Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM
LUSH×SPICA チャリティパーティー2017秋 のご案内
0

    今年ももうすぐ「動物愛護週間」がやってきます。(9月20日〜26日)

    恒例のイベントとなりつつある、LUSH広島本通りさんとのコラボイベント「チャリティーパーティー」のご案内です!

     

    日時:9月23日(土)・24日(日)12時〜17時

     

    場所:LUSH広島本通り店(広島市中区本通1-11)

     

    S__117358596.jpg

     

    内容:今回も盛りだくさんですよ!

     

    「いのちの教室」

    両日、14時と16時の2回開催

     

    23日は、「動物の現状と動物愛護法改正に向けて」

    動物たちを守ることのできる法律を有効性のあるものにするために、私たちには何ができるか一緒に考えてみませんか。

    講師:山下 育美

     

    24日は、「猫を飼いたいと思ったら〜保護猫を迎えよう〜」

    お店で猫を買わなくても、素敵なパートナー猫に出会えます!そしてあなたのその一歩が、猫たちを助ける活動になるんです。

    講師:お越しいただいてのお楽しみ♡山下ではありませんよ!

     

    20160924 LUSH_6282.jpg

     

    アクティビティは…

    (微妙に難しい)動物〇×クイズ

    ステンシルでボディペインティング

     

    IMG_2641.JPG

     

    などなど♡

     

    この2日間でお買い上げいただいたLUSHチャリティポットの売り上げは、すべてSPICAへ寄付していただけることになっています。「草の根活動を応援しよう」というLUSHのサポート、いつもとてもありがたいものです!

     

    そしてこのイベントと並行して、高校生・大学生が広島本通りで「動物愛護管理法」改正に向けて署名活動を行います!

     

    S__117358594.jpg

     

    ぜひ週末は、LUSH広島本通店へ遊びに来ていただき、帰りには署名活動にご協力お願いいたします!

     

     

    「いのちの教室」開催校募集中

    DSC_0376.JPG

    SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

    広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

    動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

     

    NPO法人SPICA

    メール:info@npo-spica.com

    お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

     

     

    猫の飼い主さん募集中
    どんな猫にもセカンドチャンスを!
    たくさんの猫たちが新しい家族を待っています。詳しくはこちら。
    0511e.jpg


    西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
    スピカちゃん

     ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
    購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)



    SPICA@LINEできました
    LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
    こちらからご登録ください。


    会員様募集中
    SPICAの活動を応援してくださる会員様を募集しています。
    賛助会員 3,000円〜
    正会員  8,000円〜
    くわしくはこちらをご覧ください。

    posted by: npo-spica | イベント情報 | 15:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    いのちの教室 in 新庄高等学校
    0

      怒涛の夏休みボランティアが終わり、新学期が始まりました。

      2学期第1回目の「いのちの教室」は、北広島町にある広島新庄高等学校です。

      1・2年生、合わせて約40名の生徒さんたちに、お話を聞いてもらいました。

       

      054.JPG

       

      今回、この新庄高校での「いのちの教室」をセッティングしてくださったのは、2年生の生徒さんの保護者の方です。

      5月に開催した「命の連帯〜Art Exhibition in Hiroshima 2017〜」のオープニングレセプションに来てくださり、今回の「いのちの教室」を実現してくださいました。

       

      せっかくの機会だから、ということで、会場には児玉小枝さんの写真展も。

       

      20170917_170917_0005.jpg

       

      少しでも生徒たちに「伝えたい」というお気持ちで、お忙しい中、写真を取り寄せ、セッティング、学校側との打ち合わせもすべて引き受けてくださいました。

       

      20170917_170917_0003.jpg

       

      004.JPG

       

      お一人でここまでのご準備をしてくださったことに、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

       

       

      開始時刻より早く準備を終え、席についてくれた生徒さんたち。私が話始めると、すぐにみなさんメモを取り始めました。「話を聞く」ことと、「自分のものにする」ことが同時に行われているのだなぁと、感心しました。

       

      009.JPG

       

      今回は、60分という、普段より10分、長い時間をいただきました。

      その10分に何を入れるか…

      話したいことはたくさんありすぎるほどですが、ペットの流通のお話しを詳しくすることにしました。

       

      033.JPG

       

      店頭に並ぶ犬や猫たちがどういう状況で生まれてくるのか。

      考えてみれば、私たちは疑問に思うこともなく「いつでもペットショップには子犬や子猫がいるもの」と思い込んでいますが、その状況は動物たちに非常に大きな負担を強いています。

      生まれて間もない犬や猫たちがオークションを経て店頭へやってくること。

      その数85万頭、1日にすると約2,000頭の犬や猫が毎日、生み出されていることになります。

      そして、その85万頭のうち、約2.5万頭が、店頭に並ぶ前に命を落としています。

       

      繁殖業者の実態、不要になった犬や猫たちが行きつく「引き取り屋」の存在。

      そして、それらの残酷なビジネスを支えているのは「かわいい〜」という、私たち消費者であること。

       

      生徒さんたちは、途中からメモを取る手も止まり、画面を食い入るように見つめていました。

       

      008.JPG

       

      これから社会に出て、新しい時代を築くであろう新庄高校の生徒さんたちに、動物たちの声を伝えられたことは、本当にうれしいことでした。

      「弱者の犠牲の上に成り立つ社会で、私たちは本当に幸せになることができるのか」

      これは、私が長年持ち続けてきた疑問ですが、決して動物だけの問題ではないと感じています。言葉を発さない、発することができない存在を、認め、思いやり、助け合うことが、「人間」としての在り方だと思います。

       

      学校で教員として働き始めて16年。

      進学校に勤めたこともありますし、勉強が苦手な生徒たちと多く時間を過ごすこともありました。

      ですが、どんな生徒にも「学ぶこと」の大切さを伝えるよう努めてきました。それは決して成績を上げるためとか、大学に行くためではなく、「人として正しい判断ができる」ためだと話しています。

       

      情報があふれかえる現代の社会で、誤った情報に振り回されたり、都合の良い宣伝を鵜呑みにさせられたり、私たちは、自分が意図しないところで様々な行動へと誘導されています。

       

      そこで大切なことは、自分で考えて行動すること。

       

      あらゆることに疑問を持ち、情報を精査し、自分で考え、自分の判断で行動することは、大人の私たちでさえ容易なことではありません。ですが、こんな社会だからこそ、これからの世界を動かす彼らには、そういった力を身につけてもらいたいと願っています。

       

      新庄高等学校のみなさんに、「動物たちの声」が小さな棘となって、彼らの心へ残り続けてくれることを願っています。そしていつか、彼らが社会へ出て大きな力を発揮するとき、その棘の存在を思い出してくれたら嬉しいです。

       

       

      SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校やグループを募集しています。

      今回の新庄高校のように、保護者のみなさんからの働きかけも、大歓迎です。「やってみたいけど、どうしたらいいの?」という方、ぜひご相談ください。皆さんの小さな力が、動物たちの現状を変える大きな一歩になります!

       

      ご相談はこちら

      NPO法人SPICA

      メール info@npo-spica.com

      お問い合わせページから

      http://www.npo-spica.com/contact.html

       

       

      「いのちの教室」開催校募集中

      DSC_0376.JPG

      SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

      広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

      動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

       

      NPO法人SPICA

      メール:info@npo-spica.com

      お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

       

       

      猫の飼い主さん募集中
      どんな猫にもセカンドチャンスを!
      たくさんの猫たちが新しい家族を待っています。詳しくはこちら。
      0511e.jpg


      西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
      スピカちゃん

       ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
      購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)



      SPICA@LINEできました
      LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
      こちらからご登録ください。


      会員様募集中
      SPICAの活動を応援してくださる会員様を募集しています。
      賛助会員 3,000円〜
      正会員  8,000円〜
      くわしくはこちらをご覧ください。

       

       

       

       

      posted by: npo-spica | いのちの教室 | 10:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      夏休み中高生ボランティア最終回〜呉市動物愛護センター〜
      0

        全7回の中高生ボランティアもこれで最後になります。

        雨の多い夏でしたが、7回すべてで雨も降らず、子供たちも元気に活動できたことが何よりもよかったです。

         

        20170824_170824_0045.jpg

         

        さて、呉市動物愛護センターには、この日もたくさんの生徒が集まってくれました。

        広島市立大洲中学校、呉市立東畑中学校、広島県瀬戸内高等学校、広島女学院高等学校、並木学院高等学校から12名、大学生スタッフとして、広島経済大学「動物のかけがえのない命を守ろうプロジェクト」から5名がサポートに入ってくれました。

         

        _MG_5065.JPG

         

        まずは施設の見学から。

        ボランティア歴9年の増本聡さんが、いつも通り、施設を案内してくれます。

         

        _MG_4946.JPG

         

        ボランティアにしか見えないこと、心の葛藤、これからの願いなども語ってくださいます。

        淡々とした語り口ですが、現実をありのままに伝えてもらうことで、子供たちは「どうしたらよいか」を自分で考える機会になります。

         

        _MG_4954.JPG

         

        さて、この日の散歩も暑くて大変でした。

        呉センターの犬たちは、人間を怖がることも多いため、事故防止のためにダブルリードで散歩に行きます。リードの持ち方を確認し、二人一組で出発。

         

        _MG_4961.JPG

         

        事前の諸注意で、「犬の嫌がることは絶対にしない」というところを確認しすぎたせいでしょうか。これらの写真から、子供たちの「大丈夫だよ〜、怖くないよ〜」という声が聞こえてきませんか。

         

        _MG_4974.JPG

         

        _MG_4984.JPG

         

        _MG_4985.JPG

         

        _MG_4987.JPG

         

        「自分が犬と遊びたい」という気持ちよりも、犬の気持ちになって、時間をかけてゆっくり関係を築く必要性を、きちんと理解してくれたようです。

         

         

        お次はグループに分かれて作業をします。

         

        まずはブラッシング

         

        _MG_4992.JPG

         

        こちらも「犬と仲良くなる」がメインで、ブラッシングは二の次。

         

        _MG_5027.JPG

         

        優しく声をかけたり、なでたり、においをかがせたり…

         

        20170824_170824_0018.jpg

         

        なんとか信頼してもらおうと、一生懸命です

         

        20170824_170824_0029.jpg

         

         

        そしてこの夏、3回目になる老犬さんのシャンプー

        薬用シャンプーでかなり毛も生えてきました。

         

        _MG_4996.JPG

         

        引き続き、元気な子犬ちゃんのシャンプーも

         

        _MG_5032.JPG

         

        呉に入ってくる犬たちは、ほとんどが野良犬とその子供です。

        外で過ごした犬たちには、必ずと言っていいほどノミやダニがついています。蚤のフンが体に残ったままにならないように、体調を見ながらシャンプーをしていきます。

         

         

        こちらは施設のお掃除

         

        週末は、ほとんどボランティアさんが来て、いろんな作業をされていますが、犬たちの世話だけで、あっという間に時間がたってしまうそうです。

         

        _MG_5025.JPG

         

        普段できない場所の掃除は、生徒たちにおまかせあれ。

         

        _MG_5003.JPG

         

        そして今回も、小動物、猫たちの生活空間もお掃除。

         

        20170824_170824_0002.jpg

         

        モルモットを飼っているメンバーが参加してくれたので、子供たちに、モルモットの生態も説明しながら、お掃除の指導をしてもらいました。

         

        20170824_170824_0051.jpg

         

        1週間分の汚れがたまったケージ

        フードのお皿に、糞が入っていたりします。

         

        20170824_170824_0053.jpg

         

        前の週に敷いたペットシーツは、びしょびしょになっていました。

         

        こういう時、私は子供たちに「もし自分だったらどうかな」と聞くようにしています。

        ベッドや机の上に、うんちが落ちていたら?

        ごはんに水がかかって、べちょべちょになっていたら?

        床が泥だらけだったら?

         

        _MG_5046.JPG

         

        人間は自分で掃除をすることもできるし、文句を言って、外に出ることができます。ですが、動物たちは、この小さなケージの中から、一歩も出ることができません。

        ただただ悲しく、ここにいるウサギやモルモットたちには申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

         

         

        猫たちのケージもきれいにしました。

         

        _MG_5047.JPG

         

        猫は清潔好き

         

        20170824_170824_0057.jpg

         

        トイレが汚れているだけで、おしっこを我慢したり、それが原因で膀胱炎になったりします。

         

        _MG_5050.JPG

         

        砂を交換するだけでなく、この日はトレイもきれいに洗いました。

         

        すっきりうれしいご満悦の表情、いただきました♥

         

        20170824_170824_0060.jpg

         

         

        でも、お水のお皿も空っぽでした…

        さっそく水を汲んでくると、猫たち、ずーっと飲んでいました。とても辛い場面でした。

         

         

        ここは呉市動物愛護センター、別名アニマルパーク

        その名にふさわしい場所になるようにと、センターには犬猫だけでなく、ウサギやモルモット、鳥やカメなど、たくさんの生き物がいます。

         

        20170824_170824_0043.jpg

         

        20170824_170824_0047.jpg

         

        楽しそうに見えますよね。

        殺処分機(ドリームボックス)もなく、部屋にはたくさんのぬいぐるみと、幸せになった動物たちの家族からの手紙…。

         

        _MG_4938.JPG

         

         

        ですが、ここで私たちは思考停止になってはいけません。

        ここで過ごす時間は、動物たちにとって、決して幸せなものではないのです。

         

        「殺処分ゼロ」を喜んでいる方には、ぜひここへきて、犬たちの表情を見てほしいです。小動物の入れられたケージを見てほしいです。それでも「よかった」と言えるかどうか。

         

        _MG_5041.JPG

         

         

        20170824_170824_0040.jpg

         

        生徒達には、とても大変な活動になったと思います。

        あっという間の3時間ですが、ここから学ぶこと、考えること、そして彼らにこれからできることはたくさんあります。心に残る活動であることはもちろん、未来へつながる、未来を変えるきっかけになればと思っています。

         

         

        動物たちの現状を知って、涙を流してくれたこと

        勇気を出して、ここへ来てくれたこと

        汗を流して、犬たちと向き合ってくれたこと

         

        この夏、中高生動物ボランティアに参加してくれたすべての生徒たちへ、心から感謝します。

        言葉を持たない動物たちに代わって、彼らがこの現状を社会に伝え、未来を変える力になってくれればと願いつつ、この活動を続けていきたいと思っています。

         

         

         

        「いのちの教室」開催校募集中

        DSC_0376.JPG

        SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

        広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

        動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

         

        NPO法人SPICA

        メール:info@npo-spica.com

        お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

         

         

        猫の飼い主さん募集中
        どんな猫にもセカンドチャンスを!
        たくさんの猫たちが新しい家族を待っています。詳しくはこちら。
        0511e.jpg


        西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
        スピカちゃん

         ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
        購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)



        SPICA@LINEできました
        LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
        こちらからご登録ください。


        会員様募集中
        SPICAの活動を応援してくださる会員様を募集しています。
        賛助会員 3,000円〜
        正会員  8,000円〜
        くわしくはこちらをご覧ください。

         

         

         

        posted by: npo-spica | ボランティア | 15:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        夏休み中高生ボランティア第6弾〜広島市動物管理センター〜
        0

          この日も暑い中、11名の生徒たちが集まってくれました!

          参加してくれたのは、広島市立戸坂中学校、比治山女子中学校・高等学校、進徳女子高等学校のみなさん。この日も全員女子でした!

           

          20170811_170811_0001.jpg

           

          全員、長靴に履き替えて準備中です。

          この長靴はすべて、みなさまからいただいた寄付で買わせていただいたものです。子供たちが安全に、しっかりと活動するのに、とても役立っています!

           

          DSC06956.JPG

           

          今日もまずは職員さんのお話から。

          かつてはドリームボックスの操作をしていたという職員さん、「殺処分をしなくていい日が来るとは思わなかった」と話されます。

           

          20170811_170811_0003.jpg

           

          今は大型犬舎には、1つのスペースに1頭だけですが、10年前は5〜10頭の犬が常に入れられていたとのこと。週に1〜2回のペースで処分を行っていたそうです。

           

          20170811_170811_0005.jpg

           

          生徒たちはもちろん、その事実に驚いてしまうのですが、大人の私たちはどうでしょうか。

          知っているようで知らない場所ともいえる「動物愛護(管理)センター」

           

          20170811_170811_0007.jpg

           

          「犬や猫が処分される場所」として、おそらく多くの人が目を背け、耳をふさぎ、心の中に「入れないように」してきた場所ではないかと思います。かつての私もそうでした。

           

          DSC06969.JPG

           

          好きだからこそ直視できない

          これまで何度も繰り返し聞いた言葉です。

          気持ちがわかるからこそ無理強いはできませんが、どうかこの子供たちの姿から、大人たちもあと一歩、前進してもらえたらと思っています。

           

          DSC06979.JPG

           

          なぜなら、未来を創るのは子供たちですが、今、社会を動かせるのは大人だからです。

           

           

           

          さて今日の最大ミッションは、老犬GGのシャンプーです。

          このもじゃもじゃのおじいさん。

           

          DSC06843.JPG

           

          そこに今日は強い助っ人、SPICAメンバーのプロのトリマーさんが来てくれました。

           

          20170811_170811_0034.jpg

           

          私も手伝ってみて初めて分かりましたが、この子のお手入れはかなり大変。

          「プロのトリマーが3人でやる仕事」とのことで、子供たちにも緊張が走っておりますが…。怖がるGGにやさしく声をかけながら、でも手早くやらないといけないし、現場はプチパニック…

           

          GGが台から落ちないように、全員で壁を作り、くるんくるんの毛をほぐす人、遠くからドライヤーを当てる人、GGを励ます人など…手分けして頑張ってくれました。

           

          20170811_170811_0040.jpg

           

          お湯がちょうどいい温度にならなかったり、ブレーカーが落ちたり、コードから煙が出たりとハプニング続出

          時間切れで完璧には仕上がりませんでしたが、GGは最後まで頑張ってくれました。そして、1時間半遅れでやっとご飯を食べられたGGでした。

           

          S__7209025.jpg

           

           

          こちらは猫ルーム

           

          DSC06996.JPG

           

          こちらははなちゃんのブラッシング〜すっきり!

           

          20170811_170811_0032.jpg

           

          今日も、広島経済大学「動物のかけがえのない命を守ろうプロジェクト」のみなさんが、犬の紹介&ミニしつけ教室を開いてくれました。

           

          20170811_170811_0011.jpg

           

          全行程に協力してくださったファイン殿

          最初の飼い主に手放され、その後も2度、センターで譲渡となりましたが、どちらの人も彼をセンターに戻し、結局3回、飼育放棄された犬です。

           

          20170811_170811_0050.jpg

           

          こんなにかわいい子がなぜ?

          と思われるかもしれません。「かわいい」ことが仇になったとも考えられる3度の放棄。

          「いのちの教室」でもいつも話すことですが、「自分のほしい犬」を飼ってはいけません。「自分にも飼える犬」を選ぶべきです。「流行っている犬」も、「珍しい犬」もダメです。あなたにその犬を扱える実力と知識がないのなら。

           

          20170811_170811_0029.jpg

           

          そして、何があっても最後まで一緒に暮らす覚悟がなければ、そもそも犬も猫も飼ってはいけません。

          日本人の「かわいい〜!」という動機はあまりに軽く、見た目のかわいらしさだけで選ばれた犬が、ファインのように手放されることは多々あるのです。

           

          20170811_170811_0048.jpg

           

          それでも人間に笑顔を向けてくるファインを見ていると、時々、やるせない気持ちになります。もう何年もセンターで暮らすファインですが、彼のすべてを理解して受け入れてくれる飼い主さんと出会えることを、心から祈るばかりです。

           

          20170811_170811_0054.jpg

           

          広島市動物管理センターでは、たくさんの犬や猫が新しい飼い主さんとの出会いを待っています。

          広島市内にはまた大型のペットショップがオープンしました。いろいろと書きたいことはありますが、それは後日にまとめるとして、みなさんにはぜひ、動物との出会いの場としての「動物愛護(管理)センター」を知ってもらえたらと思っています。

           

          20170811_170811_0002.jpg

           

          平日、9時〜17時まで、いつでも犬猫たちに会うことができます。

          生涯のパートナーを探しておられる方は、ぜひここへ来てみてください。

           

          広島市動物管理センター

          広島市中区富士見町11-27 

          082-243-6058

           

          さあ、夏休みの中高生ボランティアも残りあと1回となりました。

          最後は呉市動物愛護センターです!

           

           

          「いのちの教室」開催校募集中

          DSC_0376.JPG

          SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

          広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

          動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

           

          NPO法人SPICA

          メール:info@npo-spica.com

          お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

           

           

          猫の飼い主さん募集中
          どんな猫にもセカンドチャンスを!
          たくさんの猫たちが新しい家族を待っています。詳しくはこちら。
          0511e.jpg


          西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
          スピカちゃん

           ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
          購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)



          SPICA@LINEできました
          LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
          こちらからご登録ください。


          会員様募集中
          SPICAの活動を応援してくださる会員様を募集しています。
          賛助会員 3,000円〜
          正会員  8,000円〜
          くわしくはこちらをご覧ください。

           

          posted by: npo-spica | ボランティア | 11:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          夏休み中高生ボランティア第5弾〜広島市動物管理センター〜
          0

            夏休みボランティア、後半戦も頑張っています!

             

            今日集まってくれたのは、広島市立大洲中学校、広島市立戸坂中学校、比治山女子中学校、比治山女子高等学校、そして瀬戸内高等学校の卒業生です。

            そして今日も…全員、女の子でした。

             

            今日、サポートしてくれたのは、広島経済大学「動物のかけがえのない命を守ろうプロジェクト」のみなさん。こちらには男子学生が参加してくれていますね(笑)

             

            20170808広島動物管理センター_170809_0001.jpg

             

            広島市動物管理センターは、2階建ての古い建物で、これだけの人数が入って活動すると、通路などがとても狭く感じます。

            長期休暇のボランティアには、毎回、とてもたくさんの中高生が応募をしてくれますが、そんなスペースの関係上、なかなか全員を連れていくことができません。

            1回のボランティアで約10名の生徒たちに体験をしてもらい、年間200名以上の子供たちを、動物愛護センターに引率しています。

             

            ボランティア8月8日_170809_0001.jpg

             

            さてさて今日は、どんな活動になるやら…

             

            まずは職員さんのお話を聞きます。

            この日は、午前中に大学生にも同じお話をされたようで、ダブルヘッダーとのこと。

             

            20170809_170809_0001.jpg

             

            ドリームボックス(殺処分機)の「操作室」では、ほんの数分、扉を閉めて、密室状態を作ります。「ここへ二酸化炭素が入ってきたら、もう吸うしかないよね」と、少しだけ、ドリームボックスの中の様子を想像してみます。

             

            20170809_170809_0004.jpg

             

            いつも「いのちの教室」で話していることですが、この二酸化炭素による殺処分は、決して「安楽死」ではありません。

            私は以前、「ドリームボックスの性能が良くなって、二酸化炭素を効率的に注入できるようになった。だからもう苦しくはないんです」という説明を受けたことがあります。

             

            息苦しくはないことが安楽死でしょうか。

             

            苦しくなくても、収容されてからずっと不安に満ちた日を過ごし、小さな暗い箱の中で、ほかの犬たちとおびえながら死を迎えることに、「安楽」などという言葉を使うのは、間違っていると思うのです。

            もし本当にこれが安楽死ならば、私たち人間も、同じ方法を検討する人がいてもいいでしょう。

            ですが、きっとそんな人はいません。こんな命の終え方をしたい人などいないのです。

            そしてそれは、犬や猫も同じのはずです。

             

             

            とはいえ、今、広島県内の殺処分機は稼働しておらず、多くの人が「良かったね〜!」と胸をなでおろしています。

            ですが、殺処分ゼロの陰で、先の見えない生活を送る犬たちに目を向ける人は多くありません。

             

            今回もまた、センターで暮らす犬たちについて、1頭1頭、説明をしていきました。

             

            ボランティア8月8日_170809_0018.jpg

             

            犬たちのことをすらすらと話す自分にふと気づきました。

             

            ボランティア8月8日_170809_0026.jpg

             

            もうかなり長く、ここへ来ているんだなぁ…と。最初は、どの犬がどんな子なのかもわからず、うまく伝えることができませんでしたが、今は、「ここで暮らす、この子たちの気持ちを考えてほしい」という言葉がどうしても強くなってしまいます。

             

            ボランティア8月8日_170809_0025.jpg

             

            生徒たちも、じっと犬たちの姿を見て、感じてくれているようでした。

             

             

             

            この日の後半も、3グループに分かれて、いろいろな体験をしてもらいました。

             

            まずは猫のお部屋。

             

            ボランティア8月8日_170809_0038.jpg

             

            今日は猫が少なかったので、ジゴロさんもしっかり遊んでもらえてご満悦の様子。

             

            ボランティア8月8日_170809_0028.jpg

             

            この子は入ってきたばかりの子猫。

             

            ボランティア8月8日_170809_0030.jpg

             

            センターには、毎日たくさんの「子猫」が収容されます。親猫は捕まえられなくても、まだ目も明かないような小さな乳飲み子は簡単に捕まえることができます。でもセンターへ連れてきても、母猫がいなければ、子猫たちが元気に育つ確率はかなり低いです。

             

            子猫を捨てる人、持ち込む人に考えてもらいたいのは、そうする以外に、本当にご自分でできることはなかったのか、ということです。大小関係なく、どこの動物保護団体もパンク寸前です。もし子猫が少し育つまで見守ることができたら、少しの間だけ、おうちに入れてやることができたら、新しい飼い主さんを探してやることができたら…。それはきっと、センターに持ち込むよりも、何倍も良い経験になると思います。

             


            2グループ目は、ボブじいさんのシャンプーです。

            体は大きいけれど、気は優しいボブ。子供たちの慣れない手つきにもじっと我慢をしてくれました。

             

            20170808広島動物管理センター_170809_0028.jpg

             

            おかげですっきり〜の笑顔です。

             

            20170809_170809_0064.jpg

             

            3グループ目は、ベランダでの「ミニしつけ教室」です。

            今日は動Pのメンバーが来てくれたので、犬たちとのコミュニケーションの仕方を教えてもらいました。

             

            20170809_170809_0019.jpg

             

            今日もまたお付き合いしてくれたファイン。

             

            20170809_170809_0033.jpg

             

            「はいはい、やればいいんでしょ」的な、もう先の先まで読み切った「お手」笑

             

            20170809_170809_0010.jpg

             

            ファインの集中力が切れてしまったので、今度はまめた君に交代してもらいました。

             

            20170809_170809_0049.jpg

             

            ちょっとサイズが大きくなって、最初はびっくりの子供たちでしたが、上手にお座りもできて、こちらも笑顔〜。

             

            20170809_170809_0053.jpg

             

            20170809_170809_0062.jpg

             

            最後はみんなにご飯をあげて、あっという間の3時間の体験ボラは終了です。

             

            ボランティア8月8日_170809_0040.jpg

             

            ボランティア8月8日_170809_0051.jpg

             

            SPICAの活動は、動物を直接的に助ける「保護活動」ではありません。

            目の前の命を助けたいというジレンマに何度も陥りますが、それでも「伝える」ことを選びました。どうしても、この動物にまつわる問題を根底から解決したいと思ったからです。

            活動中、センターを訪ねてくる一般の人はほとんどいません。平日の昼間、毎日、犬たちと面会可能なのに、誰も来ないのです。

            そんな時思うのは、県内に数あるペットショップには、もうお客さんが何百人と来たんだろうな…ということです。かわいらしい子犬や人気の子猫につられて店内に入るのは、仕方のないことかもしれません。ですがその時に、パピーミルのことを知っていれば、どんなふうにその子犬たちが生産されているかを知っていれば、「かわいい」は「かわいそう」に変わるはずです。助けを待っている犬や猫たちの存在を知っていたら、「愛護センターに行ってみよう」となるはずです。

            一人一人が正確な知識をもち、賢明な選択をすれば、不幸な命は減らせるのです。

             

            たった3時間の活動ですが、この経験は、必ず子供たちの心で芽を出すと信じています。これからも、一人でも多くの人に、動物たちの声を届けていきたいと思っています。

             

             

            「いのちの教室」開催校募集中

            DSC_0376.JPG

            SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

            広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

            動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

             

            NPO法人SPICA

            メール:info@npo-spica.com

            お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

             

             

            猫の飼い主さん募集中
            どんな猫にもセカンドチャンスを!
            たくさんの猫たちが新しい家族を待っています。詳しくはこちら。
            0511e.jpg


            西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
            スピカちゃん

             ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
            購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)



            SPICA@LINEできました
            LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
            こちらからご登録ください。


            会員様募集中
            SPICAの活動を応援してくださる会員様を募集しています。
            賛助会員 3,000円〜
            正会員  8,000円〜
            くわしくはこちらをご覧ください。

             

             

            posted by: npo-spica | ボランティア | 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            夏休み中高生ボランティア第4弾〜呉市動物愛護センター〜
            0

              夏休みの中高生ボラもようやく折り返し地点までやってきました。

              大型台風が予想される前日でしたが、呉市動物愛護センターは快晴。たくさんの生徒たちが集まってくれました。

               

              20170807_170807_0004.jpg

               

              本日参加してくれた学校は、広島市立戸坂中学校、広島市立大洲中学校、広島市立古田中学校、比治山女子高等学校、広島翔洋高等学校のみなさん。

              初めて参加の人もたくさんいましたが、もう何回目でしょうね(笑)っていう、超ベテランのミニボラさん3名の参加で、なんだかスタッフも和みました。

               

              施設見学を終えたら、暑くなる前に、急いで全員で散歩に出発しました。

               

              20170807_170807_0003.jpg

               

              ぐいぐい引っ張って進む子あり…

               

              20170807_170807_0023.jpg

               

              知らない人とは行きたくないー!!とストライキ中の子あり…

               

              _MG_4849.JPG

               

              このミニーちゃん、やさしいお姉ちゃんたちの声かけで、後半には楽しくお散歩できました。

               

              _MG_4862.JPG

               

              日陰で休む子あり…

               

              _MG_4852.JPG

               

              ボスは恒例の水の中へ…

               

              20170807_170807_0031.jpg

               

               

              夏の暑い日に散歩に行くのは考え物ですが、センターの犬たちは、平日には外に出ることも少ないため、どうしてもストレスをためてしまいます。

               

              20170807_170807_0027.jpg

               

              少しの時間でも、こうして外に出て、リフレッシュすることが必要です。

               

              _MG_4866.JPG

               

              散歩が終わったら、この日はいろんなお仕事が待っていました。

              まずはいつも通り、犬舎のお掃除

               

              _MG_4884.JPG

               

              子犬ケージの新聞紙も新しいものに取り換えます。

               

              _MG_4914.JPG

               

              外での作業は暑すぎるので、まずはテントを張って日陰を作ります。

               

              20170807_170807_0075.jpg

               

              地面に水をまき、少し冷えたところで、先週に引き続き、老犬さんのシャンプーをします。

              薬用シャンプーのおかげで、少し毛が生えてきていました。

               

              _MG_4898.JPG

               

              こちらは屋内

              譲渡対象の猫ちゃんのブラッシングです

               

              20170807_170807_0033.jpg

               

              気持ちよさそうにゴロゴロ〜

              その後、爪切りも完了し、いつでも新しいおうちに行く準備はできました!

               

              20170807_170807_0045.jpg

               

              そして今回は、小動物関係のお仕事も。

              まずはウサギやモルモットなどのケージのお掃除をします。

               

              20170807_170807_0049.jpg

               

              平日はほぼ掃除されることはないケージには、たくさんの糞尿がたまっています。

              ボランティアさんか来る週末だけ、彼らは清潔なお部屋で過ごすことができます。

               

              20170807_170807_0063.jpg

               

              みなさんは知っていますか。

              うさぎ年には、ペットショップでウサギがよく売れること。

              ウサギはとても神経質な生き物です。

              飽きたり、飼育が面倒になったウサギは公園や山へ捨てられています。

              そうして動物愛護センターへ連れてこられたうさぎたちも、譲渡の対象にはならないため、この小さなケージで、じっと暮らしているだけです。

               

              20170807_170807_0050.jpg

               

              「動物の福祉」という言葉が少しずつ一般的になってきましたが、まだまだ認知されていません。動物は、人間が好き放題に繁殖させ、使役し、ふれあい、いらなくなれば捨ててしまえばいい、そういう存在にすぎません。

              子供達には、こうして人間の都合で翻弄される動物たちの命について、考えてもらいたいと思います。

               

              呉市動物愛護センター(くれアニマルパーク)で暮らす小動物たちを紹介します。

               

              インコ

               

              20170807_170807_0064.jpg

               

              モルモット

               

              20170807_170807_0061.jpg

               

              ハト

               

              20170807_170807_0073.jpg

               

              写真が撮れませんでしたが、烏骨鶏

              もう死んでしまいましたが、クジャクもいたんですよ…

               

               

              そして迷子のフェレットも…

              人間によくなれているとのことで、今日はなんとフェレットのシャンプー!

              まずはフェレットがどんな生き物か、ボランティアさんに教えてもらいます。

               

              20170807_170807_0059.jpg

               

              小さいけど見えますか?

               

              _MG_4927.JPG

               

              洗った後はちゃんと乾かして、すっきりしました!

               

               

              最後のミーティングでは、今日の反省を共有しました。

               

              _MG_4934.JPG

               

              これからボランティアを続けていく上で、同じ失敗をしないように、全員で共有することはとても大切です。思わぬミスや失敗はどうしても起きてしまうものですが、気を付けていれば防げたことも、私自身たくさん経験してきました。

              動物たちの命にかかわるボランティアです。

              楽しい反面、とても責任のある活動でもあります。

              今日、参加してくれた生徒たちが、どんどん成長して、新しい生徒たちのリーダー役になってくれたら…と思っています。

               

              最後に記念写真

               

              _MG_4936.JPG

               

               

               

               

               

              「いのちの教室」開催校募集中

              DSC_0376.JPG

              SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

              広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

              動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

               

              NPO法人SPICA

              メール:info@npo-spica.com

              お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

               

               

              猫の飼い主さん募集中
              どんな猫にもセカンドチャンスを!
              たくさんの猫たちが新しい家族を待っています。詳しくはこちら。
              0511e.jpg


              西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
              スピカちゃん

               ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
              購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)



              SPICA@LINEできました
              LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
              こちらからご登録ください。


              会員様募集中
              SPICAの活動を応援してくださる会員様を募集しています。
              賛助会員 3,000円〜
              正会員  8,000円〜
              くわしくはこちらをご覧ください。

               

               

              posted by: npo-spica | ボランティア | 14:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              夏休み中高生ボランティア第3弾〜広島市動物管理センター〜
              0

                広島市動物管理センターは、広島市内の中心部、オフィスビルなどが立ち並ぶ一角にあります。

                両サイドの高層ビルの間にひっそりと建つこの古い2階建ての建物に、犬や猫が多く暮らしていること、かつては数日おきに殺処分が行われていたことなど、知っている人は決して多くありません。

                 

                今日、ボランティアに集まってくれたのは、比治山女子中学校、広島市立戸坂中学校、瀬戸内高等学校から10名。そしてスタッフは先日同様、進徳女子高等学校WDP(Walking with Dogs Project)と文教女子大学Animal Happy Projectのメンバーです。

                 

                _MG_4748.JPG

                 

                着替え終わって、最初の注意事項では、犬との接し方についてお話しします。

                学生ボランティアを始めて、ずっと心にジレンマとして持ち続けていることは、一部のセンターの犬たちにとっては、この活動はとても迷惑であることです。

                 

                最近、「ふれあい動物園」などの問題が大きくなってきていますが、これもまた同じことです。

                一方的な「ふれあい」を求めているのは人間だけであって、動物たちは決して、ただ一方的に触られたり、持ち上げられたり、大声でつかまえられたりはしたくないはずです。

                 

                _MG_4749.JPG

                 

                なので、ボランティアの最初には必ず、センターで暮らす犬たちは、おうちのペットとは違うこと、知らない人に触れられることは恐怖と感じる犬もいることを伝えます。そして、最低限の犬との挨拶の仕方を学んでもらってから、活動に入ります。

                 

                 

                今日も職員さんのお話を聞きます。

                これまで何度、子供たちにお話しをしてもらったでしょうか。エアコンもなく、蒸し蒸しとする1階で、今日も約30分のお話しをしていただきました。

                 

                _MG_4753.JPG

                 

                お話の上手な職員さんで、生徒たちは声を出して笑ったり、時には真剣な表情になったり、涙を流したり…。

                ドリームボックスを実際に見学できる、本当に貴重な時間です。

                 


                _MG_4777.JPG

                 

                 

                1階犬舎のお掃除

                 

                てんちゃん、生徒たちがしっかり掃除をしているか監視中

                 

                _MG_4767.JPG

                 

                写真では伝わりませんが、お掃除の間中、ずっと犬たちは一生懸命吠え続けています。

                 

                _MG_4762.JPG

                 

                この「吠え」について

                大型犬舎には窓がありません、外を見ることもできません。

                ここへ人が来る時は、職員さんが倉庫へ用事がある時か、掃除をしてくれる人が1日数回、ご飯をくれる人も1日数回、ほんの短い時間、前を通るだけです。

                 

                _MG_4788.JPG

                 

                時々、ボランティアのお姉さんが、散歩に連れ出してくれたり、遊んでくれたりします。

                ですが、それも毎日とは限らないし、今のように暑い夏には、散歩もままならない状態です。

                 

                _MG_4791.JPG

                 

                だから、一生懸命吠えるんです。

                「散歩に行きたいよ!」「遊んでほしいよ!」「こっちに来て!」

                犬たちは伝えているんです。

                 

                _MG_4785.JPG

                 

                1年365日、24時間、ここで過ごすことを想像してほしい、と生徒たちには話しています。

                殺処分がなくなっても、決して問題が解決したわけではない、この犬たちはずっとここで暮らしていることを、忘れてほしくないと思い、犬たちに代わって、私も大きな声で必死で話しました。

                 

                _MG_4781.JPG

                 

                汗ばみながら、じっと犬たちを見つめる生徒たちの表情はとても複雑で、悲しみとも怒りともいえるような、そんな空気になってしまいます。ですが、これが現実です。

                「犬と遊べて楽しかったね」というだけのボランティアなら、何の意味もありません。

                 

                 

                さて少し休憩をして、本日、後半は2階の犬猫たちと…

                 

                今日ははなえさん(パグ)のシャンプーの日です。

                高校生たちが優しく洗ってくれましたが、やっぱり嫌ですよね。

                「きゅーー」と鳴きながら、帰りたがるはなえさんを、しっかり抱きかかえて、丁寧に乾かします。

                 

                _MG_4807.JPG

                 

                こちらは猫ルーム。

                ジゴロさんから「早く来い〜〜〜」という掛け声。

                 

                _MG_4802.JPG

                 

                子猫たちとも楽しく遊んで、ストレス発散です。

                 

                _MG_4800.JPG

                 

                そして本日もおつきあいしてくれた、ファイン。

                誰にでも愛想よく、仲良くしてくれるこの子は、生徒たちのアイドル的存在。

                 

                _MG_4812.JPG

                 

                色んな過去があって、今もまだセンターにいますが、その話はまた今度…。

                 

                ベランダにしっかり水を撒いて、涼しくしてから、遊びながらトレーニング。

                やっぱり犬を飼っている子は、上手なタイミングで「お座り」「伏せ」などの指示が出せますね。

                 

                _MG_4793.JPG

                 

                たくさんおやつがもらえて、ラッキー♡というファイン。

                 

                _MG_4819.JPG

                 

                センターの犬たちの晩御飯は、夕方4時です。

                ひとつひとつ、ボランティアさんに健康管理されたフード。お皿には犬たちの名前が書いてあります。

                それをサークルに運び、あっという間に食べ終わったお皿を集め、お皿を洗い終わったら、今日のお仕事は終わりです。

                 

                待ちきれず、写真がブレブレのビート(笑)

                 

                _MG_4827.JPG

                 

                老犬が多いので、台の上に皿を乗せてから、食べさせてあげます。

                 

                _MG_4828.JPG

                 

                今日もたっぷり3時間、生徒たちはよく頑張りました。

                きっと、お家に帰って、今日の出来事を話してくれているのではないかと思います。

                大人でもなかなか知らない動物愛護センターのこと、保護犬・保護猫のこと、子供たちが親に教えてあげるなんて、なかなかいいと思いませんか。そんな様子を思い浮かべながら、勝手に喜ぶSPICAメンバーたちです。

                 

                _MG_4834.JPG

                 

                 

                 

                「いのちの教室」開催校募集中

                DSC_0376.JPG

                SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

                広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

                動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

                 

                NPO法人SPICA

                メール:info@npo-spica.com

                お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

                 

                 

                猫の飼い主さん募集中
                どんな猫にもセカンドチャンスを!
                たくさんの猫たちが新しい家族を待っています。詳しくはこちら。
                0511e.jpg


                西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
                スピカちゃん

                 ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
                購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)



                SPICA@LINEできました
                LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
                こちらからご登録ください。


                会員様募集中
                SPICAの活動を応援してくださる会員様を募集しています。
                賛助会員 3,000円〜
                正会員  8,000円〜
                くわしくはこちらをご覧ください。

                 

                posted by: npo-spica | ボランティア | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                夏休み中高生ボランティア第2弾〜広島市動物管理センター〜
                0

                  本日も、と〜っても暑い中、気合の入った女子10名が集まりました!

                   

                  今日の参加校は、広島県瀬戸内高校、進徳女子高等学校、並木学院高等学校、比治山女子中学校、広島市立戸坂中学校です。

                  そして本日のスタッフは文教女子大学「Animal Happy Project」と比治山女子大学、進徳女子高等学校「WDP(Walking with Dogs Project)」から来てくれました!

                   

                  道に迷った高校生がパニックになりつつも、なんとか無事にスタート

                   

                  まずは着替えて注意事項を聞いてもらいます。

                   

                  20170802_170803_0005_0.jpg

                   

                  このボランティア、犬や猫を「飼えない」生徒さんが多く参加するため、実際には犬や猫に触れたことのない子供たちもたくさんいます。

                  なので、犬とのあいさつや、犬の気持ちなど、事故が起きないためにも事前に知っておいてもらいます。

                   

                   

                  夏休みは、やっぱり外の散歩は無理ですね…

                  なにしろこの暑さ。

                  広島市動物センターの周りは全部アスファルトです。

                  そしてアスファルトの温度は、暑い昼間、60度以上にもなるんですよ。

                  なのでワンコの散歩は、朝晩涼しくなってからはもちろん、肉球がやけどしないように、アスファルトの温度を手で触ってかくにんしてからにしてください。

                   

                  20170802_170803_0008_0.jpg

                   

                  さて、ということで今日は最初に、1階大型犬舎へ。

                  ここも本当に暑いです。

                  窓なし、エアコンなし、扇風機は何台もついてますが、これは犬にとってはあんまり意味がないんですよね…。

                   

                  最初に、職員さんのお話を聞きます。

                  センターに収容されている犬たちの話、どんな人がここへ犬や猫を連れてくるのか、かつて処分をしていた時は…などのお話を聞きます。

                   

                  20170803_170803_0072.jpg

                   

                  その後、殺処分器(ドリームボックス)を見学します。

                  これまで何千、何万という犬たちが歩いたであろう、ドリームボックスまでの通路に実際に立ち、そこからの景色を見てもらいます。

                   

                  20170803_170803_0066.jpg

                   

                  そして、操作パネルのある部屋へ移動し、処分の手順なども教えてもらいます。

                  埃が積もった操作パネル。

                  今は、広島市の殺処分はストップしているため、このパネルを使うことはありません。

                   

                  20170803_170803_0069.jpg

                   

                  お話が終わったら、今度は力仕事、犬舎のお掃除です。

                   

                  水を流す→デッキブラシでこする→水を切る

                   

                  20170803_170803_0058.jpg

                   

                  たったこれだけの作業ですが、5つの部屋をきれいにするのは、なかなか大変です。

                   

                  20170803_170803_0057.jpg

                   

                  お掃除のあとは、大型犬舎にいる犬たちを順番に紹介しました。

                  ここでは、2015年に収容された犬、ムックを紹介します。

                   

                  20170802_170803_0030.jpg

                   

                  咬み癖があるムックは、飼い主さんをひどく咬んだとのことで、センターやってきました。

                  特に、首周りを触られると嫌がることから、リードを付けるのも一苦労

                  そのために、首輪にはリードがつけたままになっていることがあります。

                   

                  DSC06034.JPG

                   

                  散歩が大好きで、笑顔が本当にかわいい子なんです。

                  初めてボランティアに参加した生徒の「おすわり」もちゃんと聞き入れてくれて、みんなに良い子のアピールができました。

                   

                  ですがこの子はやはり「咬む子」です。

                  新しい家族が見つかるあてもないまま、毎日毎日、ここで「誰か」が来るのを待っています。

                   

                  殺処分がゼロになったとしても、こういった犬や猫たち社会ははどうしていくつもりのか、答えは見えないまま、ここで過ごす犬たちの姿です。

                   

                  後半は、2階に上がっての活動です。

                   

                   

                   

                  まずは子猫スペース

                   

                  20170802_170803_0055.jpg

                   

                  20170802_170803_0001.jpg

                   

                  子猫たちと遊ぶ人間に、大ヤキモチのジゴロ君。

                   

                  20170802_170803_0042.jpg

                   

                  散歩に行けずストレスがたまる元気な犬たちは、ベランダで気分転換をします。

                  今日、付き合ってくれたのはファイン♂

                   

                  20170802_170803_0010.jpg

                   

                  おやつをもらいながら、お座りや伏せなども教えてもらいました。

                   

                  20170803_170803_0041.jpg

                   

                  20170803_170803_0025.jpg

                   

                  とはいえ、名前を呼んでも無視されたり、全然聞いてもらえなかったりして、苦労した子たちもたくさんおりました。

                   

                  20170803_170803_0052.jpg

                   

                  やはり犬と人間とは、深い信頼関係ができてこそ、色んな意思疎通ができるもの。初めて会うたくさんの人たちに驚いたのかもしれません。

                   

                   

                  そして最後に、ある犬の周りに集まってもらいました。

                  「ポキ子」です。

                   

                  20170802_170803_0080.jpg

                   

                  もう2年以上、センターで暮らしています。

                  1〜2週間前から体調を崩し、日に日に悪くなっていきました。

                  もう15歳はとっくに超えた、おばあちゃん犬。動くことができないポキ子は、ボランティアさんにお尻をきれいにしてもらい、タオルを上手に組み合わせて頭を支えてもらっていました。

                   

                  2017年3月28日 広ボラ_170330_0055.jpg

                  (元気だったころのポキ子)

                   

                  もしかしたら、こうした簡単な介護を受けられること、エアコンのある明るい部屋で過ごせること、点滴などの最低限の医療を施してもらえることを、「幸せ」だと思うかもしれません。

                   

                  20170321_170322_0129.jpg

                   

                  ですが、本当にそうでしょうか。

                  15歳を過ぎて飼い主に手放され、いつみても憂鬱な表情でサークルにとどまっていたポキ子が、最後にどんなことを思うのか。元飼い主は、この姿を見ることはありません。子供たちにはぜひその姿から、人間に翻弄される「動物の命」について考えてほしいと思いました。

                   

                  20170322_170322_0046.jpg

                  散歩だけは大好きでした。

                   

                   

                  動物体験ボランティア

                  楽しい経験もたくさんできますが、決してそれだけではありません。

                  人間が、手放し、見放した、犬と猫が集まる場所での活動には、悲しい場面もたくさんあります。

                  どうかそのことを、子供たちがたくさんの人に伝えてくれますように。

                  彼女たちが自分の目で見たこと、聞いたこと、感じたことを、多くの人が受けとめてくれますように。

                   

                  夏休みの活動はまだまだ続きます〜!

                   

                   

                  「いのちの教室」開催校募集中

                  DSC_0376.JPG

                  SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

                  広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

                  動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

                   

                  NPO法人SPICA

                  メール:info@npo-spica.com

                  お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

                   

                   

                  猫の飼い主さん募集中
                  どんな猫にもセカンドチャンスを!
                  たくさんの猫たちが新しい家族を待っています。詳しくはこちら。
                  0511e.jpg


                  西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
                  スピカちゃん

                   ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
                  購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)



                  SPICA@LINEできました
                  LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
                  こちらからご登録ください。


                  会員様募集中
                  SPICAの活動を応援してくださる会員様を募集しています。
                  賛助会員 3,000円〜
                  正会員  8,000円〜
                  くわしくはこちらをご覧ください。

                   

                  posted by: npo-spica | ボランティア | 11:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  夏休み 学生ボランティア スタート!
                  0

                    毎日暑いですね!

                    ついに、この夏も、学生ボランティアが始まりました。

                    広島市・呉市の動物愛護センターにて、全7回、75名の中高生が参加します!

                     

                    7月30日(日)第1弾となる、呉市動物愛護センターへ

                    この日参加した学校は、広島瀬戸内高等学校、広島翔洋高等学校、進徳女子高等学校です。

                     

                    9時に集合ですが、もうすでに暑さはジリジリと…

                    とはいえ、全員、長靴に履き替えて準備

                     

                    _MG_4576.JPG

                     

                    いつも通り、ベテランボランティアの増本聡さんから、注意事項などを聞きます。

                    今日もほとんどが初参加の生徒たちですので、最後まで事故がなく、安全に作業できるよう、十分に気を付けなくてはいけません。

                     

                    _MG_4573.JPG

                     

                    最初は施設の見学です。

                    どんな犬たちが収容されているか、どのように接したらよいかなどを、増本さんに丁寧に教えてもらいます。

                     

                    _MG_4596.JPG

                     

                    見学が終わったら、まだ暑さがピークになる前に、全員で散歩へ。

                     

                    _MG_4599.JPG

                     

                    やはり慣れていない犬たちは、どうしてもこんな感じになります。

                     

                    私が生徒によく使う例えなんですが…

                    怖がる犬たちに「きゃー、かわいい〜」と言って近づき、「むっちゃかわいい〜」と言って、頭をさすり、強引に抱き寄せる行為。これを、自分に置き換えてみようと。

                     

                    _MG_4603.JPG

                     

                    知らないおじさんが「かわいいね〜」と言って近づいてきて、「よしよし〜」と体を触られたらどうか。

                    もはや犯罪ですが、嬉しいはずがないですね。

                     

                    _MG_4616.JPG

                     

                    ただでさえ人間に恐怖心を持っている犬たち。知らない人に過度なスキンシップを求められることは、とてもストレスになります。そういう時は、とにかく時間をかけて、ゆっくりと友達になる。

                     

                    _MG_4620.JPG

                     

                    怖くないと分かれば、少しずつ心を開いてくれるものです。

                     

                    _MG_4613.JPG

                     

                     

                    散歩後のクールダウン

                     

                    _MG_4626.JPG

                     

                    散歩のあとは、グループに分かれて掃除と子犬の体拭きです。

                    こうしてたくさんの人が集まった時は、通常の掃除に加えて、普段は手の届かないところまできれいにしていきます。

                     

                    _MG_4642.JPG

                     

                    中はエアコンが少し効いているので、すっごく頑張っても、熱中症の心配はありませんでした。

                     

                    _MG_4640.JPG

                     

                    一見きれいに見えても、細かい有機物が残っていたら、においや雑菌のもとになります。

                    丁寧にひたすらゴシゴシ…

                     

                    _MG_4691.JPG

                     

                    こういう作業を、子供たちは嫌がるのかと思っていましたが、ハマったら意外と真剣にやり続けます。

                     

                    こちらはケージのお掃除。

                     

                    _MG_4658.JPG

                     

                    外ではまずテントを張ります。

                    こうして日陰を作っておいてから、子犬たちを外に出します。

                     

                    _MG_4580.JPG

                     

                    何度乗せてもひざから飛び降りる子犬たちに、「コラー」と言いながらも、♡な女子高生たち。

                     

                    _MG_4650.JPG

                     

                    _MG_4666.JPG

                     

                    しっぽの巻き具合がとってもかわいい、やんちゃな子犬たちです。

                     

                    _MG_4652.JPG

                     

                    20170730呉ボラ_170731_0004.jpg

                     

                    今日は、老犬さんのシャンプーも手伝いました。

                    ゆっくりと体を洗って、水を丁寧に流します。

                     

                    20170730_170731_0021.jpg

                     

                    初めての子供たちのシャンプーも、優しく受け入れてくれました。

                    タオルドライも念入りに…

                     

                    _MG_4696.JPG

                     

                    少し痴呆が始まっているかも、というワンコ。ゆっくりと動く姿は、子犬にも負けないほど愛くるしいものでした。

                     

                    そして最後は、集合写真

                     

                    _MG_4698.JPG

                     

                    無事に夏休み第1回学生ボランティアを終了しました。

                    帰りの車では、子供たちはみんな爆睡…。大人たちはぐったり〜〜。

                    とはいえ、まだまだ学生ボラは続きます〜!

                     

                    20170730_170731_0004.jpg

                    呉市動物愛護センターにて飼い主さん募集中♡

                     

                     

                    「いのちの教室」開催校募集中

                    DSC_0376.JPG

                    SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

                    広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

                    動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

                     

                    NPO法人SPICA

                    メール:info@npo-spica.com

                    お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

                     

                     

                    猫の飼い主さん募集中
                    どんな猫にもセカンドチャンスを!
                    たくさんの猫たちが新しい家族を待っています。詳しくはこちら。
                    0511e.jpg


                    西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
                    スピカちゃん

                     ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
                    購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)



                    SPICA@LINEできました
                    LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
                    こちらからご登録ください。


                    会員様募集中
                    SPICAの活動を応援してくださる会員様を募集しています。
                    賛助会員 3,000円〜
                    正会員  8,000円〜
                    くわしくはこちらをご覧ください。

                     

                    posted by: npo-spica | ボランティア | 16:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    いのちの教室〜大学week〜
                    0

                      今週は、2つの大学で「いのちの教室」を聞いていただきました。

                       

                      7月11日〜広島文教女子大学 Animal Happy Project〜

                      規模は小さいながらも、今年で活動3年目になるAHP。新しいメンバーがたくさん入ったとのことで、最新版「いのちの教室」を持って行きました。

                       

                      文教いのち_170714_0032.jpg

                       

                      「動物が好き」というメンバーが多いのは想像できますが、意外と「大きな犬が苦手」とか、「ペットを飼ったことがない」という学生さんもいて、この活動の幅広さを感じます。

                      「ただ犬と遊ぶだけ」じゃないんですよね。

                      さすがそこは大学生、良く分かったうえで、参加してくれています。

                       

                      文教いのち_170714_0034.jpg

                       

                      殺処分、ペットショップ、繁殖業者、引き取り屋、多頭飼育崩壊、動物愛護法の改正まで…、いくら話しても話し足りないのですが、最後まで一生懸命聞いてくれました。

                      初参加の学生さんが面食らってしまうほどの内容だったと思いますが、すべて「どうしても知ってもらいたいこと」を選んだつもりです。

                       

                      今ある現状(動物たち)に対処すること=ボランティア活動、ということになりますが、その問題の根底にあるものを知らなければ、その活動にも意味がなくなってしまいます。

                       

                      文教いのち_170714_0013.jpg

                       

                      これまで着実に活動を積み重ねてきたAHPが、これからさらに大きく羽ばたいてくれる予感です!

                       

                       

                      7月12日〜広島経済大学〜

                      先月、「動物のかけがえのない命を守ろうプロジェクト」のメンバーには、お話をしてきたばかり。

                      今回は、彼らがこの夏に開催する「いぬねこ教室」のお披露目会と、「いのちの教室」を組み合わせた講演会?ということで、一般の学生さん向けの企画でした。

                       

                      DDOW14TVoAExvS_.jpg

                       

                      緊張しながらも、活動内容の説明やセンターの犬たちの紹介をするホリ君。

                      何度も練習してきた様子がうかがえます。

                       

                      20170715_170715_0007.jpg

                       

                      途中にはクイズもあり、楽しく学べる30分の講座でした。

                      修正箇所はいくつかあるものの、初めての試みとしては、なかなかの出来だったと思います。

                       

                      その後、「いのちの教室」を聞いてもらいました。

                      2時間と言う長丁場、授業の後で集まってくださった学生さんたち、「疲れてるんじゃないかなぁ」と心配しておりましたが、非常に熱い視線を感じる中での講義になりました。

                       

                      S__36806662.jpg

                       

                      広島経済大学興動館には、動Pのほかにもたくさんのプロジェクトがありますが、今回、最前列で話を聞いてくれたのが、「東北支援プロジェクト」の学生さんたちです。講義のあと、少しだけお話しする時間がありましたが、「人の関心をとどめておく難しさ」という意味で、共通する課題があるなぁと感じました。

                       

                      おまけ

                      広島経済大学の講義には、進徳女子高校WDP(Walking with Dogs Project)の生徒2名も参加しました。初めての”大学”でドキドキしていたようですが、お話もしっかり聞いて、写真撮影の任務も果たしてくれました。

                      高校生もまだまだ頑張りますよ!!

                       

                       

                      「いのちの教室」開催校募集中

                      DSC_0376.JPG

                      SPICAでは、「いのちの教室」を開催してくださる学校・グループを募集しています。

                      広島県内、どこへでも出張講義をいたします。

                      動物の問題について、一緒に考えてみたい、子供たちに命についての教育をしたい、とお考えの方、ぜひお問い合わせください。

                       

                      NPO法人SPICA

                      メール:info@npo-spica.com

                      お問い合わせフォーム: http://www.npo-spica.com/contact.html

                       

                       

                      猫の飼い主さん募集中
                      どんな猫にもセカンドチャンスを!
                      たくさんの猫たちが新しい家族を待っています。詳しくはこちら。
                      0511e.jpg


                      西条の老舗和菓子「さくらや」さんとのコラボ企画
                      スピカちゃん

                       ふんわりパイと懐かしいたまごせんべい
                      購入はこちらから(5,000円以上で送料無料)



                      SPICA@LINEできました
                      LINEでSPICAの近況やイベントのご案内をさしあげます。
                      こちらからご登録ください。


                      会員様募集中
                      SPICAの活動を応援してくださる会員様を募集しています。
                      賛助会員 3,000円〜
                      正会員  8,000円〜
                      くわしくはこちらをご覧ください。

                       

                      posted by: npo-spica | いのちの教室 | 14:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |