが、それほど寒さもなく、生徒さんたちも集中して聞いてくれました。

             

            DSC07594.JPG

             

            「心の参観日」ということで、保護者の方も来られていました。

            子どもたちに動物の現状を分かってもらいたいという気持ちももちろんですが、やはり「今」「行動を起こせる」のは大人です。どんなに子どもたちが、「保護犬を迎えたい」とか「ボランティアに行きたい」と言っても、やはり保護者の方の協力が不可欠です。

            なので、こうして大人の方にも話をきいていただけるのは、本当にうれしいことです。

             

            DSC07597.JPG

             

            あっという間に60分がたち、質問タイムとなりました。

            ・動物愛護センターには、犬猫以外の動物はいますか?

             →Yes! 迷子のウサギなどが入ってくることがあります。

             

            ・アレルギーがあるのですが、自分にもできることがありますか?

             →Yes! 現状をまわりの人に話したり、支援物資を届けたり。直接、動物に触れなくてもできることがたくさんあります。

             

            DSC07602.JPG

             

            ・動物を幸せにするために、どんな心が前が必要ですか?

             →まずは自分のペットに関する知識をしっかりとつけること。動物と人間とでは、コミュニケーションの方法も、感じ方も、まったく違います。まずはそのことについて、しっかり勉強することが大切です。

            そして、自分が関わっている、その犬の立場に立ってあげることが大切です。犬や猫にも、感情があり意思があります。自分がしたいからといって、嫌がることを無理にさせたりせず、お互いを尊重し合って、良い関係を築くことで、人間も動物も、一緒に幸せになることができると思います。

             

            ・ボランティアにはどうやって参加したらよいのですか?

             →「いのちの教室」を開催してくださった学校には、春・夏・冬休みのボランティアのご案内を送っています。それを見て、参加希望の生徒さんには、申し込み用紙を提出してもらいます。たくさんの学校から集まった希望者の日程調整をしてから、参加日を決定し、学校にお知らせします。

             

            DSC07605.JPG

             

            他にも何人か手を挙げてくれていましたが、残念ながらここで時間切れとなってしまいました。

            こうして子どもたちと直接やり取りするのは、とても楽しいです。

             

            怒涛の11月も、あと1校、次回はAICJ中学・高等学校です!

             

             

             

             

            「いのちの教室」開催校募集中

            DSC_0376.JPG

            SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

            広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

            動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

             

            NPO法人SPICA

            メール:info@npo-spica.com

            お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

             

             

            西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
            スピカちゃん

             ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
            購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)

             

            SPICA@LINEできました
            LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
            こちらからご登録ください。

             

             

            中高生(と大学生)による動物について考える学校 3学期

            日時:2020113日(祝・月)

               13301700

            場所:西区民文化センター

               (広島市西区横川新町61号)

             

            1330 ホームルーム

            1340 高齢ペットのための心得を学ぶ

                 〜老犬・老猫の介護対策と心掛けをご紹介します〜

                 講師:田家綾子さん

                    長年、動物看護士として従事。現在は、専門学校の非常勤講師も務める。

                    愛犬、愛猫の介護をきっかけに、高齢ペットの介護について勉強する。

            1440 動物の知識を深めるクイズ大会

                 広島経済大学「動物のかけがえのない命を守ろうプロジェクト」の学生から出題

            1530 質問タイム「田家先生に聞いてみよう!」

            1610 中高生グループ"High-Five"活動報告

                 「広島県動物愛護センター見学報告〜動物たちの現状とこれから〜」など

            1640 ホームルーム

             

            omote.jpg

             

            ura.jpg

             

             

            posted by: npo-spica | NPO法人SPICA | 10:57 | comments(0) | - | - | - |
            いのちの教室 in 広島市立古田中学校
            0

              広島市立古田中学校でのいのちの教室は、今年で5回目となります。

              毎年、2年生の生徒さんにお話を聞いてもらい、これまでたくさんの生徒さんがボランティアにも参加してくれました。

               

              DSC07565.JPG

               

              5年前と今では、私が準備する資料の内容もずいぶん変わりました。

              殺処分数もかなり減り、広島は殺処分ワースト1位から、ゼロとなりました。

              「殺処分」という言葉も、テレビなどで使われるようになり、知っている生徒もたくさんいます。

               

              DSC07579.JPG

               

              ですが、変わらない現実もたくさんあります。

              5年前と変わらないスライドを使い、殺処分の現場で苦しむ動物たちの心、ドリームボックスの稼働に携わる職員さんの苦悩、そして人間の欲望のままに生産され続ける「商品」としての犬や猫たちの不安と悲しみ。

              殺処分ゼロとなった広島にも、そして全国に、まだまだたくさんの課題があり、1時間の講義では伝えきれないほどです。

               

              DSC07573.JPG

               

              ひとまず50分話し切ったあとは、生徒のみなさんからの質問タイムです。

              どんな人がセンターに訪ねてくるのですか?

              どんな動物がセンターにいますか?

              ボランティアをしていて、悲しいこと、つらいことはありますか?

               

              ボランティアをしていてつらいこと、これまでたくさんありました。

              動物の命や暮らしに関すること、人間同士のこと、一つ乗り越えたら、またすぐに次の難題が迫ってきました。そもそも、NPOとはいえ、活動の中心はボランティアですから、苦労はとても多かったです。

               

              それでも、2012年の設立から、こうして7年の活動を続けることができたのは、やはり動物を愛する人たちのサポートがあり、飼い主さん探しをしてきた猫たちの恩返しのおかげだと思っています。

               

              「動物愛護は特別な人の、特別な活動ではない、そうあってはならない」と常々考えてきました。

              超人的な誰かの力に、全国の人間がすがり続けてはいけない。一人一人が、自分のいる場所で最大限の力を発揮して、そこにある問題に取り組むべきだと思っています。

               

              そんな人間を一人でもたくさん育てるべく、「いのちの教室」での小さな種まきが、いつか芽を出し、立派な幹となり葉をつけることを願いながら、明日も頑張って行きます。

               

              DSC07569.JPG

               

               

               

              「いのちの教室」開催校募集中

              DSC_0376.JPG

              SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

              広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

              動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

               

              NPO法人SPICA

              メール:info@npo-spica.com

              お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

               

               

              西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
              スピカちゃん

               ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
              購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)

               

              SPICA@LINEできました
              LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
              こちらからご登録ください。

               

              中高生による動物について考える学校"High-Five"

              年3回、子どもたちが企画したイベントを開催しています!一緒に勉強したり、楽しみながら動物のことを学べるイベントです。ぜひフォローしてくださいね。

              ”High-Five” Twitter

               

               

               

               

               

               

              posted by: npo-spica | いのちの教室 | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              いのちの教室 in 比治山女子中学校
              0

                2014年に「いのちの教室」を始めてから、毎年ずっと開催してくださっているのが、比治山女子中学校です。

                最初の年には全校生徒で、それからはずっと中学1年生のみなさんに聞いていただいています。

                比治山女子中学高等学校の建学の精神「悠久不滅の生命の理想に向かって精進する」

                当時の神鳥誠校長先生が、この精神に照らし合わせて、人間だけでなく動物たちの生命にも思いやりを持つことの大切さを説かれました。そして今回も、同行してくださった神鳥先生から、「いのちの教室」の最初に、命の大切さについてお話いただきました。

                 

                DSC07557.JPG

                 

                中学1年生とはいえ、比治山の生徒さんはとても朗らかでかわいらしい様子です。

                朝1時間目から、動物たちの殺処分の話をするのは少し気が引けましたが、みなさん本当によく聞いてくれました。1枚1枚のスライドをじっと見つめながら、色々なことを考えている表情でした。

                 

                DSC07563.JPG

                 

                こうして、毎年「いのちの教室」を開催してくださる学校がいくつかありますが、とてもありがたいと思います。

                本当は、広島県内のすべての小・中・高校で、お話ししたいくらいです。

                今は、1回きりの縁、もう会わない子たちかもしれないと思うと、色んな内容を盛り込みすぎて、情報がぎゅうぎゅう詰めになっています。

                表面的になってはいけない、しっかりと深く考えてもらいたい、と思いながらも、幅広くバランスよく知ってもらいたいという気持ちもあって、なかなかうまく行きません。

                 

                もしこれが、小学校高学年で1回、中学2年生で1回、高校2年生で1回、とカリキュラムに組んでもらえたら…。

                獣医さんのお話を盛り込んだり、もっと動物との楽しいお話し、彼らの素晴らしさも伝えられるはずです。そうすることで、より身近に暮らす犬や猫たちへの理解が深まり、社会の一員として認められていくのではないかと思います。

                 

                 

                そんな希望を捨てることなく、これからも「いのちの教室」にしっかり取り組んでいきたいと思います!まだまだ続くよ、2019年「いのちの教室」ラッシュです!

                 

                 

                 

                「いのちの教室」開催校募集中

                DSC_0376.JPG

                SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

                広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

                動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

                 

                NPO法人SPICA

                メール:info@npo-spica.com

                お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

                 

                 

                西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
                スピカちゃん

                 ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
                購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)

                 

                SPICA@LINEできました
                LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
                こちらからご登録ください。

                 

                中高生による動物について考える学校"High-Five"

                年3回、子どもたちが企画したイベントを開催しています!一緒に勉強したり、楽しみながら動物のことを学べるイベントです。ぜひフォローしてくださいね。

                ”High-Five” Twitter

                 

                 

                 

                 

                 

                posted by: npo-spica | いのちの教室 | 15:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                いのちの教室 in 広島市立亀山中学校
                0

                  更新が大幅に遅れていますが、「いのちの教室」順調に進んでいます。

                   

                  毎年2年生にお話を聞いてもらっている、広島市立亀山中学校。

                  今年もPTCの保護者の皆様のサポートにより、お招きいただきました。

                  私が亀山中学校でいつもすごいなぁと思うのは、保護者の方がたくさん運営などで学校に来られていることです。

                   

                  DSC07553.JPG

                   

                  これからの時代を担う子どもたちに「いのちの教室」を聞いてもらいたい、という気持ちはもちろんなのですが、それと同時に、「今」を変える力を持っている保護者の方にも、ぜひ聞いてもらいたいと、常々思っています。なので、こうしてたくさんの保護者の方が参加してくださると、いつにも増してやる気が出てきます。

                   

                  DSC07551.JPG

                   

                  子どもたちと同じ話を聞いてもらうことで、家庭で「命」について話をするきっかけになったり、そこから自然な形で、家庭での命の教育が進んでいくのではないかと思います。

                   

                  講義の終わりには、毎年、花束をいただいています。

                  普段、慌ただしい日々を送っている私にとって、きれいな花束をいただくことは、自分の努力を労ってもらえたような、そんな気持ちになるとてもうれしいものです。

                   

                  DSC07555.JPG

                   

                  亀山中学校からは、これまでもたくさんの生徒さんが活動に関心を持ってくれたり、ボランティアに参加してくれたりしました。

                  卒業生の中には、自分たちで「中学生版いのちの教室」を開いてくれた子たちもいました。3人組の女の子たちが、それぞれ興味のある問題をピックアップし、地元の集会所を使って、発表しました。素晴らしい発表でした。

                   

                  これまでたくさんの学校に行かせていただきましたが、それぞれに貴重な出会いがありました。

                  これからも、子どもたちの思いをカタチにつなげていけるよう、頑張りたいと思います!

                   

                  「いのちの教室」開催校募集中

                  DSC_0376.JPG

                  SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

                  広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

                  動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

                   

                  NPO法人SPICA

                  メール:info@npo-spica.com

                  お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

                   

                   

                  西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
                  スピカちゃん

                   ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
                  購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)

                   

                  SPICA@LINEできました
                  LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
                  こちらからご登録ください。

                   

                  中高生による動物について考える学校"High-Five"

                  年3回、子どもたちが企画したイベントを開催しています!一緒に勉強したり、楽しみながら動物のことを学べるイベントです。ぜひフォローしてくださいね。

                  ”High-Five” Twitter

                   

                   

                   

                   

                   

                  posted by: npo-spica | いのちの教室 | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  いのちの教室 in 呉市立東畑中学校
                  0

                    今月3校目の「いのちの教室」は、呉市立東畑中学校です。

                    毎年、1年生のみなさんにお話を聞いてもらっています。校長先生とも顔なじみになり、呉の現状などを教えていただきました。

                    (この日は写真が撮れなかったので、学校から呉の海の写真だけです)

                     

                     

                    この日の1年生はとても元気で、私の問いかけにも色々と答えてくれました。

                    生徒さんたちとの距離が近いと、顔を見ながら話せるので、どのくらい興味を持ってくれているか、考えてくれているかが良く分かります。

                     

                    1時間の講義が終わって、帰り際には、2年生の生徒さんたちが掃除をしていました。

                    校長先生からの「動物の話を覚えていますか?」という問いかけに、何人もの生徒さんが、覚えていると答えてくれました。とてもうれしいことです。

                     

                    話を聞いたその時に、「かわいそう!」「なんとかしたい!」と思うのは当然だと思います。ですが、その後もずっと覚えておいてくれて、彼らが大人になって、犬や猫を飼いたいと思った時、「いのちの教室」を思い出してくれるとうれしいなと思います。

                     

                    呉には呉市動物愛護センター(呉アニマルパーク)があります。

                    私の活動のきっかけになった場所です。

                    10年前に初めて足を踏み入れてから、今までボランティアを続けていますが、変わらずたくさんの犬や猫が収容されています。この現状を変えていくには、やはり「意識を変えていく」しかないと思います。呉の動物はやはり呉で守って行かなければいけないと思います。

                    呉の学校で、もっともっとたくさんの子どもたちに「いのちの教室」を聞いてもらえるよう、これからも頑張りたいと思います!

                     

                     

                    「いのちの教室」開催校募集中

                    DSC_0376.JPG

                    SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

                    広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

                    動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

                     

                    NPO法人SPICA

                    メール:info@npo-spica.com

                    お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

                     

                     

                    西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
                    スピカちゃん

                     ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
                    購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)

                     

                    SPICA@LINEできました
                    LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
                    こちらからご登録ください。

                     

                    中高生による動物について考える学校"High-Five"

                    年3回、子どもたちが企画したイベントを開催しています!一緒に勉強したり、楽しみながら動物のことを学べるイベントです。ぜひフォローしてくださいね。

                    ”High-Five” Twitter

                     

                     

                     

                     

                     

                    posted by: npo-spica | いのちの教室 | 21:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    いのちの教室 in 広島市立五日市中学校
                    0

                      11月は、一番「いのちの教室」が多い月です。

                      今月8件中、2件目は、広島市立五日市中学校。2016年に全校生徒で実施していただき、その翌年からは毎年1年生に、お話を聞いてもらっています。

                       

                      元気の良い生徒さんたち、講義の中での問いかけにも、元気に答えてくれました。

                      そしてやはり印象的なのは、「野良猫の多さ」です。

                       

                      20191110_191110_0002.jpg

                       

                      広島市内(中心部)では、野良犬を見ることはなくなりましたが、野良猫はとても多く、五日市にもやはり猫がたくさんいるようです。「いのちの教室」では、外で暮らす猫たちの厳しい生活についても話すことにしています。

                       

                      猫の繁殖力はとても強く、たくさんの子猫が生まれるけれど、その多くが成猫になる前に命を落としてしまいます。また、暑さ・寒さをしのがなければならず、昨日ご飯をくれた人が今日もくれるとは限らない。病気が蔓延し、車にひかれたり、カラスなどの天敵に襲われたり、外での暮らしには、一つもいいことはありません。

                       

                      最近よく伝えているのが、ロードキル(車にひかれる)の数です。

                      たしかに、猫が轢かれている姿を見ることがありますが、実にこれが、殺処分数の8倍にのぼります。

                      ここで考えてほしいのは、飼い主のいない野良猫ばかりが轢かれているわけではない、ということです。大切に飼われていても、外に出してしまえば、車に轢かれる可能性はどんな猫にも等しくあります。

                      どうか、猫は室内飼育を徹底し、脱走対策もしっかり、そして忘れてはいけないのは、猫が喜ぶ工夫を家の中でしっかりとしてあげてほしいと思います。それが猫と暮らす飼い主の努めだからです。

                       

                      少し短めの45分、最後のほうは駆け足になってしまいましたが、生徒さんはみんな、しっかり話を聞いてくれました。生徒代表の男の子からは、「今日聞いた話を忘れずに行動したい」という挨拶をしてもらいました。

                       

                      20191110_191110_0008.jpg

                       

                      「いのちの教室」を始めて5年。

                      動物たちの声を届けようと、たくさんの学校に行きました。

                      確かに5年前に比べて、殺処分の数は減り、動物愛護の気運は高まっているように感じます。しかしその一方で、悪質な繁殖業者の存在は後を絶たず、動物を守るための動物愛護法改正も難航。野良犬野良猫への無責任なえさやり、多頭飼育崩壊、保護施設における虐待、犬や猫に限っても、挙げればきりがないほどの問題が起きています。

                       

                      上に挙げたようなことは、大きな問題のように感じますが、一人一人が正しい知識を持っていれば、多くの場合が防ぐことのできる問題です。1時間では伝えきれませんが、「いのちの教室」がその知識を得るきっかけになってくれればと願っています。

                      そして、「かわいい」というたった一つの視点でしか語られることのない犬や猫について、私たちはもうそろそろ、成熟した向き合い方を身につけるべきだと思います。それがひいては、動物たちを守ることにつながっていくからです。

                       

                       

                       

                      「いのちの教室」開催校募集中

                      DSC_0376.JPG

                      SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

                      広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

                      動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

                       

                      NPO法人SPICA

                      メール:info@npo-spica.com

                      お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

                       

                       

                      西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
                      スピカちゃん

                       ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
                      購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)

                       

                      SPICA@LINEできました
                      LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
                      こちらからご登録ください。

                       

                      中高生による動物について考える学校"High-Five"

                      年3回、子どもたちが企画したイベントを開催しています!一緒に勉強したり、楽しみながら動物のことを学べるイベントです。ぜひフォローしてくださいね。

                      ”High-Five” Twitter

                       

                       

                       

                       

                      posted by: npo-spica | いのちの教室 | 15:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |